現在の最短発送日 ----
STYLING GUIDE

レディーススーツはオーダーがおすすめ!
その理由とは?

img

監修:堀省次(KITTE丸の内店 エリアマネージャー) / 投稿日時:2018.05.24 19:11:01

レディーススーツは、男性用のスーツよりもデザインや素材のバリエーションが豊富です。ブランドも多いので、選択肢の幅が大きい分だけ、自分に合うものを見つけづらいとも言えます。特に、ビジネスシーンで着るのに適したスーツという条件で探すと、なかなかしっくりくるものが見つからないという声が少なくありません。そこでおすすめなのがオーダースーツです。自分のサイズに合わせて作るため、動きやすく着ていて疲れません。しかもデザインや生地を自由に選べるので、自分だけのおしゃれな1着を作ることができます。この記事では、オーダーでレディーススーツを作ることをおすすめする主な理由を5つ紹介します。

レディーススーツにもある!
ビジネスシーンで守るべきマナー

ファッショナブルなレディーススーツも、ビジネスシーンで着るためには、男性と同じようにマナーを守る必要があります。まずは色のマナーです。レディーススーツにはさまざまな色が使われています。しかし、ビジネスの場にふさわしいのは、基本的に落ち着いた色です。黒、紺、グレーの3色がビジネスで着るのに適した色と言えます。特に、紺やグレーは濃淡やラインの使い方で組み合わせの幅を広げられるので、持っておくと便利な色です。
生地の素材としては、ウール100%が基本です。生地の織り方や糸の太さによって生地の厚みや質感が変わるので、スーツの生地として広く使われています。吸湿性があり、しわになりにくいのが特徴です。ウールとポリエステルやシルク、モヘアなどを混紡した生地もレディーススーツではよく使われます。
レディーススーツは自由度が高いため、シーンによっては注意が必要です。胸元が開きすぎていたり、スカート丈が短すぎたりするのは、失礼とまではいわなくても、下品に見えてしまうことがあります。露出が多くなると、カジュアルさが出てしまい、ビジネスシーンにはふさわしくない印象を与えがちです。インナーに襟のないカットソーを合わせると、柔らかい印象になりますが、胸元の開き具合によっては、砕けすぎた印象になります。開襟のシャツを合わせるようにしたほうがビジネスモードに見えて好印象です。
小物のマナーも外さないように気を付けましょう。足元はベージュのストッキングにパンプスを合わせるのが基本です。裸足にミュールやソックスにローファーのようなカジュアルスタイルはマナー違反になります。


詳しくは、◆◆ビジネスシーンで活躍できるレディーススーツとは?◆◆をご参照ください。

レディーススーツをきれいに着こなすコツ!
決め手はサイズ感

レディーススーツをかっこよく着こなすためには、サイズが合っていることが重要です。たとえ高級な生地を使った有名ブランドのスーツを着たとしても、サイズが合っていなければ品が悪く見えてしまいます。ビジネススーツの場合、カジュアルな服とは違い、ジャストサイズできることが大事です。普段いくらゆったりした服を好んできている人でも、ビジネスシーンでスーツを着るときには、体のサイズに合わせたものを着る必要があります。スーツは大きすぎるとだらしなく見え、小さすぎるときついスーツを無理して着ているように見えるので要注意です。
ジャケットを選ぶときは、肩幅、胸周り、袖丈、着丈の4つのポイントに注意しましょう。肩幅がぴったり合っていれば、着崩れる心配がありません。肩幅は基本的に直せない部分なので、最初に合わせておくことが必要です。胸周りは、ボタンを留めたときのスタイルに大きく影響します。バストが大きいのに、ウエストのサイズに合わせてスーツを選んでしまうと、胸元に大きなシワができるので不格好です。サイズが同じでも、デザインを変えることでシワを出にくくできるので、きれいに着られるデザインを見つけるようにしましょう。
袖丈や着丈など、縦の長さもきれいに着こなすためには重要なポイントになります。袖丈に関しては、男性のスーツの場合、腕を下したときにシャツの袖口が少し出る程度がベストですが、女性のスーツはシャツが出ないようにするのが普通です。着丈はボトムスの種類にもよりますが、ヒップトップに合わせておくといろいろなボトムスと合わせやすくなります。
これ以外に、ボトムスも体のサイズに合わせて調整する必要があるので、既製品ではサイズ合わせが大変です。その点、オーダーでスーツを作れば、ジャストサイズに仕上げることができます。たくさんの既製品のなかから探す手間が省けるので便利です。



