現在の最短発送日 ----
STYLING GUIDE

おしゃれは足元から!パターンオーダーシューズの選び方

img

監修:佐々木信也(淀屋橋橋店 エリアマネージャー) / 投稿日時:2018.08.04 13:29:59

ビジネスシーンやフォーマルな場に欠かせない革靴ですが、実はパターンオーダーでオーダーメイドができることを知っていますか。オーダーメイドで靴を作るというと敷居が高そうなイメージがありますが、パターンオーダーなら比較的手頃な価格で自分好みの靴を作ることができます。長く履ける、こだわりの革靴を探している人におすすめです。このコラムでは、これから初めてオーダーで靴を作るという人に向けて、お気に入りの一足を作るために知っておきたい基礎知識やオーダーシューズの特徴などを紹介します。

知っておきたいシューズの基礎知識

オーダーで作る革靴と既製靴の大きな違いは、製法・構造にあります。オーダー革靴の場合、アッパーと表底の接着方法が既製品と根本的に違うのです。安価な既製靴では、大量生産を可能にするためにセメンテッド式製法が使われます。これは、アッパーと表底を接着剤でくっつけるものです。一方、オーダー靴では接着剤を使わず、縫って接着することが多くなります。その分だけ値段は張りますが、接着剤を使わないだけにソールの交換ができるという大きなメリットがあります。メンテナンスをすれば長く履けるため、ずっと愛用できる一足を探している人にはおすすめです。ちなみに、国内のオーダー革靴の場合、接着剤を使わない製法のなかでも耐久性に優れた「グッドイヤー・ウェルト製法」を採用しているブランドが多いです。


オーダーシューズの注文方法には木型から作るフルオーダーのほか、決められた木型やデザインから好きなものを選んで作るパターンオーダーがあります。価格についてはパターンオーダーで3万円前後から、フルオーダーとなると10万円以上が普通です。フルオーダーは本当に合う一足を作るのが意外に難しく、木型を足に合わせるためには何足も靴を作らないといけないこともあります。費用や手間の問題を考えると、初心者であればパターンオーダーが安心と言えるでしょう。


オーダーシューズではデザインを選ぶことはできますが、革靴の場合はデザインがある程度限定されます。基本デザインは10種類程度ありますが、それぞれのTPOがはっきりしているためです。たとえば、フォーマルなら内羽根式のストレートチップが無難とされています。もしオーダーで靴を作るなら、着用シーンまで考えてデザインを考えるようにしましょう。

グッドイヤー・ウェルト製法とは

グッドイヤー・ウェルト式製法は高級革靴の代表的な製法です。オーダーシューズでも、こちらの製法が採用されるケースがほとんどです。グッドイヤー・ウェルト式製法の靴には、製作工程上の理由から靴底前半分のエッジ部分(コバ)が張り出しているという外見的特徴があります。革靴に詳しい人ならひと目でわかるかもしれません。


この製法の最大のポイントは、甲革や裏革といった甲の部分である「アッパー」と「底」を接着する方法にあります。グッドイヤー・ウェルト式製法では、中底につけられた 「リブ」と「アッパー」をすくい縫いしたあとに「中物」と靴の背骨となる「シャンク」を詰めてから「表底」と「細革」を出し縫いします。 このうち「リブ」と「細革」は、ほかの製法には見られないもので、この製法ならではの独自の特徴です。


グッドイヤー・ウェルト式製法で作った革靴では中物を入れることができるため、長時間歩いても疲れにくいという長所があります。また、インソールのなかにコルクが敷き詰められており、歩いていくうちに持ち主の足裏に合った形になります。歩きはじめは硬い感触ですが、半月から1カ月ほどで硬さはなくなり、むしろ歩くほど足に馴染み歩きやすい靴になっていくのです。


さらに、縫製が複雑、靴の内部から外側にかけて隙間がないことから、耐久性や耐水性にも優れています。しかも、接着剤を使っていないのでソール交換を含む修理も可能です。一度足の形に合ったものを作れば、長く活躍してくれるはずです。

パターンオーダーシューズの特色とは

パターンオーダーでは、あらかじめ用意されたデザインや素材から好みのものを組み合わせ、既存の木型を使って靴を作っていきます。すでにあるデザインや素材、木型を組み合わせて作るので、フルオーダーより値段も手頃です。また、納期もそこまでかかりません。


デザインや素材は指定の範囲内でしか選べませんが、細かいカスタムもできるので組み合わせのパターンは膨大です。パターンオーダーとはいえ、自分のこだわりを反映させたオリジナルのシューズ作りができます。たとえば、全体のデザインはもちろん、つま先の形、素材、カラー、ライニングカラー(内張りのカラー)を選べます。さらに、ソール素材やソールの仕上げ方、ヒールの素材なども選択可能です。


加えて、パターンオーダーには既製品に比べてサイズに融通がきくというメリットもあります。パターンオーダーの場合、サイズ、幅などが違う複数の木型がそろえられています。この点が既製の革靴と大きく違うところです。人によって足の形はさまざま。なかには既製の靴だと木型が合わない人、幅やサイズが合わない人もいます。既製の革靴だと足が痛くなってしまうという人にとって、オーダーシューズのメリットは大きいのです。フルオーダーのように自分の足に合わせて木型から作るということはしませんが、木型の種類も豊富で、実際に試し履きのできるサンプルもあります。実際に靴を履き、自分に合いそうな木型を決めてから注文できます。外反母趾などの特殊な事情がなければ、自分の足に合う一足が見つかる可能性が高いです。

足に合ったぴったりの一足を!

ビシッと決まったスーツ姿を作るためにはシューズも重要です。足元は意外に人から見られる部分。足に合ったこだわりのシューズは、全体のコーディネートをワンランク上のものに見せてくれます。


既製品で自分好みのシューズを探すのは大変なこともありますが、オーダーメイドなら自由自在です。しかも、パターンオーダーなら値段的にも頼みやすく、価格が気になる人でも挑戦しやすいでしょう。パターンオーダーのシューズはフィット感もデザインも、既製品とは一味違います。パターンオーダーで、世界にひとつだけしかないこだわりの一足を作ってみませんか。


 


 

あなたもDIFFERENCEの
カスタムオーダーを
体験してみませんか?

DIFFERENCEをはじめる

STYLING GUIDE

スタイリングガイド
VIEW MORE

アプリをダウンロード: appstore googleplay
アプリを
ダウンロード
1 2 3 4 5 6 7 8 9 0