現在の最短発送日 ----
STYLING GUIDE

スーツに合わせる正しいシャツとは?
シャツ選びの基礎とオーダーする場合について

img

監修:石川佳宏(エリアマネージャー) / 投稿日時:2018.05.22 15:17:56

スーツを正しく着こなす上で、重要となるシャツ選び。クールビズ導入から、1年のうちの「ジャケットを着用しない期間」が増えたため、シャツはコーディネートの中心にもなるアイテムです。ジャケットを着用していても、ジャケットの下から除くシャツの選び方ひとつで、着こなしの熟練度が伺えます。

 今回はプロのテイラーが、シャツの基本的な知識をアドバイス致します。「サイズの決め方」や、周りと差が付くコーディネートの方法をご紹介。またプロ目線でシャツ選びのノウハウを参考にしてみましょう。

シャツの基礎知識

一口にシャツといっても、衿型や柄の種類の一つ一つに着目していくと、種類は細かく分けられます。選ぶ上で種類の多さに尻込みをして、無難な物しか選べなかったという経験は、誰しも一度はあるはずです。


 


しかし種類が多いからといって、選ぶのが難しいというわけではありません。なぜならビジネスシーンで使用するシャツの種類は基本的に「衿型」で印象付けられるため、まずはビジネスシーンで「基本となる衿型」を理解しておけば良いからです。


 


ビジネススーツにおけるシャツは、基本となる3種類をおさえておけば失敗がありません。まずは基本的な3種類のシャツ「ワイドカラー」「ボタンダウン」「カッタウェー」についてご紹介します。

ビジネスシーンで基本となる「3種類のシャツ」とは

ワイドカラー

襟が左右に程よく開いており、首周りがスッキリと見える種類(衿型)です。最も基本的で、フォーマルな位置付けになるシャツです。


「クラシック」(変わらない・普遍的な物)とも解釈できるシャツなので、ビジネスシーンでの基本のシャツになります。かためのビジネスシーンの場が多い方は、複数枚は持っておきたいシャツです。


 


プロ目線でのアドバイスとしては、スーツコーディネートの方向性が、まだ定まっていない方は、「クラシックスタイル」から始めると良いです。フォーマルでクラシックでもあるワイドカラーは、いわば最初に持っておきたい衿型です。

カッタウェー

襟の開きが160~180°のシャツ。180°のものはホリゾンタルともいいます。


 細身のスーツとの相性が良く、首周りがスッキリと見える特徴があります。第一ボタンを開けても、襟の立体感が保てるため、ノーネクタイで着用される方が増えている襟の形です。クールビズでの着用に向いています

ボタンダウン

襟の先端がボタンで固定されているシャツの種類(衿型)です。


ボタンダウンは、最もカジュアルな位置付けのシャツになります。そのため、フォーマル度の高い商談や、誠実さを与えたいシーンなどには向きません。


 一方で、ノーネクタイで着こなす時や、カジュアルな場での着用には最適です。クールビズでの着用にも向いています。

今後注目のシャツの種類(衿型)

今後注目のシャツの種類(衿型)なのが「ラウンドカラー」と「ダブカラー」です。


 


英国のスタイルは今後注目されていきます。そのため英国スタイルを表す、代表的なシャツである「ラウンドカラー」と「ダブカラー」は注目の衿型です。

ラウンドカラー

襟の先端が丸くカーブしているシャツの種類のことを指します。英国スタイルの衿型で、「物腰の柔らかい」印象を与えます。


ビジネスシーンにおいては、「カッタウェー」と「ワイドカラー」の間くらいに位置するフォーマル度です。中間的なフォーマル度のシャツの種類(衿型)といえます。

タブカラー

襟に先端をつなぐダブ(紐)が付いている英国タイルのシャツ(衿型)です。ダブで襟を固定することで、ネクタイを締めた際のシルエットを維持できるため、ネクタイと必ず合わせて着用するシャツです。


 ダブカラーでネクタイを締めると、ネクタイに立体感が出て、ボリュームのある印象になります。


 ビジネスシーンでも着用できます。ラウンドカラー同様、「カッタウェー」と「ワイドカラー」の間くらいに位置する中間的なフォーマル度のシャツの種類(衿型)です。

体型による襟の大きさ

体が大きい方はシャツの襟が小さい物は、避けた方が良いでしょう。必要以上に体や顔が大きく見えてしまうためです。一方で体が小さい方は、大きな襟が似合いにくいので、避けましょう。

