現在の最短発送日 ----
STYLING GUIDE

フォーマルスーツ(フォーマルウェア・礼服)とは?
正しい選び方について

img

監修:石川佳宏(青山店 エリアマネージャー) / 投稿日時:2018.05.22 16:09:21

ファッション用語として「フォーマル」という言葉は、広く使われています。その一方で、正しいフォーマルスーツの定義が曖昧になっていることや、近年間違った認識により、場に応じた着こなしができていないことがあります。そこで今回は、プロのテイラーが教える正しい「フォーマルスーツ」に付いてご紹介します

そもそもフォーマルスーツとは?

「フォーマル」とは「公式であるさま、格式ばっているさま」を意とする形容詞です。そのため、*フォーマルスーツは「格式が高い公式な場で着用する服装」の意です。


 格式が高い公式な場とは、主に授賞式や結婚式、セレモニーと言った式典のことを指します。また、授賞式の後の祝賀会など、格式が高い食事会なども該当します。


 



*フォーマルスーツの表記に関して


「フォーマル」という言葉は便利なため、スーツに関してのノウハウを説明する際に多用されています。スーツは本来「一対の」という意味があります。そのため、フォーマルスーツとして、後述する「モーニングコート」や「イブニングコート」は、ジャケットとパンツが一対ではないため、厳密には「フォーマルウェア」が、正しい表記と解釈することも出来ます。


しかし、「フォーマルスーツ」という表記の方が、一般的に多用されているため、ここでは「フォーマルスーツ」と表記しています。 



 

ビジネススーツとフォーマルスーツの違い

ビジネススーツは、「日常的な場」で着用するスーツです。一方で、フォーマルスーツは、格式が高い公式な場で着用する「非日常的な場」のためのスーツです。


 


ビジネススーツには柄や色、靴との組み合わせによって、「カジュアル・フォーマル」の着こなしがあります。しかしビジネススーツで、フォーマルな着こなしをしても、それが「ビジネスという日常的な場」で着用するのであれば、「フォーマルスーツ」を着用するという意味ではありません。


 


ビジネススーツとフォーマルスーツは、全く異なる場で着る服装という認識を持っておきましょう。

フォーマルスーツの種類とは?

日本におけるフォーマルスーツには、大きく6つの種類が存在します。それぞれ、着用する場と時間が異なっています。

正礼装

正礼装とは、フォーマルスーツの中で「最も格式が高い場」で着用するスーツのことです。主に、格式が高い授賞式や、任命式で着られています。具体的は、内閣総理大臣・最高裁判所長官の親任式です。


 一般的なシーンではあまり着用の機会がありません。あえてあるとすれば、伝統的でルールを重んじる結婚式などで、新郎新婦の父親が着用することがあります。また告別式においては、喪主が着用します。

モーニングコート

モーニングコートは、男性の昼間の最もフォーマル度の高い正装の一つです。前袖が大きく斜めに切られた形状をしています。18世紀イギリス貴族が乗馬の後に、そのままフォーマルな場へ行けるようにと礼服化したことから、乗馬服に由来した形状をしています。

モーニングコートの襟は、ピークドラペルと呼ばれる正装用の襟になっています。パンツは、黒とグレーのコールズボン、ネクタイはコールタイ、アスコットタイなどを合わせます。生地プリントではなく織物の高級なシルクが使用されます。

イブニングコート(テイルコート)・ホワイトタイ

イブニングコートは男性の夜間の最もフォーマル度の高い正装の一つです。


イブニングコートも、乗馬服が原型です。イギリスでも普段着として着られるようになり、テイルコートと呼ばれるようになりました。テイルコートは前が閉じられますが、やがて閉じられない仕立てに変わり、現在のイブニングコートの形となります。

モーニングコートとの大きな違いは、白いボウタイを用いることです。こちらが由来で、イブングコートは別名ホワイトタイと呼ばれます。加えて、必ず白ピケベストを着用します。

準礼装

準礼装とは、正礼装の格下に当たる正礼装です。海外では礼装とされないブラックスーツが日本では略礼装となるため、ブラックスーツの格上、つまり中間的な位置付けの礼装となります。セミ・フォーマルとも表記されます。

ディレクターズスーツ

ディレクターズスーツは、黒色の背広とコールズボンを合わせた昼間の男性の、礼服の一つです。シャツはウィングカラーを合わせ、シルバーグレーのタイを合わせます。


指導者や管理者を表す、ディレクター(director)用の執務服とされたことが名前の由来となっています。一般的には、結婚式の主賓などが着用します。

タキシード・ブラックタイ

タキシードとは、夜間の男性用の、礼服の一つです。主に夜間の宴席、パーティーで着用します。


19世紀後半の貴族の男性たちは、喫煙するときは、タバコの臭いなどの問題から、スモーキングジャケットに着替えて喫煙をしていましたそのスモーキングジャケットが、タキシードの原型となります


 

タキシードは、黒の蝶ネクタイを使用することからブラックタイとも呼ばれます。ウエストコート(ベスト)もしくは、カマーバンドを必ず着用します。カマーバンドは正装の際に、腹部に巻く飾り帯のことです。

略礼装(ブラックスーツ)

略礼装は、昼間・夜間で共通して、「ブラックスーツ」を着用します。ジャケット・パンツともに光沢感のある「タキシードクロス」や「ドスキン」などの生地を使用した黒のスーツです。冠婚葬祭の一般的な参列の際に着用します。


シングルの前合わせの場合は、基本的にジャケットの下に、ベストを合わせるのがルールです。近年2ピースのブラックスーツを見かけることがあるかもしれません。しかし3ピースでベストを着用するのが正しいルールとなるので、注意しましょう。

