現在の最短発送日 ----
STYLING GUIDE

シルエットが大事!オーダーメイドでパンツを作る

img

監修:杉原一臣(新宿南口店 エリアマネージャー) / 投稿日時:2018.08.06 18:10:11

パンツは男性なら毎日着用するアイテムです。スーツ姿でも休日のジャケット姿でも、パンツで重要なのはそのシルエットです。体型に合わないパンツを選んでしまうと、全体のコーディネートも決まらず履いている本人の魅力も半減してしまいます。かといって、既製服だとなかなか体型に合ったパンツが見つからない、というケースも多いものです。オーダーメイドなら、パンツ選びの悩みも一挙に解決できるでしょう。今回は、オーダーメイドでパンツを作るときのポイントを紹介します。

知っておきたい!パンツの種類

スラックスの語源となっている「slack」には「ゆるい」という意味があります。もともとスラックスは、ゆるめのパンツを指す言葉でした。現代ではスーツのパンツや仕事で着用できるようなビジネスパンツを総称して、スラックスと呼ばれています。コットンパンツは、その名の通り綿で作られたパンツのこと、いわゆるチノパンのことです。ローファーやスリッポン、スニーカーなどと合わせやすいため、休日のジャケパンスタイルによく合います。


リネンパンツは麻で作られたパンツのことです。薄地で丈夫、サラリとした質感と通気性の良さから、夏物のパンツとして知られています。リネンのスーツは夏のきれいめカジュアルコーディネートとして、おしゃれな男性に人気です。コーデュロイはパイル織りの一種で、縦にうねが入っています。温かみのある素材感と優れた保温性から、コーデュロイパンツは秋冬の代表的なアイテムです。スーツスタイルに取り入れると、柔らかい雰囲気になります。


カーゴパンツは、もともと貨物船で作業をするための作業用パンツでした。素材は厚手の綿で、作業中でも物が出しやすいように大きなポケットがついています。第二次世界大戦頃にアメリカの軍隊で採用されたことから、現代ではアーミースタイルのイメージが強くなっています。主にカジュアルシーンで活躍するパンツです。幅が太いシルエットが主流ですが、スリムタイプのスタイリッシュなデザインもあります。

オーダーメイドでパンツを作るときのポイント!タックとは

タックとは、パンツのウエスト・フロント部分にあるヒダ、プリーツのことです。腰回りの窮屈感をなくす、美しいシルエットを作るなどの役割があります。プリーツの折り目が外側の場合はアメリカ式、内側の場合はイギリス式で、パンツのシルエットによってタックの本数が変わります。ノータックはタックがない状態です。タイトシルエットのパンツはノータックが多く、スタイリッシュな装いになります。ワンタックはタックが1本の状態です。ノータックほどタイトではありませんが、やはり細身のパンツに使用されます。腰回りや太もものダブつきが少なく、スッキリと着用できます。ツータックはタックが2本の状態です。腰回りや太ももあたりにゆったりとした余裕ができるのがメリットで、クラシックな雰囲気に仕上がるのが特徴です。


タックの本数は時代とともに変わっており、流行に左右されやすい性質があります。もともとタックが生まれたのは1920年代のイギリスでした。ゴルフを好む学生たちがこぞってタックのついたパンツを履いていたそうです。1900年代後半にツータックが流行るのはバブル時代で、スリータックのパンツも存在しました。バブル時代前後はノータックやワンタックの細身のパンツが流行しており、2000年代に入ってからもその流れが続いています。


ノータックはトレンド感のあるスタイリッシュな装いになる反面、腰回りが窮屈に感じるケースもあります。スーツスタイルの場合はトレンドを追いすぎるより、ワンタックでスッキリと着こなす、フォーマルの場合はツータックでクラシカルな雰囲気を演出するなど、着用するシチュエーションによってタックの本数を変えるのがおすすめです。

裾口の縫い方によっても印象が変わる

パンツの裾口をシングルにするかダブルにするかでも、見た目の印象がガラリと変わります。シングルは裾口を内側に織り込んで縫いつけるタイプです。一般的にスーツのパンツはシングルタイプにしている人が多く、特にフォーマルシーンではシングルが鉄則です。細身のパンツも、シングルのほうがスッキリとした印象になります。タブルは裾口を外側に織り込んで縫いつけるタイプです。ビジネスシーンで着用するパンツはダブルが良いとされていますが、シングルが鉄則のフォーマルと比較すると多少カジュアルな着こなしになります。


ダブルの折り目幅は、平均的な日本人男性の身長なら3.5~4cm程度がおすすめです。身長が175cm以上なら、4.5cmくらいの幅にするとバランスが良くなるでしょう。ノータックやワンタックの細身パンツをダブルにするとおしゃれな雰囲気に、ツータックの太めパンツをダブルにするとクラシカルな印象になります。

横ポケットの形がシルエットを変える

パンツの横ポケットにも、さまざまな形があります。スラックスの標準的なポケットは斜めポケットです。パンツの横にある縫い目(サイドシーム)を起点に見てみましょう。ポケットの入り口が、フロント側からサイドシームに向かって斜めについているのが斜めポケットです。スーツのポケットとしては標準タイプです。斜めの角度が45度になるとバイアスポケットとなり、ポケットの入り口がゆるいカーブを描くとU字ポケットになります。ポケットの入り口がサイドシームと同じ縦に入っているのが、縦ポケットです。ポケットの存在感がないぶん、パンツのシルエットがスッキリと見えます。


ポケットの入り口がウエストと平行に作られているのが横切りのポケット、入り口がL字になっているのがL字型ポケットです。この2つはノータック・パンツに採用されるタイプで、逆にタックのあるパンツには適していません。また、ポケットに手を入れる癖のある人に横切りやL字型は向きません。パンツのシルエットも崩れてしまいますので、ポケットの中にはあまり物を入れないようにしましょう。

TPOに合わせて着用できる!ぴったりの1本を作ろう

スーツにしてもジャケパンスタイルにしても、パンツのシルエットは全体のコーディネートに大きな影響を及ぼします。DIFFERENCEなら、その人の体型にあったパンツをオーダーメイドできます。1着目を作るときに採寸しておけば、2着目からは来店することなくスマートフォンアプリでオーダー可能です。プロのアドバイスが聞けるうえにお手軽なサービスを、ぜひ利用してみましょう。


 


◆◆「お客様の声はこちら」 ◆◆
◆◆「よくある質問はこちら」 ◆◆
◆◆「ショップ一覧はこちら」 ◆◆

あなたもDIFFERENCEの
カスタムオーダーを
体験してみませんか?

DIFFERENCEをはじめる

STYLING GUIDE

スタイリングガイド
VIEW MORE
アプリをダウンロード: appstore googleplay
アプリを
ダウンロード
1 2 3 4 5 6 7 8 9 0