現在の最短発送日 ----
STYLING GUIDE

ボタンはオーダースーツのアクセサリー!しっかりと考えて選んで

img

監修:杉原一臣(新宿南口店 エリアマネージャー) / 投稿日時:2018.08.06 17:45:28

スーツを購入するとき、ボタンにまでこだわる人はどのくらいいるでしょうか。スーツは社会人にとっての仕事着です。毎日着用するアイテムなので、ディテールにこだわるよりは安い既成品を複数用意するほうが先だと思うかもしれません。年齢が若いうちはその方法でも大丈夫ですが、経験を積んだ社会人であればボタンにまでこだわった自分らしいオーダースーツを一着用意したいものです。ボタンの選び方でオシャレ度はどのように増していくのか、ボタン選びのポイントと一緒に紹介します。

どのボタンを選ぶのかによってスーツの雰囲気は変わる?

スーツのボタンは、ジャケットのフロントと袖の部分、ベストのフロント部分、パンツのフロントとポケットの部分についています。ジャケットのフロントボタンは20mmを使うのが一般的で、スーツについているなかでは一番大きく目立つボタンです。ボタンの素材や色は、ついている場所に関わらずすべて合わせるのが定番です。ボタンの色はスーツの生地と同系色にすると統一感が出やすく、反対色にするとスタイリッシュな印象になります。ビジネス用スーツの既成品は、ボタンが悪目立ちしないように暗めの色を使っているケースが多いです。


色のほかにスーツの表情を変えるのが、ボタンの種類です。天然素材のボタンはそれぞれに独特の風合いがあります。たとえば、ネイビーのスーツにナットボタンを合わせればシックな雰囲気に、貝ボタンをつければドレッシーな雰囲気になります。プラスチック樹脂のボタンは染色しやすくデザインが豊富です。加工の技術も上がっていますので、一概にどちらのほうが良いとはいえません。


スーツの型や素材、シルエットによっても相性の良いボタンが違います。どの種類がいいのかわからず、あれこれ迷ってしまう場合もあるでしょう。しかし、迷いながらも納得のいくスーツを作り上げていくのが、オーダーメイドの良さです。テーラーと相談をしながら、選ぶ過程も楽しんでいきましょう。

どれにしよう!ボタンの種類をご紹介

スーツによく使われるボタンを4種類紹介しましょう。ナットボタンは、南米エクアドルのタグワヤシの実が原料です。実の中は象牙のような乳白色で、アイボリーナットと呼ばれています。染色できるほか、経年変化するのが特徴です。貝ボタンは、文字通り天然の貝を加工したボタンです。高瀬貝、白蝶貝、黒蝶貝などが原材料として知られています。パールのような光沢と質感が美しく、シャツやドレスなどで使われるケースが多いです。大きめのボタンならスーツに使用でき、特にフォーマルスーツによく合います。


水牛ボタンは、水牛の角が原材料です。ボタンのなかでも高級素材にあたり、ボタンの色は水牛の種類によって異なります。透明感のあるベージュはもっとも高級で、茶色、黒と色が濃くなるにつれて価格が安くなっていきます。見た目に高級感があり、ウール素材のスーツにはピッタリです。長く着られる一着を作るなら、ぜひ合わせたいボタンのひとつといえるでしょう。


プラスチックボタンは樹脂の種類によってポリエステル、ユリアボタンとわかれます。ポリエステルは水牛や貝などの質感を再現するのが得意で、天然素材の代用品として1950年代後半から使われてきました。ユリアボタンも水牛やナットの再現性に優れており、耐衝撃性や耐熱性も抜群です。

ジャケットのボタンの数でスタイルは変わる

スーツにはシングルとダブルがあり、それぞれボタンの数が違います。見た目の雰囲気がガラリと変わりますので、オーダースーツを作るときはボタンの数やスーツのタイプも意識しましょう。まず、モーニングコートやタキシード、ディレクターズスーツなどの礼服、準礼服は、1つボタンが定番です。礼服以外でも、細身でスタイリッシュなジャケットは1つボタンが多く見られます。ビジネス用のシングルスーツは2つか3つボタンが定番ですが、2000年代に入ってからは2つボタンが主流です。3つボタンはクラシカルな印象になりやすいので、仕事で日常使いをするなら2つボタンが無難です。


ダブルスーツは、前身頃の上前を大きく重ねるデザインで、ボタンが2列になっています。バブル時代に大流行したことから、個性的でクラシカルな雰囲気を出したいときに向いています。ボタンの数は4~6個です。ちなみに、ベストにもシングルとダブルが存在します。スリーピースのジャケットはシングルが一般的ですが、ダブルのベストを合わせることで程よいクラシック感を演出できます。ダブルスーツに興味はあるものの着こなせるか心配な人は、ダブルのベストとシングルのジャケットを合わせると良いでしょう。

ボタン以外のディテールにもこだわって

せっかくオーダースーツを作るなら、ボタン以外のディテールにこだわりましょう。ディテールで目立つ部分といえば、ジャケットのポケットです。フラップポケットは蓋のついたポケットで、床と平行の角度でついています。雨蓋ポケットと呼ばれる通り、もともとはポケット内に雨やホコリが入るのを防ぐためにつけられました。ビジネス用スーツの定番ともいえるポケットです。フラップポケットを斜めにしたのがスラントポケットです。イギリスの乗馬服から始まったとされており、斜めのカットがスリム体型に見せてくれます。スラントポケットと同様、イギリス発祥なのがチェンジポケットです。フラップポケットの上にもうひとつ、フラップポケットがついています。小銭を入れるためのポケットとして作られました。


スーツにシングルとダブルがあるように、パンツの裾にもシングルとダブルがあります。礼服は裾を内側に折り込んだシングルが鉄則で、細身のスーツもシングルでシャープに仕上げるのがおすすめです。裾を外側に折り返したダブルは、ビジネスで個性を出したい人に向いています。背が低い人は足が短く見える可能性があるので、身長は高いほうがバランスを取りやすいです。

スーツのボタンにこだわっておしゃれ上級者を目指そう

オーダースーツならビジネス用スーツでも十分自分らしさを表現できます。ボタンの種類やデザインにまで気を配れば、オシャレ上級者として周囲からの目が良い意味で変わってくるでしょう。オーダースーツブランドのDIFFERENCEでは、たくさんのボタンを用意しています。今回紹介した本水牛から使い勝手の良いプラスチック樹脂ボタンまで、多種多彩です。満足のいくオーダースーツは、ぜひDIFFERENCEで依頼しましょう。


 


◆◆「お客様の声はこちら」 ◆◆
◆◆「よくある質問はこちら」 ◆◆
◆◆「ショップ一覧はこちら」 ◆◆


 


あなたもDIFFERENCEの
カスタムオーダーを
体験してみませんか?

DIFFERENCEをはじめる

STYLING GUIDE

スタイリングガイド
VIEW MORE
アプリをダウンロード: appstore googleplay
アプリを
ダウンロード
1 2 3 4 5 6 7 8 9 0