日本では自由な衿型のシャツが購入できるが…

日本では、1つのお店で様々な種類のシャツが売られています。そのため消費者は、それぞれ自由に選択して購入できます。


日本の場合は、スーツスタイルのルールに対して独自とも取れる寛容さです。マイナスに取ると、「ルールが曖昧」とも取れてしまいます。そのため、様々なスタイルのスーツに様々な種類のシャツを合わせて着てしまっているということが、往々にしてあるのです。


 


一方でヨーロッパでは、クラシックなスーツを売っているお店では、「ワイドカラー」のみしか売っていないということがあります。理由としては、ヨーロッパでは「当店で販売されているスーツスタイルに合わせるシャツなのに、(ルールに則っていない)他のシャツが必要ありますか?」という考え方が観念的に一般化されているからです。


 


本来であれば、ルールに則ったシャツを組み合わせることが、「スーツを正しく着る」ということです。そういった意味では、日本ではルールに則った正しい着こなしをするだけでも、ワンランク上のコーディネートが実現できるのです。

代表的なシャツの生地(織り方)とは

ワイシャツに使用される代表的な生地の織り方は、「ブロードクロス」「ツイル」「シャンブレイ」「オックスフォード」の4種類です。


「ブロードクロス」が最もフォーマル度が高く、順に続いて「オックスフォード」が最もカジュアル度が高い位置付けになります。それぞれの特徴に付いてご紹介します。

ブロードクロス

ブロードクロスは、平織りで表面が柔らかな生地です。一般的に広くドレスシャツに使われており、表面に滑らかな光沢があります。


 


ビジネスシーンにおいてはフォーマル度が最も高いシャツでもあります。

ツイル

ツイルは、綾織りの総称です。表面に光沢が合ってやや厚地という特徴がります。ブロードクロスに次いで、フォーマル度が高いためビジネス向きの生地です。

シャンブレイ

シャンブレイは、横糸を白にして、打ち込んだ生地の総称です。


刷毛目(ハケメ)という、まるで刷毛で履いたような柄が出るのが特徴です。軽く爽やかな印象を与えます。中間よりもややカジュアルに位置する生地です。

オックスフォード

オックスフォードは、ボタンダウンの代表的なシャツ生地として広く知られている生地です。


縦糸・横糸を2本ずつで、平織りにした生地のため、厚手の生地の総称でもあります。

シャツの衿型と生地の組み合わせが、シャツの種類を決定付ける

シャツの種類は、衿型と生地(織り方)で決定付けられます。また衿型に応じて、ふさわしい生地(織り方)が関連付けられているということも知っておきましょう。


 


例えば、オックスフォードでワイドカラーを作ることは、ルール違反ではないですが、あまり一般的でない組み合わせです。ブロードクロスでボタンダウンを作っても良いのですが、ボタンダウンらしさが出ません。


 


そのため既製品のビジネス用のワイシャツは、衿型に関連した生地が一般的に使用されています。シャツをオーダーする場合は、テイラーに相談をして、関連付けて選んでいく方が良いでしょう。

代表的なシャツの柄とは

シャツにおける柄の種類も、スーツの柄の種類と同様「ストライプ」「チェック」が代表的となります。


スーツと同様柄の種類と、強弱・大きさの組み合わせによって与える印象が異なります。柄が大きくなれば、カジュアルになり、小さくなればフォーマルになります。


 


スーツの柄を決定する時と同じように、シャツの柄も振り返り確認をしておきましょう。

ストライプ

ストライプは、縞模様の柄で、とても種類の多い柄です。また、スーツにも最も使用される柄です。


幅が大きくなればなるほどに、カジュアル度が高くなります。

チェック

シャツに使用するチェックはギンガムチェックが代表的です。ギンガムチェックは、白地に縦横同じ太さの薄い格子が入ったシンプルな格子柄です。


 


ギンガムチェックはカジュアル度が高い柄なので、フォーマルな場には向きません。ギンガムチェックの場合は、柄の大きさが小さくても、フォーマルにはなりません。カジュアルな場でのみ使用できるシャツ柄と認識しておきましょう。

