現在の最短発送日 ----
STYLING GUIDE

どこが違うの?オーダースーツと既製スーツ徹底比較!

img

監修:杉原一臣(新宿南口店 エリアマネージャー) / 投稿日時:2018.08.06 17:53:34

売られているスーツには大きく分けて、既成品とオーダーメイドという2つのタイプがあります。既成品(既製スーツ)はすでに完成した状態でお店に並べられているスーツ、オーダーメイドのスーツ(オーダースーツ)は顧客の注文を受けてから制作を始めるスーツです。既成品のスーツとオーダーメイドで作るスーツは生産方法が全く異なることから、値段を始めさまざまな違いがあります。また、同じオーダースーツでも仕立て方法によって、できること・できないことが変わってきます。このコラムでは、オーダースーツと既成スーツの違い、さらにオーダースーツの種類などについて解説します。それぞれのスーツの特徴を知り、目的に合ったスーツ選びに役立てましょう。

既製スーツのメリット

既製スーツとは、メーカーが一定の規格で大量生産したスーツのことをいいます。普通にお店で売っているスーツ、吊しのスーツといわれるのがこのタイプです。


既製スーツのメリットの1つは、手軽さです。完成した状態で売られているため、オーダースーツのように仕上がりまで時間がかかりません。お店に行けば、必要なときにすぐに購入できます。


もう1つのメリットは価格の安さです。既製スーツは標準体型に合わせてサイズを限定し、工場で大量生産することで、一着あたりの原価を安く抑えています。そのため、オーダースーツと比べ安価に購入できる製品も多いです。


日頃からスーツの着用機会が多い人にとって、スーツは消耗品です。特に標準体型に近く、価格の高いスーツをたくさん買う余裕のない人にとって、安く手に入る既製スーツの利用価値は高いと言えるでしょう。

既製スーツのデメリット

一方、既製スーツにはデメリットもあります。


1つは選べるサイズやデザインに制約があることです。既製のスーツは平均的な体型を基準に型紙が作られ、あらかじめ決められたデザイン・生地で大量生産されています。そのため選べるサイズやデザイン、生地の色柄などには制限があり、本当に満足のいく一着を選ぶのは困難です。


特に、標準体型から外れてしまっている人は自分の体型に合ったスーツを探すのが難しくなります。また、スーツのデザインや生地にこだわりがある人は、既製スーツに物足りなさを感じるかもしれません。


もう1つは品質面です。既製品のスーツはコスト重視で作られることが多く、オーダーメイドに比べて生地や縫製のクオリティを落としているケースもしばしば見られます。ブランドやメーカーにもよりますが、安かろう悪かろうということもあるのです。そのため、製品によっては耐久性に欠け、すぐに着られなくなってしまうおそれがあります。

オーダースーツの魅力とは

オーダースーツというと、既製スーツよりも高価で敷居が高いというイメージを持つ人もいるかもしれません。しかし、オーダースーツには既製品のスーツにはないメリットがあります。


1つ目のメリットは、自分の体型に合ったスーツを作れることです。オーダースーツでは着丈や袖丈などの調整ができ、既製品よりも自分の体に合った一着が手に入ります。特に体型補正ができるオーダー方法を選べば、標準体型から外れた人でもきれいに着こなせるスーツを作れます。


2つ目のメリットは自分の好きな生地やデザインを選んでスーツを作れることです。オーダースーツの場合、生地の種類やデザインはもちろん、使うボタンの種類やポケットの形、裏地の色に至るまでさまざまな部分に自分の好みを反映させることができます。自分だけのオリジナルのスーツが作れるのです。


3つ目のメリットは、一度作ってしまえばあとは簡単にオーダーできることです。オーダースーツの敷居が高いと感じられる理由のひとつに、採寸が挙げられます。しかし、採寸はスーツを作るたびに必要になるものではありません。同じ店でスーツを作る場合、体のサイズが変わらなければ、次回以降の採寸は不要です。

オーダースーツの種類とは

オーダースーツには3つのオーダー方法が存在します。どの方法を選ぶかによって、できることや価格が大きく変わってきますので、自分の目的や予算に合わせて使い分けるようにしましょう。


オーダー方法のなかでも最も高価で、究極の一着を作れるのがフルオーダーです。オリジナルの型紙を起こすところ工程が始まるため、完全にオリジナルの一着が作れます。採寸、裁断、縫製など手作業でおこなう工程が多く、手がける職人には高い技術力が要求されます。手間もコストもかかるため、完成までに時間がかかる、高価なことが弱点です。こだわりの1着を作りたい人向けのオーダー方法と言えるでしょう。


一方、オーダースーツのなかでも、パターンオーダーはほとんど既製品を選ぶ感覚で作れます。パターンオーダーは用意されたサンプルの中から自分の体に近いものを選び、着丈などの細かい部分を調整して仕上げるオーダー方法です。あらかじめ決められた型紙を使い、工場で大量生産されます。そのため価格が安く、仕上がりも早いのが特徴です。既成品と同じく標準体型に合わせて作った型紙を使うため、標準体型で、よりフィット感のある既製スーツを求めている人に向いています。


フルオーダーとパターンオーダーのちょうど中間に当たるのが、イージーオーダーです。イージーオーダーでは、あらかじめ何種類かの型が決まっていて、各自の体に合わせて新しく型紙を起こすようなことはしません。しかし、体型に合わせてCADシステムや手書きで型紙を修正し、それに合わせてスーツを仕立てることができます。比較的手ごろな価格で、各自の体型に合ったスーツを仕立てられるのがメリットです。

オーダースーツをもっと身近に!

オーダースーツには、自分の体型に合わせて作れる、デザインや生地を選べるなど既製品のスーツにはないメリットがたくさんあります。オーダースーツというと価格が高いというイメージを持つかもしれませんが、縫製工場で作るパターンオーダーやイージーオーダーなら手の届く価格でオーダーメイドが楽しめます。いきなりフルオーダーに挑戦する勇気はないという人でも安心です。


自分の体にフィットしたスーツは着心地もよく、見た目の印象も格上げしてくれます。まずは身近なパターンオーダーやイージーオーダーを利用して、オーダーメイドのよさを味わってみてはいかがでしょうか。


 


◆◆「お客様の声はこちら」 ◆◆
◆◆「よくある質問はこちら」 ◆◆
◆◆「ショップ一覧はこちら」 ◆◆

あなたもDIFFERENCEの
カスタムオーダーを
体験してみませんか?

DIFFERENCEをはじめる

STYLING GUIDE

スタイリングガイド
VIEW MORE
アプリをダウンロード: appstore googleplay
アプリを
ダウンロード
1 2 3 4 5 6 7 8 9 0