フォーマルスーツの正しい位置付け

フォーマルスーツは、場に応じて種類分けがなされています。種類の分け方は、まず「18:00」を基準に大きく時間で分けられます。次に、オケージョン(場の格式の高さ)に応じて、決定付けられます。

つまり、「時間(18:00を堺に決定)×「オケージョン(場の格式の高さ)」という風に、時間と場をかけ合わせることで、正しいフォーマルスーツの位置付けが決定されます。


 

「ホスト・ゲスト」という認識を加えることも

上記の表に「ホスト・ゲスト」という認識を加えることもあります。


例えば、結婚式の場などでは、主催者側(ホスト)は正装、招待客(ゲスト)の主賓は準礼装、一般招待客(ゲスト)はブラックスーツが適切となることもあります。同じ場でも、立場が違えば正装も異なるということを知っておくと良いでしょう。

フォーマルスーツのアイテム・小物の選び方

フォーマルスーツに合わせる小物にも、ルールがあります。小物は品質が良く、手入れの行き届いたものを使用します。

シャツ

フォーマルスーツのシャツは基本的にウィングカラーです。白地に素材は、光沢のあるブロードクロスを使用する場合が多いです。

袖はダブルカフスのシャツです。必ずカフスを付けます。

ベスト

フォーマルスーツの場合、前述しましたがベストは必ず着用します。シングルの前合わせのものは、ベストがないと不完全な着こなしとなるため、注意が必要です。


 


ただし、タキシードの場合は、カマーバンドを巻きます。カマーバンドは、ベストが簡略化されたものなので、その場合ベストは着用しなくても問題ありません。

フォーマルスーツに合わせる靴は、以下の通り。どちらも黒になります。


 


 



「18:00以前」の場合 ストレーとチップ内羽根


「18:00以降」の場合 オペラパンプス または パテントレザープレーントゥ内羽根



 

チーフ

高品質な、リネン100%の白無地ポケットチーフを使います。


チーフの折り方はスリーピークスが基本となります。スリーピークスとは、きっちりと3つの角を立てた折り方・挿し方です。パーティーシーンなどでは、華やかなパスドスタイルもおすすめです。

カフス

シルバーもしくはゴールド台に、オニキスやパールなど白系の華やかな石使いのものを使用します。

合わせて知っておきたい、「フォーマルスーツの来歴」

スーツの来歴・スーツの原型

 



フロックコート → フォーマルウェア→ ラウンジスーツ → 現在のスーツ



 


スーツの原型は、元々は貴族が着ていた正装です。時代とともに、よりコンフォート(快適な)なものに変わって行ったことで、スーツが誕生します。日本には1860年代頃から、スーツの文化が入ってきたとされています。

フロックコート

18世紀、乗馬の際に、風が入らないようにダブルで襟が高いという特徴を持った上着「ダブルブレスト」が、軍服として使用されていました。


19世紀初頭、ダブルブレストがイギリスにも広まり、軍服から正装に変化します。軍服の頃、立て襟だったものが、背広襟となり、色味も紺青色から黒色のものが正式とされます。


やがてフロックコートとシャツ、ベスト、ズボン、ネクタイで一揃えにしたスタイルに変化します。フロックコートはヨーロッパ各地に広がり、イギリスでも普段着として着られるようになりました。19世紀長頃から20世紀初頭にかけて男性の昼間の正装として一般化されました。

フォーマルウェア

フロックコートが正装として一般化した後に、フォーマルウェア(モーニングコートやイブニングコート、ディレクタースーツ、タキシード)が登場します。


 


乗馬の際を想定して生まれたフロックコートですが、その前袖は長くなっています。一方でフォーマルウェアのモーニングコートもイブニングコートも、より乗馬をしやすいように前袖がカットされています。より快適にされつつも、後ろ袖は長いままで、男性の正礼装として支流化します。現代にまで続く、男性の正礼装です。


ディレクタースーツ・タキシードは、モーニングコート・イブニングコートの格下として生まれました。セミ・フォーマルと表記されることもあります。

ラウンジスーツ

1860年頃に、フォーマルウェアをさらに簡易化したラウンジスーツが登場します。


ラウンジスーツの「ラウンジ」とは、ラウンジルームの意です。フォーマルウェアでは、貴族が夕食後にラウンジでくつろぐのが困難だったため、テールのないジャケットを取り入れたことが発祥です。昨今のスーツの原型とも呼べる、スーツです。

プロ目線でのフォーマスーツの楽しみ方をアドバイス

近年は、紳士服もルールに対する認識が緩和されて、曖昧化している傾向です。しかし場に応じた服装を着こなすことが、「スーツを正しく着用する」ということです。特にフォーマルスーツの場合は、服装の来歴に沿ったルールがあります。そのルールに則って正しく着ることが大切です。


 


フォーマルスーツを正しく着こなすということは、時に堅苦しさを感じるかもしれません。しかし、フォーマルスーツを着られる場に行くということは、非日常的な場に行くということです。つまり普段着る機会のない服装で出かけられる「場」に行けるということです。そういった「場」を楽しむという考え方をして、正しい着こなしに向き合ってみてはいかがでしょうか?そうすれば堅苦しさが、自然と楽しさに変わるはずですよ。

あなたもDIFFERENCEの
カスタムオーダーを
体験してみませんか?

DIFFERENCEをはじめる

STYLING GUIDE

スタイリングガイド
VIEW MORE
アプリをダウンロード: appstore googleplay
アプリを
ダウンロード
1 2 3 4 5 6 7 8 9 0