現在の最短発送日 ----
STYLING GUIDE

オーダーシャツは生地が命!?特徴や種類を徹底解説

img

監修:杉原一臣(エリアマネージャー) / 投稿日時:2018.06.27 15:41:51

オーダーシャツは、同じサイズやデザインでも、生地が違うだけで見た目や着心地がまったく異なる1着に仕上がるところが魅力です。
糸の太さや織り方が異なる生地は、厚みも肌触りも違います。
生地ごとの特徴を正しく理解することが、デザインや着る人の好みに合う生地を選ぶためには欠かせません。
生地の性質とデザインがぴったり合えば、着心地の良い1着に仕上げることが可能です。
この記事では、オーダーシャツに使われる生地の種類や特徴について詳しく解説します。

オーダーシャツの生地の特徴は?

オーダーシャツは、さまざまな生地の中から気に入ったものを選べます。
選べるのは生地の色や柄だけではなく、素材や織り方の種類なども含めてです。
生地は織り方によって呼び名や特徴が異なります。
たとえば、ブロードは単純に縦横十字に交差させて平織にした生地です。糸の太さによって肌触りや光沢が異なり、既製品のシャツにもよく使われます。


それに対して、オーダーシャツの生地としてよく選ばれるのがオックスフォードという生地です。縦横2本ずつ糸を揃えて平織にしています。
通気性に優れていて、シワにもなりにくいのが特徴です。細めの糸を用いたオックスフォードは光沢がよいので、オーダーシャツの生地としてよく選ばれます。
ドットやストライプなどの織り柄が特徴のドビー、山型の模様を連続させるヘリンボーン、斜め模様が連続するツイルなどは変わり織りの生地です。
同じ白一色でも、織り方の違いで好みの生地を選べるのも、オーダーシャツの魅力といってよいでしょう。
高級な生地や機能性に優れた生地など、用途に合わせて選ぶこともできるので、オーダーシャツは既製品よりも丈夫です。

どんな生地が選べる?

パターンオーダー、イージーオーダー、フルオーダーのどれにするかによって、選べる生地の種類には幅があります。
パターンオーダーは元になる既製品のサイズを微調整するものなので、生地の選択幅はあまり多くはありません。
イージーオーダーになると、型紙に合わせて生地を裁断して作るので、選べる生地の範囲が増えます。ただし、オーダーする店によって取り揃えている生地の種類が異なるので、事前に確認が必要です。フルオーダーは選べる生地の幅が広く、好みの生地を自由に選んで作れます。しかし、お店によって品揃えの幅に差があるので、生地にこだわりがある場合は、使いたい生地があるかどうかの確認を事前にする必要があるでしょう。

シャツの定番素材としては、綿、リネン、ポリエステルなどがよく選ばれます。綿は吸湿性や肌触りの良さが魅力の素材です。通気性もよく、ほどほどに光沢もあるので、シャツに適した素材といえます。ただし、シワになりやすい点と、縮みやすい点はデメリットです。長時間日光に当てると黄ばみやすいという特徴もあります。しかし、綿は肌の弱い人や汗をかきやすい人に向いている素材です。
天然素材にはリネンもあります。リネンとは麻素材のことです。水濡れに強く丈夫で、湿気も熱も外に放出するという特徴があります。
しかし、肌触りが硬めで、シワができたり縮んだりしやすいので夏場のカジュアルシャツ向きです。ポリエステルは、軽くて丈夫でシワにもなりにくいという特徴があります。しかし、汗を吸いにくく、通気性もよくありません。
既製品のシャツではよく用いられるポリエステル100%の生地ですが、オーダーシャツで選ばれることはまれです。オーダーシャツの生地として用いるときには、天然素材との混紡の状態で使われます。

生地以外にもこだわるべきポイント

同じ素材、同じ織り方の生地でも、糸の太さや縒り方によって生地の光沢や手触りが変わります。糸の太さは番手といい、数字が小さいほど太い糸です。番手の大きい糸ほど生地にしたときに光沢があります。カジュアルシャツに使われるのは40番手~80番手、フォーマルシャツに使われるのは50番手~120番手が目安です。糸の縒り方で分けると、単糸と双糸の2種類に分かれます。単糸は1本だけの糸、双糸は2本の糸をより合わせた糸のことです。シャツの生地で双糸が用いられるのは、80番手以上の細い糸のときになります。双糸で織った生地は肌触りの良く丈夫なのが特徴です。糸を縦横どのように使って織るかによっても生地の丈夫さや光沢、手触りなどが違ってきます。
せっかくシャツをオーダーするのであれば、縫製の違いや芯地についてもこだわることが大事です。上質なオーダーシャツであることがわかる縫製の特徴にシングルニードルという方法があります。1本の針で縫った後、同じところを縫い代を挟むようにもう一度縫うので、巻き伏せ本縫いともいい、高い技術と手間がかかる縫い方です。襟回りやカフスなど強度が必要なところには芯地と呼ばれる厚い布地が使われます。既製品では芯地と身頃地が接着されているので、シワが寄りにくいのですが、肌触りが悪く風合いもよくありません。シャツをオーダーする際には、仮接着か無接着で仕上げてもらうことが可能です。縫製や芯地の差で、肌触りや着心地が大きく変わります。オーダーシャツを作るならこだわるべき部分です。

触り心地や着心地にこだわって選ぼう

オーダーシャツは色やデザインばかりを優先したのではよいものを選べません。
どんな生地を選ぶかによって、同じ色やデザインでもまったく異なる風合いのシャツに仕上がります。どのような場面で着るシャツなのかをよく考えて、そのために必要な機能に合う生地を選ぶことが大事です。素材や織り方、糸の番手の違いによって生地の持つ特徴が変わります。理想のシャツにはどのような特徴の生地が必要なのかをよく考えたうえで生地を選びましょう。
選んだ生地の種類だけでなく、それをどのように縫うか、芯地をどうするかといった違いによっても、どんなオーダーシャツになるのかが変わってきます。
せっかくオーダーシャツを作るのですから、縫製の仕方や芯地を既製品と同じにしておいたのでは意味がありません。縫製や芯地までしっかりこだわって、納得のいくオーダーシャツに仕上げましょう。
シャツは直接体に触れるものですから、肌触りや着心地のことまで十分に考えて作ることが大事です。

あなたもDIFFERENCEの
カスタムオーダーを
体験してみませんか?

DIFFERENCEをはじめる

STYLING GUIDE

スタイリングガイド
VIEW MORE
アプリをダウンロード: appstore googleplay
アプリを
ダウンロード
1 2 3 4 5 6 7 8 9 0