STYLING GUIDE

いくらのオーダースーツにすべき?予算や相場を徹底解説!

img

監修:佐々木信也(淀屋橋店 エリアマネージャー) / 投稿日時:2018.08.04 14:12:28

「お気に入りのスーツに袖を通すと気分が前向きになる」という人もいるのではないでしょうか。「自分の好みに合う1着がなかなか見つからない」という人は、オーダースーツという方法を考えてみるのも良いでしょう。今回は、実際にスーツをオーダーするときの予算や相場についてご紹介します。

知っておくべきオーダーの種類

スーツのオーダーにかかる予算の相場を紹介する前に、オーダースーツの種類についてご紹介しましょう。オーダーには「フルオーダー」、「パターンオーダー」、「イージーオーダー」の3つの種類があります。フルオーダーとは、スーツのサイズや型紙はもちろん、ボタンや襟、ポケットなどのディテールもカスタマイズできます。細部にまでこだわって1着を仕上げたいという人は、フルオーダーを選ぶのも良いでしょう。一方、スーツが完成するまでに時間がかかるという特徴もあります。フルオーダーでスーツを作る場合は、2カ月から3カ月程度の期間を見ておくと良いでしょう。なお、DIFFERENCEにはフルオーダーの取り扱いがありません。


パターンオーダーとは、用意されている型の中から、自分の体に合う型紙を選び調整して仕上げます。既成の型紙を元にスーツを作っていくため、仕上がりのイメージを持ちやすいです。オーダースーツの中では、比較的リーズナブルにスーツを作ることができ人気を集めています。初めてスーツをオーダーする人にも、挑戦しやすいオーダー方法といえるでしょう。


イージーオーダーとは、いくつかの型紙の中から、自分のイメージに近いものを選び各パーツのサイズ調整やデザインを選び仕上げます。機械を使ってスーツを作るためフルオーダーよりも価格がリーズナブルです。パターンオーダーよりも、型紙選びやデザインの自由度が高いため、着心地の快適さを求める人のニーズにも答えます。

オーダースーツの相場は?

オーダーの種類によって、1着当たりの値段は変わります。まず、フルオーダーでスーツを1着作った場合の平均的な値段は20万円から100万円程度です。フルオーダーの場合は、既成の型紙がないため、仮縫いしたスーツを試着しサイズの確認をします。その他のオーダー方法よりも、完成に至るまでのステップが多く手間がかかりやすいのです。また選ぶ生地やカスタマイズの多さによって値段は変動します。


オーダーをする際には、必ず値段を確認するようにしましょう。イージーオーダーでスーツを1着作った場合、平均的な値段は5~20万円程度です。採寸をした後、一からスーツの型を作るフルオーダーよりもリーズナブルなケースが多いです。よりリーズナブルにオーダースーツに挑戦したい人は、パターンオーダーを選ぶと良いでしょう。パターンオーダーでスーツを作る場合、1着当たりにかかる値段は2~7万円程度です。完成までの期間も比較的短いため、挑戦しやすいといえるでしょう。

既製スーツとの価格の違い

オーダースーツというと「既成のスーツより高いのではないか」と考える人もいます。しかし、選ぶテーラーによっては既成のスーツと値段がさほど変わらないケースもあります。ショッピングモールで販売されている既成のスーツは、7000円から1万5000円程度です。量販店で既成のスーツを購入する場合は、2万8000円から7万円程度が相場になります。パターンオーダーやイージーオーダーでスーツを作る場合、選ぶショップや素材によっては既成のスーツよりもリーズナブルにスーツが作れます。


また、オーダースーツは着用者の体を採寸してサイズの調整を行います。ぴったりのサイズで着用ができるだけでなく、生地にかかる摩擦などの負担も少なくなるため長持ちしやすいです。仮に、生地の傷みやサイズの変動などが合ってもショップがしっかりと対応してくれます。アフターフォローの体制が万全に整っているため、スーツを長く着用し続けられます。このように、コストパフォーマンスの観点から見ても、オーダースーツはメリットが多いといえます。

予算の決め方のポイント

オーダースーツを作る前に、ある程度の予算を決めておくことは大切です。まず、初めてスーツをオーダーする場合、予算は低めに3万円と見積もっておくと良いでしょう。3万円という予算でも、着心地やサイズ感にこだわったスーツを作ることはできます。ただし、選べる生地のグレードやカスタマイズができる部位が限られてくる場合もあるため注意が必要です。


いつも着用しているスーツとは一味違うスーツを着用したいと考える場合、予算は5~7万円程度に設定すると良いでしょう。5~7万円程度でオーダースーツを作る場合、ポケットや襟、裏地など細部のカスタマイズもしやすいです。


高級生地を使ったスーツや、ブランドの付加価値を付けたいという人は予算を10万円以上に設定しておくと良いでしょう。10万円以上の予算があれば、高級感あふれるスーツを仕立てることができます。ビジネススーツだけでなく、高級感があるフォーマルスーツが欲しいという人にも最適です。

オーダースーツの予算を決める際の注意点

オーダースーツの予算を決める際には、いくつか注意すべき点があります。まず、1つ目の注意点として挙げられるのが「オーダースーツの場合、カスタマイズにお金がかかるケースもある」ということです。選ぶ項目によっては、基本料金に別途料金が必要になります。予算を設定する際には、カスタマイズにかかる費用についても考えておくことが大切です。


しかし、スーツをオーダーすることが初めてである場合などは、どのカスタマイズにどれくらいの費用が必要なのか分からないケースもあります。そんなときは、予算はどれくらいのなのかお店側に相談しておくと良いでしょう。生地のグレードやカスタマイズができる範囲などを教えてもらえます。

希望のスーツに応じて予算を決めるべき!

人によって求めるスーツは千差万別です。希望に沿ったスーツを形にできるオーダースーツは着用する人にメリットが多いといえるでしょう。スーツをオーダーする際には、希望に応じてある程度の予算を決めておくことがポイントです。予算の決め方やポイントについて把握し、自分が欲しいスーツを手に入れましょう。


 


◆◆「お客様の声はこちら」 ◆◆
◆◆「よくある質問はこちら」 ◆◆
◆◆「ショップ一覧はこちら」 ◆◆

あなたもDIFFERENCEの
カスタムオーダーを
体験してみませんか?

DIFFERENCEをはじめる

STYLING GUIDE

スタイリングガイド
VIEW MORE