柄選びは伝統的な柄から取り入れていく方が良い

柄選びは伝統的な柄(ロンドンストライプ、ギンガムチェック)から揃えていくようにしましょう。できるだけベーシックな柄でコーディネートしていく方が、かえって垢抜けた印象になります。

スーツとシャツの柄合わせとは

スーツとシャツの柄合わせは、着こなしにテンポが出るため、積極的にいっても良いでしょう。ただし柄合わせには、コツが2つあります。


 


まず、1つ目は柄幅を合わせないことです。スーツと同じ柄幅のシャツを合わせると、けばけばしい印象になってしまいます。2つ目は、柄の強度を合わせないこと。柄には強弱がありますので、ジャケットで強い柄を使っているのであれば、シャツは弱い柄にして、強弱をコントロールします。


 


また柄合わせをしているなら、ネクタイを無地にしない方が良いです。柄があるからといって、安易にネクタイを無地にしない方が、垢抜けた印象になります。

ジャストサイズのシャツの選び方

近年はシャツに限らずタイトフィットが主流化しています。しかしシャツのサイズに関しては、基本的にあまりタイトなシャツは着づらくなってしまうので、適度な余裕が必要です。

首周りのサイズ

首周りに関しては、*ヌード寸+2~3cmを取るようにします。ちょうど、指1本分が理想的です。


 


*ヌード寸 … ヌード寸とは実際の体の寸法を計測した物です。実際の体の寸法に基づいた衣服を作るための基準寸法です。シャツの首周りの場合「ヌード寸+2~3cm」なので「実際の体の寸法(ヌード寸)+ゆとり分(2~3cm)」が、ジャストサイズのシャツの首周りとなります。

袖丈

袖丈はくるぶし下まで袖丈を取ります。ジャケットから1.0~1.5cm見える長さが良いでしょう。

胸周り・胴回り

胸周り、胴回りに関してはヌード寸+10cm。ヌード寸が+10cmよりも下回るシャツはかなりタイトになります。

シャツに関するプロの常識

基礎知識に加えて、プロのテイラー目線でのシャツに関する知識をご紹介します。知っておけば、着こなしを上げるテクニックとなります。

タイトすぎるシャツはいけないのか

タイトすぎると生地の良さが表現できない


タイトすぎるシャツの場合、人間の体の動きに付いていけないため、必要以上にシワになってしまいます。また生地は、着用して動くことによって、畝(うね)による光沢が出ることで、生地の良さが表現されます。そのためタイトすぎると、シャツの畝が出ないため、生地の良さがよくわかりません。


 


ジャケットのアームホールに合わせて、シャツのタイトさを決定する


ただし近年アームホールが細いジャケットが多くなっています。既成のシャツで、アームホールが詰まったジャケットに合わせると、シャツのアームホールの方が広く、袖が上がってしまいます。ジャケットのアームホールに合わせて、シャツのタイトさを考えても良いでしょう。

既製品のシャツのサイズフィットには限界がある

また既製品では、どうしてもサイズが万全に合ったシャツを選ぶのは難しいということを知っておきましょう。


既製品に関しては、近年在庫をたくさん持たない傾向が全体としてあるため、細かいサイズ展開をしていないことがあるからです。


 


あえて既製品で、サイズを合わせていくのであれば、ネクタイを必ず締める方は、首周りを最も重要視して選びましょう。袖丈は、短くなるよりは、長い方がまだ良いです。長い袖に関しては、ボタンで止まります。袖のたるみに関しては、アームガータなどで調節ができます。


 


近年では、オーダーシャツも様々なブランドがあるため、価格もおさえられている傾向です。オーダーであれば、体型に合わせて作れるため、見た目の綺麗さ動きやすさが両立できるシャツが手に入りやすくなります。既製品で体型にフィットするシャツが見つからない場合は、オーダーシャツを検討してみても良いでしょう。

シャツはできるだけ自宅で洗った方が良い

1万円以下のシャツの場合、使われている芯地が高温のクリーニングをされると熱変形して大きく縮む恐れがあります。よくクリーニングでシャツが縮んでしまうというのは、生地が縮んでしまっているのではなく、芯地が縮んでいるからです。シャツを長持ちさせて、サイズ感を変えたくなければ家で洗った方が良いです。


 


