STYLING GUIDE

【大人の魅力を上げる】スリーピーススーツをおしゃれに着こなすコツ

投稿日時:2021.11.22 21:25:49

スリーピーススーツは、大人な男性の雰囲気を醸し出せるアイテム。ふだんのツーピーススーツが、ベストを加えたスリーピーススーツに替わるだけで一気に大人の魅力が増します。


しかし、初めてスリーピーススーツに挑戦する際には「どうやって着こなせば良いか分からない」といった悩みが生じることが多いでしょう。


そこで今回は、スリーピーススーツをおしゃれに着こなすコツをご紹介します。

スリーピーススーツの特徴

スリーピーススーツとは、全て同素材・同色のジャケットとパンツ、ベストがセットになったスーツスタイル。全てが同じ生地で作られているため、「三つ揃え」と呼ばれることもあります。


3つのうち、どれか1つでも別の生地で作られている場合はスリーピーススーツとは言いません。


もともとスーツといったらスリーピーススーツが基本だったのですが、今ではジャケットとパンツが同一生地で仕立てられたツーピーススーツが主流となりました。


しかし、スリーピーススーツはイギリスをはじめ、多くの国々で正統派のスーツスタイル。イギリス紳士を思わせる、格式高いクラシカルな雰囲気を醸しだします。

スリーピーススーツの魅力

立体感が出る


ベストを着用するとVゾーンに立体感が出て胸板に厚みが増し、たくましく見せることができます。Vゾーンの立体的な視覚効果は頼もしさ、大人の男性の品格を演出できます。


特に体の線が細い方は、ベストを着用することで胸に厚みをもたせられるため、スリーピーススーツが非常にオススメです。


防寒になる


ジャケットの内側にベストを着用するため防寒になり、肌寒い季節でも快適に過ごすことができます。特に肌寒くなってくる秋口は、コートを着る季節ではありませんので、スリーピーススーツがピッタリ。室内で暑さを感じたら、ベストを脱ぐことで温度調整することができます。


また、本格的に寒くなってくる冬は、コートだけでなくベストを着用することでさらにウォームアップが可能です。


ジャケットを脱いでも様になる


オフィスでデスクワークをする際、ジャケットを脱ぐ機会は多いかと思います。ツーピーススーツの場合はジャケットを脱ぐとワイシャツ姿になりラフな印象を与えてしまいますが、スリーピーススーツの場合はワイシャツにベストを着用している状態になるため、品がありキチンと感を演出できます。


ベストを着用していればジャケットを脱いでも様になり、周囲に与える印象も良くなるでしょう。


コーディネートの幅が広がる


スリーピーススーツが一着あるだけで、コーディネートの幅は格段に広がります。


スリーピーススーツは必ず3つ揃えで着なければいけない、というわけではありません。ベストを外してツーピーススーツとして着用することも、中のベストを替えて着るのもOKです。シーンや気分に合わせてコーディネートできるのはスリーピーススーツならではの魅力と言えるでしょう。

おさえておきたいベストの種類

ジャケットに「シングル」と「ダブル」があるのと同様に、ベストにもシングルとダブルがあります。ベストのデザインによって印象が大きく変わりますので、しっかり特徴を押さえておきましょう。


シングルベスト

ボタンが1列に配列されているシングルベストは、最もオーソドックスなタイプ。


シングルベストによって作られる、やや深めのVゾーンはクラシックな雰囲気を醸し出します。古典的なデザインは、スーツの着こなしの原点を感じさせるでしょう。


ダブルベスト

ボタンが2列に配列されているダブルベストは、クラシカルさ、アバンギャルドさを感じさせます。シングルベストに比べてモード感を演出できるため、今風な着こなしをしたい方にオススメです。


ラバルドベストシングル

ラバルドベストシングルは、シングルベストに襟がついたタイプ。


シングルベストに襟がついていることにより、ノスタルジックな雰囲気を演出することができます。また、ジャケットを脱いでも、襟付きベストのおかげでキチンと感が出るためビジネスシーンとの相性は抜群です。


ラバルドベストダブル

ラバルドベストダブルは、ダブルベストに襟がついたタイプ。


重厚感のあるベストダブルに襟がつくことで、大人の男性らしい貫禄や信頼感をアピールできます。


関連記事:ベストは取り入れるべき戦力アイテム!オーダーメイドで作ってみよう

スリーピーススーツを着こなすコツ

自分の体型にあったものを着用する


スーツはサイズ感が最も重要ですので、スリーピーススーツにおいても、自分の体にフィットするものを選ぶようにしてください。


肩幅や着丈、袖丈などの基本的なサイズ感はもちろんのこと、特に注意したいのが「ベストの着丈」。


ベストの着丈が短いとシャツが見えすぎて不格好になり、長すぎるとシルエットが損なわれてしまいます。ベストの着丈は、ワイシャツやベルトが見えないくらいの長さにしましょう。


