現在の最短発送日 ----
STYLING GUIDE

ネットでオーダースーツが購入できる!メリットとデメリットを解説

img

監修:杉原一臣(新宿南口店 エリアマネージャー) / 投稿日時:2018.08.06 17:42:27

オーダースーツといえば、専門店まで足を運んだうえで採寸をするのが一般的です。しかし、近年インターネットだけでオーダースーツを作れるサービスが出てきました。来店することなく作れるオーダースーツとは、一体どのようなものなのでしょうか。ネットですべてが完了するオーダーメイドのプロセスや、そのメリットやデメリット、オーダーする際の注意点などを解説します。来店型のオーダースーツとの違いも押さえながら見ていきましょう。

ネットでスーツをオーダーする!プロセスをご紹介

ネットでオーダースーツを作る一般的なプロセスを紹介します。お店のWebサイトにアクセスをしたら、スーツに使う生地を決めます。生地の素材感や仕立てた際の雰囲気がわかるように、生地のアップ画像やその生地で作ったスーツの画像を見られるようになっていますので、ぜひ参考にしましょう。生地を選んだら、スタイルを決めます。スタイルとは、スーツのシルエットのことです。タイトにするかゆったりめにするか、ウエストは絞るかなど、お店が用意しているスタイルから好みのシルエットを選びましょう。


次に、ラペルの太さや形、ボタンやポケットの種類などのディテールを決めます。ディテールは生地の色やスタイルに合わせて選ぶと統一感が出るのでおすすめです。最後に採寸をしてから入金を行えば注文完了です。製造、仕上げを経て、完成したオーダースーツが宅配で納品されます。お店によってプロセスに若干の違いはありますが、大まかには上記の流れで進んでいくことがほとんどです。

ネットでスーツをオーダーするメリットとは

ネットですべてのプロセスが完了するオーダースーツには、これまでのオーダースーツにはないメリットが3つあります。1つ目は、店舗に行かずに注文できる点です。従来のオーダースーツは、来店したうえで採寸を行う必要がありました。オーダースーツを作りたくても忙しくて時間が取れない人にとって、ネットですべての手配ができるのは大きなメリットになるでしょう。2つ目は、注文したいときに注文できる点です。ネットの店舗にも営業時間は存在しますが、注文自体は24時間いつでも可能です。思い立ったときにすぐオーダーできれば、注文する機会を逃してしまう心配もありません。


3つ目は、路面店やテナントの店舗と比較すると価格が安い点です。店舗を構えていると、どうしても人件費や店舗の家賃がかかります。ネットのお店なら人件費や家賃は安くできるので、スーツも低価格設定が可能です。オーダースーツを安く気軽に買いたい人には、ネットでの購入がうってつけといえるでしょう。

採寸は問題ない?ネットで注文するオーダースーツのデメリット

手軽で簡単なネットでのオーダーも、残念ながらデメリットが存在します。まずは、自分で採寸を行わなければならない点です。来店型なら、プロのテーラーが採寸してくれるので、体型と寸法の間に差異が生じにくく、ジャストサイズのスーツに仕上がります。一方、自分で採寸すると、メジャーを当てる場所が微妙に違ってしまうケースがあり、採寸に狂いが生じる恐れがあります。サイズ感のピッタリ合ったスーツを作るには採寸が重要ですので、自分で採寸する方法は大きなリスクのひとつです。


生地やボタンなどの実物を見られない点も、デメリットといえます。ネットで画像が確認できるとはいえ、ディスプレイのスペックや設定で生地の色合いや素材感の見え方が大きく変わります。できあがったスーツを見て、イメージと違うと感じるケースもあるようです。また、満足のいくオーダースーツを作るには、どのようなシチュエーションで着用するのか、どのようなスタイルや生地が好みなのかなど、自分の希望を正確に伝える必要があります。ネットの場合は、自分の希望は文章で伝えます。対面のように、言葉のニュアンスや話し方で希望を汲み取ってもらうことはできません。どのように自分の希望を伝えるかしっかり考えてからオーダーするようにしましょう。

良い通販サイトを選ぶポイントとは

スーツの購入で失敗しないように、良い通販サイトの選び方を紹介します。まず、サイトに掲載されている画像が明確で、ディテールまでしっかり写っているかをチェックします。スーツの正面、横、背面、裏地、生地の素材感がハッキリ見えるサイトを選びましょう。スーツは着用時のシルエットも大切です。細身タイプ、ゆったりタイプ、標準タイプなど、シルエットに関する説明が詳しく書いてあるかを見てみましょう。また、スーツ選びで大切なのはサイズ感です。スーツを格好良く着こなすためのサイズ選びについて解説するページがあり、商品ページのサイズ表記も明確なサイトは親切です。スーツを着用しているモデルやマネキンのサイズ表記があるとなお良いでしょう。


生地や裏地の素材に関する説明も重要です。生地はウール100%なのか、ポリエステルとの混紡なのかによってお手入れのしやすさが変わります。スーツは季節によって生地や裏地が違いますので、春夏物、秋冬物の情報や、使い勝手の良いウォッシャブル機能についての情報があるかも見逃せません。ラペルやポケット、ボタンなどのディテールに関する情報が記載されているかも要チェックです。ラペルとはジャケットの下襟のことで、ジャケットを羽織ったときの印象につながります。トレンド感はラペル幅に出ますが、トレンドを重視したスーツだけではなく、オーソドックスなデザインのスーツも用意しているサイトを選びましょう。


ネットで購入するからこそのお得感がわかるかどうかも大切です。商品ページでは、通常の価格のほかにWeb価格の表記があるか、サイズごとの在庫状況がひと目でわかるようになっているかをチェックします。購入してから納品までにどの程度の日数を要するのか、明確に表記してあるかどうかも確認しましょう。また、スーツは裾のお直しや補正がつきものです。購入後のお直し情報が明確で、ネームの有無について表記があるかどうかもチェックしましょう。

実際に生地を見たいならお店へ行こう!

毎日スーツを着る人にとっては、ネットでスーツをオーダーできると非常に便利です。ただ、ネットで購入するメリットはたくさんありますが、来店型のオーダースーツの良さも見逃せません。ネットではわかりにくい生地の素材感やディテールにこだわりたい人は、来店型がおすすめです。オーダースーツブランドのDIFFERENCEは、一度来店すれば2着目からはアプリで注文ができます。オーダースーツなら、来店型とネット通販の良さを兼ね備えているDIFFERENCEがおすすめです。


 


◆◆「お客様の声はこちら」 ◆◆
◆◆「よくある質問はこちら」 ◆◆
◆◆「ショップ一覧はこちら」 ◆◆


 


あなたもDIFFERENCEの
カスタムオーダーを
体験してみませんか?

DIFFERENCEをはじめる

STYLING GUIDE

スタイリングガイド
VIEW MORE
アプリをダウンロード: appstore googleplay
アプリを
ダウンロード
1 2 3 4 5 6 7 8 9 0