高級シャツの場合でも、高級シャツはフラシと呼ばれる芯地を使用しているため、クリーニン店ではアイロンを当てられないことがあります。シャツは可能な限り、家で洗って、アイロンをかけるのが良いでしょう。

スーツ・シャツのコーディネートの仕方

スーツを着るということは、基本的に、相手にどのような印象を与えたいかということです。


そのため、シャツ選びもスーツ選びと同様、着用シーンが、「フォーマル」から「カジュアル」のどの間に属しているかということを注目して選びましょう。


 


また選ぶ順番としてシャツを最初に選ぶことはありません。ジャケットやパンツを決めると、そのコーディネートのルールに沿ってシャツの種類(衿型)が、決まってきます。「コーディネートの基本に沿ってシャツを決定する」ということが、大切です。


 


しかし、意外にもスリーピースのクラシックスタイルのスーツに、ボタンダウンを合わせてしまうというような、間違ったコーディネートをしてしまっている人が多いのが現状です。


 


次項でご紹介するスーツとシャツのコーディネートを参考にして、正しいコーディネートの仕方を確認しておきましょう。

かためのビジネスシーン

ためのビジネスなので、誰に会われても失礼のないワイドカラーの白シャツをチョイス。


 


ネクタイも遊びのないレジメンタルタイでベーシックに。色は控えめのネイビーかレッドを選ぶと良いでしょう。


 


かためのビジネスでは、濃紺のスーツで信頼感を与える印象にまとめると良いでしょう。

かるめのビジネスシーン

かるめのビジネスシーンといえども、ビジネスでスーツを着用するので、ワイドカラーは外せません。


 


ただし、少しフォーマル度を落として、スーツもストライプやチェックなど柄物を取り入れられます。


 


シャツの色もサックスブルーに変えて、ネクタイもタイの柄幅を広い物にします。色もグリーンやワインカラーを持ってきて、少しおしゃれな雰囲気を楽しんでみてはいかがでしょうか?

昼間のカジュアルパーティー

カジュアルなパーティーの場合でも、ジャケット着用が基本。


 


今回のジャケットの場合は、チェックで素材感があるジャケットのため、ネクタイもウールタイもしくは、ニットタイで合わせます。


 


シャツは、カジュアルなボタンダウンをチョイスして、ネクタイをしてもかたくない印象にまとめます。

夜の時間帯(夕方以降)のパーティー

ややフォーマル度の高いパーティーには、光沢のあるブロードクロスの白のシャツを合わせます。


ウィングカラーまでいかなくても、ビジネスで使える襟のシャツ(ワイドカラー)でも問題ありません。


 


タイも蝶タイなどで、非日常感を楽しむコーディネートにまとめます。


 


少し光沢感のあるジャケットを合わせると全体が、華やか印象にまとまるでしょう。

記念日・大切な人との会食など

ややシックなブルーシャツで夕方~夜の雰囲気を意識したコーディネートをします。襟の形がフォーマルなワイドカラーを合わせます。


 


ネクタイはかたくなりすぎないように、グリーンやブラウンなど暖かみのある色をチョイスします。

スーツとシャツを楽しむためのプロ目線のアドバイス

重要なことは、スーツを購入したお店で、シャツを購入する方が良いということ。スーツスタイルに応じたシャツを選べるため、着こなしをワンランク上に整えられます。


 


次に、シャツには細かい種類がありますが、ネクタイを「するのか」「しないのか」を観点に選ぶと良いでしょう。クールビズ導入で、ノーネクタイの機会が増えました。しかし、ノーネクタイの時に着ていたボタンダウンのシャツをそのまま、ネクタイをする時に使用するのはすすめられません。ネクタイをするのであれば、ワイドカラーなどネクタイをする時に適したシャツを選びましょう。


 


最後に、体にぴったりと合ったオーダーシャツは、特に愛着が湧く物なので、できるだけ家で洗って長く着られるようにしましょう。自分のアイデンティティを表すアイテムのひとつと思って、キチンとアイロンをかけて、着こなしを高めましょう。

あなたもDIFFERENCEの
カスタムオーダーを
体験してみませんか?

DIFFERENCEをはじめる

STYLING GUIDE

スタイリングガイド
VIEW MORE
アプリをダウンロード: appstore googleplay
アプリを
ダウンロード
1 2 3 4 5 6 7 8 9 0