Vゾーンをきれいに見せる


ベスト着用による視覚効果を最大限に活かすコツは、Vゾーンをきれいに見せること。


前述した通りベストには体を立体的に見せる効果があるため、体の線が細い人は襟付きでVゾーンが浅めのベストを選んで胸板をより厚くみせましょう。反対に、ふくよかな体型の人は襟がなくVゾーンが深いベストを選べばスッキリとした印象を与えられます。


スーツの色・柄にこだわる


ビジネスシーンではネイビーやグレーなどのダークカラーがオススメ。柄はシンプルな無地が無難ですが、控えめなシャドーストライプでも良いでしょう。シンプルすぎて地味になるのでは、と思われるかもしれませんが、スリーピーススーツ自体が華やかな印象を与えますし、シャツやネクタイの合わせ方によっても様々なお洒落を楽しむことができます。


一方、カジュアルなシーンでは明るめの色や、ストライプやチェックなどの柄を選んでもOK。スリーピーススーツはカジュアルに仕上げても、クラシックなイメージを与えることができます。


ベストのボタンにもこだわる


ジャケットのボタンをすべて留めないスリーピーススタイルはベストのボタンがよく見えますので、ボタンにはこだわりたいところ。


既製品スーツであれば自分でボタンを付け替える必要がありますが、オーダースーツだと最初から自分好みのボタンをオーダーすることが可能です。


ネイビースーツには木目調やブラウン、水牛ボタン。グレースーツにはブラックや濃いブラウンのボタンを合わせるのがオススメです。

スリーピーススーツにはどんな小物を合わせる?

スリーピーススーツに合わせる小物は、ブラックやブラウンが基本となります。


靴については、つま先に横一本の直線が入ったデザインの「ストレートチップ」、つま先に装飾のないデザインの「プレーントゥ」がよくマッチします。


ベルトは革靴の色に合わせることで、統一感が出てスッキリとまとまります。


また、プライベートなシーンでは帽子やカフスを取り入れたり、チェックなどカジュアルな印象を与えるシャツやネクタイを合わせたりしてお洒落を楽しんでも良いでしょう。


関連記事:スーツに合わせる靴の正しい選び方とは?必見!スーツ×靴のコーディネート

スリーピーススーツは着用シーンに注意

スリーピーススーツは就職・転職活動の場やお葬式では着用NGとなっていますので、注意が必要です。


相手に与える印象が大切な就職・転職活動では、スーツのマナーが重要。スリーピーススーツは大人っぽさを演出しますが、「偉そう」といった印象を与えかねません。就職・転職活動では見られることを意識したスーツスタイルで面接に臨むようにしましょう。


お葬式については喪服(ブラックスーツ)を着用するのが基本となっており、スリーピーススーツは相応しくありません。


ベストを着用することで格式が高くなるので、スリーピーススーツを着用すると喪主よりも参列者の方が格式の高い装いになってしまいます。喪主がベストを着用する分には問題ありませんが、それ以外の方はベストの着用は避けましょう。

スリーピーススーツのよくある質問

春や夏にスリーピーススーツを着用しても良いのですか?


スリーピーススーツは秋冬のイメージが強いため、春夏に着用しても良いのか悩む方は多いかもしれません。


結論から言うと、春夏にスリーピーススーツを着用しても問題はありません。


春は暖かい日が増えてきますが、肌寒い日もあります。そんな時にスリーピーススーツを着ていれば、ベストの着脱によって温度調整をすることができます。


室内と室外の温度差が激しい夏も同様にベストの着脱で温度調整することができるため、スリーピーススーツは秋冬だけにとどまらず、オールシーズン着用できる優れものです。


ベストのボタンに留め方はありますか?


ジャケットやベストを着用する際には1番下のボタンは外すのが基本という「アンボタンマナー」があります。


スリーピーススーツを着用する際はジャケットのボタンは全て外し、ベストは1番下のボタンを外すようにしましょう。

まとめ

イギリス紳士のような品格と威厳を連想させるスリーピーススーツは、大人の魅力を上げるアイテム。


結婚式などのフォーマルはもちろん、カジュアルなシーンにもマッチし、一着持っていればコーディネートの幅が格段に広がります。 スリーピーススーツで大人の雰囲気を演出し、周囲と差をつけましょう。

あなたもDIFFERENCEの
カスタムオーダーを
体験してみませんか?

DIFFERENCEをはじめる

STYLING GUIDE

スタイリングガイド
VIEW MORE