詳しくは、◆◆レディーススーツはサイズ感重視で!ビジネスシーンでも好印象◆◆を


ご参照ください。

レディーススーツをおしゃれに!
スカートで出せるトレンド感

レディーススーツをおしゃれに着こなすなら、トレンド感を出すことを考えましょう。ただし、トレンドに合わせてスーツを買い変えていくという意味ではありません。スーツを着る際に、トレンドをさりげなく足していく方法を取ります。レディーススーツは、上下で全く同じ素材、同じ色同士を組み合わせて着ていると、制服っぽくなりがちです。男性のようにネクタイで変化をつけることがないので、いつも同じものを着ているように見えてしまいます。ですから、ジャケットとスカートの組み合わせを変えて、上手に着回すことも考えましょう。スーツにトレンドを取り入れる場合、簡単なのはスカートの素材をジャケットと違うものにする方法です。
ジャケットとスカートの色が同じでも、素材を変えるとこなれた感じが出ておしゃれになります。生地のトレンド、色のトレンドなどがあるので、さりげなく取り入れるようにしましょう。トレンドを取り入れるときのポイントは、ジャケットを数年間隔で変わる配色ルールに合わせておくことです。そうすれば、スカートを年ごとに変わるトレンドカラーにしてもバランスがおかしくなるのを防げます。
スカートにトレンドを盛り込む場合には、色だけでなくスタイルや長さにも目を配りましょう。ビジネスシーンに合わないようなトレンドは取り入れるわけにいきませんが、複数のスカートに少しずつトレンドを入れて着回すのもひとつの方法です。1着のスカートにすべてのトレンドを盛り込むのではなく、さりげなくトレンドを取り入れたスカートを複数用意しておいたほうがおしゃれに着こなせます。


詳しくは、◆◆レディーススーツのスカートで種類や長さのマナーは?◆◆をご参照ください。

レディーススーツの印象はシャツで決まる!
選ぶときは妥協しない

レディースシャツの印象は、インナーにどのようなシャツを合わせるかで決まります。シャツは重要なポイントになるので、よく考えて選びましょう。インナーとしてシャツを合わせるとき、油断しがちなのがシャツ自体のサイズ感です。上にジャケットを羽織るから多少サイズが合っていなくても大丈夫だと思うかもしれませんが、それは違います。女性の場合、シャツは胸周りのサイズに合わせて選ぶことが大事です。バストサイズに合っていないと、ボタンを留めたときに生地が引っ張られてきれいに見えません。シャツはブラのバストサイズに合わせて選ぶと合わなくなってしまうので要注意です。ブラを付けたときのトップバストの位置で採寸して合わせるようにしましょう。
シャツの袖は、女性の場合、ジャケットから出ないようにするのが普通です。腕を曲げたときに少しだけ出るくらいの長さを選ぶとよいでしょう。ただし、袖口からシャツを出すか出さないかはジャケットの素材との相性にもよります。出したほうがきれいに見える場合は、袖口から出して着ることも可能です。
スーツの着こなしで男性ともっとも異なっているのはシャツの襟元でしょう。シャツの色や柄で個性を出すということは男性でも女性でもできます。しかし、ビジネスシーンでシャツの襟をジャケットの中に入れて着るか、出して着るかということを選べるのはレディーススーツだけです。シンプルな白のシャツでも、どれくらい襟を開いて着るかだけでも大きく印象を変えられます。


詳しくは、◆◆レディーススーツの印象はシャツで変わる!?マナーはあるの?◆◆をご参照ください。

レディーススーツはどこで買う?お気に入りになる
1着の探し方

レディーススーツは、デザインも素材も種類が豊富ですが、どこで買うべきかがわかりにくいというデメリットがあります。既製品のスーツを探す場所として考えられるのは、量販店やブランドショップなどです。量販店は、基本的にビジネス向けのスーツを扱っている店なので、ビジネススーツのマナーに合うものは見つけやすいと言えます。しかし、デザインや色の種類が少なく、インナーを組み替えて着回しても、制服化してしまいがちです。
一方、ブランドショップで探す場合、ビジネススーツとしてのマナーに合うものを探すのが大変です。華美になりすぎない、ビジネスシーンで着られるデザインのスーツが見つかったとしても、今度はサイズが合わない可能性もあります。自分のサイズに合う、ビジネスシーンで着やすいスーツを扱っているブランドを探すことが欠かせません。おしゃれなブランドを見つけても、海外ブランドの場合、日本人の体型に合わないことがよくあります。どの程度まで細かいサイズ直しが可能なのかを確認する必要もあるでしょう。



詳しくは、◆◆レディーススーツはどこで買う?おすすめを教えて!◆◆をご参照ください。

ビジネスシーンのイメージは自分で作る!
レディーススーツはオーダーがおすすめ

既製品で自分に合うレディーススーツを探そうとすると、手間と時間がかかりすぎます。手間なく、自分の体にぴったり合うスーツを購入するなら、オーダースーツがおすすめです。生地やデザインなども選べるので、自分好みの1着を効率よく選べます。レディーススーツは、サイズ感やデザインが着る人に合っていると好印象です。オーダーで仕立てると、相手によい印象を与えることができるので、ビジネスでの成果にもつながる可能性があります。ビジネスシーンで活躍する1着をオーダーしてみてはいかがでしょうか。

◆◆お客様の声はこちら◆◆


◆◆よくある質問はこちら◆◆


◆◆ショップ一覧はこちら◆◆

あなたもDIFFERENCEの
カスタムオーダーを
体験してみませんか?

DIFFERENCEをはじめる

STYLING GUIDE

スタイリングガイド
VIEW MORE
アプリをダウンロード: appstore googleplay
アプリを
ダウンロード
1 2 3 4 5 6 7 8 9 0