現在の最短発送日 ----
STYLING GUIDE

素材が決め手!パターンオーダーでジャケットを作るポイントは?

img

監修:杉原一臣(新宿南口店 エリアマネージャー) / 投稿日時:2018.08.06 17:57:08

ジャケットというと既製品を買うという人も多いのではないでしょうか。しかし、既成品のジャケットはさまざまなシーンで使えるように無難なデザインや素材が多くなっています。また、標準体型に合わせて大量生産されているため、サイズのバリエーションも少なめです。そのため、自分好みのジャケットが見つからない、既成品だとフィット感に不満があるなどの悩みが出てきます。そこでおすすめなのが、オーダーメイドでジャケットを作ること。特にパターンオーダーなら手頃な価格で自分好みの一着を作れます。自分らしいおしゃれな一着を作るためにパターンオーダーに挑戦してみませんか。

既製品のジャケットとどこが違うのか?

オーダーメイドで作るジャケットには既成品のジャケットと大きな違いがあります。


1つはデザインです。既製品のジャケットの場合、さまざまなシーンに対応できるように無難なデザインのものが主流です。一方、オーダーメイドの場合、自分の好きなデザインや生地を選んで注文できます。既成品では難しい、自分の好みに合った一着を手に入れることが可能です。


もう1つはフィット感です。既成品のジャケットは標準体型に合わせて大量生産されます。そのため、着丈や袖丈などにどうしても物足りないところが出てきてしまいがちです。この点、サイズの調整がきくオーダーメイドのジャケットなら、自分の体型に合った一着が仕立てられます。既成品のジャケットがなかなか身体に合わないという人でも、自分の身体にしっくりなじむジャケットが見つかるはずです。


オーダーメイドにも複数の仕立て方法がありますが、そのなかでも一般的なオーダー方法がパターンオーダーです。パターンオーダーは既製のサイズをもとに、着丈や袖丈などの調整をして仕立てていく方法になります。既成品だと丈や袖の長さが合わないという人にも対応できるのがメリットです。


選べる生地やデザインは少ないというデメリットもありますが、工場での大量生産が可能なので、ほかのオーダー方法よりも納期が早く、リーズナブルな価格で注文できます。

パターンオーダーでジャケットを作るときのポイント

自分に似合う一着を作れるのがパターンオーダーの魅力。一方、完成した状態で売られている既成品とは違い、実際に受け取るまでどんなジャケットが出来上がるのかわからないというデメリットもあります。


理想の一着を手に入れるためにも、パターンオーダーでジャケットを作るときには次のようなポイントに気をつけてみましょう。


1つ目のポイントは、実際にお店に行く前に、自分がどんなジャケットが欲しいのかをあらかじめ決めておくことです。生地やデザインなど自分で選べる一方で、どんなものが欲しいのかがわからないと注文時に迷いが出てしまいます。柄や生地、素材などある程度イメージを固めておくようにしましょう。


2つ目のポイントは、お店のスタッフとよく相談することです。生地や素材、デザインなど気になること、悩んでしまうことがあったら、お店のスタッフに遠慮なく相談してみてください。こんなジャケットが欲しいというイメージがあれば、それに近い素材やデザインをスタッフが提案してくれるはずです。


3つ目のポイントは、お店選びです。同じパターンオーダーでもサービスの内容や採寸方法はお店によって変わってきます。特にオーダーが初めての人は、オンラインショップではなく実店舗を構えるお店に行くのがおすすめです。実店舗では生地やデザインを自分の目で確認できますし、採寸についても経験豊富なスタッフが対応してくれます。オンラインで注文する場合は自分で採寸することになりますが、自分で正確な採寸をするのは難しいものです。自分のサイズがわからないうちはプロに採寸を任せるのが安心です。また、オーダー後にサイズ調整が必要になったなどの事態に備え、お直し保証があるかどうかについても確認しておきましょう。

季節別のおすすめ素材

オーダージャケットの魅力のひとつは、自分の好きな素材を選べることではないでしょうか。同じデザインのジャケットでも素材が変われば印象は変わります。たとえば、夏は涼しそうな素材が好まれますが、逆に冬は防寒性に優れた素材が人気ですよね。コーディネートの完成度を考えるうえでも、素材の季節感は大切です。


春や夏の定番素材はコットンやリネンのように、軽やかさのある素材や吸湿性に優れた素材が好まれます。春夏に人気のコードレーンは表面に細いうねが浮き上がった平織りのコットン生地です。夏の湿気に強く、汗ばむ季節でも軽やかに着られます。色のバリエーションは豊富ですが、なかでもブルーに白いうねが入ったものがメジャーです。また、涼しげな印象のリネンも好まれる春夏素材です。亜麻から作られるリネンはザラザラとした肌触りが特徴の天然素材で、通気性と吸湿性に優れています。そのほか、サマーウールもおすすめの素材です。コットンやリネンはややカジュアルな印象の素材ですが、サマーウールであればビジネスシーンやフォーマルな場にも対応できます。


一方、秋冬はウール地のような暖かい素材、あるいは厚手の素材が好まれます。厚手のざっくりとしたウール織物であるツイードは、秋冬に人気の素材です。ウール地なので保温性が高く、耐久性にも優れています。上品な柄も多く、長く着用できます。カジュアルな場面で着るなら、コーデュロイも人気です。コーデュロイは綿やウールで織られた厚手の織物で、毛羽立たせた表面と縦うねが特徴です。適度な光沢があり、保温性に優れています。そのほか、フランネルなども秋冬の定番素材です。

余裕を持って注文しよう!

身体にフィットするオーダーメイドのジャケットは、おしゃれな人なら注目のアイテムです。デザインにもこだわることができるので、長く愛用できる一着が手に入ります。ただし、完成までに少し時間がかかる点には注意が必要かもしれません。


買ってすぐに商品を持って帰ることのできる既成品とは違い、オーダーメイドのジャケットは完成までに数週間かかかります。季節によって素材の変わるジャケットは、季節感が大切なアイテムです。オーダーするときは必ず店の納期を確認し、これから着用する季節に合わせた素材のジャケットを注文するようにしましょう。


 


◆◆「お客様の声はこちら」 ◆◆
◆◆「よくある質問はこちら」 ◆◆
◆◆「ショップ一覧はこちら」 ◆◆

あなたもDIFFERENCEの
カスタムオーダーを
体験してみませんか?

DIFFERENCEをはじめる

STYLING GUIDE

スタイリングガイド
VIEW MORE
アプリをダウンロード: appstore googleplay
アプリを
ダウンロード
1 2 3 4 5 6 7 8 9 0