現在の最短発送日 ----
STYLING GUIDE

ネクタイの結び方やネクタイの種類スーツの合わせ方について(2/2)

img

監修:石川佳宏(青山店 エリアマネージャー) / 投稿日時:2018.12.17 16:25:07

ネクタイの結び方を紹介します。また結び方ごとの印象の違いや、結び方の使い分けの方法をご紹介します。ネクタイの結び方は、スーツ全体の調和がポイントとなっています。そのため、ネクタイの種類の解説と、種類ごとにオススメの結び方、シャツ(襟型)との合わせ方に付いて紹介します。

4つの結び方の違い

ネクタイの結び目は下記の結び方の順に、大きさが変化します。

プレーンノットノット < ダブルノット < セミ・ウインザーノット < ウインザーノット

ノットとネクタイ幅に対してのシャツ・ジャケットの関係


ネクタイの結び目の大きさ … シャツの襟の高さや開き具合に合わせる


ネクタイの太さ … ネクタイの大剣部分の太さに合わせる


近年の紳士服のデザインでは、以前ほどシャツの襟腰は高くありません。そのためネクタイを結ぶ時は、プレーンノットなど、結び目が比較的小さな仕上がりになる結び方のほうが、バランスが良くなります。また大剣の幅は、ジャケットの襟(ラペル)の幅と合わせて選ぶとバランスが良くなります。


 


ネクタイの合わせ方に垢抜けない印象を覚えるときは、お手持ちのシャツやスーツに対して、ノットの大きさと・ネクタイの太さを意識してみると良いでしょう。


近年の紳士服のデザインでは、以前ほどシャツの襟腰は高くありません。そのためネクタイを結ぶ時は、プレーンノットなど、結び目が比較的小さな仕上がりになる結び方のほうが、バランスが良くなります。また大剣の幅は、ジャケットの襟(ラペル)の幅と合わせて選ぶとバランスが良くなります。


ネクタイの合わせ方に垢抜けない印象を覚えるときは、お手持ちのシャツやスーツに対して、ノットの大きさと・ネクタイの太さを意識してみると良いでしょう。

ネクタイをかっこよく締めるにはディンプルを意識しましょう。ディンプルとは、ネクタイを結ぶときに作るくぼみのことを刺します。


 


ディンプルがあると、ネクタイが引き締まってスタイリッシュな印象を与えます


 


葬儀・法事の際はディンプルを作るのはNGとなりますので、注意しましょう。

【番外編】アスコットタイ

アスコットタイは、元々モーニングコートに合わせるためのネクタイでした。現代では、モーニングコートのみ ならずディレクターズスーツなどにも合わせられます。またエレガントな印象やおしゃれさを与えるネクタイなので、パーティーシーンや普段着のジャケットスタイルにも合わせられます。


 


シャツはウィングカラーの他、様々な衿型に合わせられます。

アスコットタイの結び方

1. 片方を眺めに取り、長めに取った方を上に重ねます。

2. 上に重ねたほうをぐるっと一周させます。

3. 交差した内側を通します。

4. 結び目を整えます。

5. 上側(短い方)を持ち、下側(長い方)を下から上に通します。

6. 下から上に通して、長い方を手前に持っていきます。

7. シャツの中に入れて形を整えたら完成です。

【ネクタイの種類】ネクタイの種類と合わせ方

ジャガードタイ(ダービータイ)

最もメジャーなネクタイ。「ダービータイ」とも呼ばれています。「ダービー」という言葉は、英国貴族のダービー卿が、競馬を楽しむ際に着用したことに由来します。


 


大剣の幅は7~9cmあり、ジャガード織という生地が織物のネクタイです。


一般的なネクタイのため、普段のスーツやプレゼントにも選びやすいネクタイです。


ジャガードタイはノットが大きくなりやすいので、襟の高いシャツとあわせたり、結び方をプレーンノットにしたりすると、綺麗に着こなすことができます。

ナロータイ

大剣の幅が6~7cm以下の細身のネクタイ。


ナロータイを締める際には、スーツとの選びに注意が必要です。幅が細いので、スーツの下襟(ラペル)も細身のものを選ぶと、バランスが良くなります。


 


結び方もノットが大きいものを選ぶと、バランスが良くありません。そのため、プレーンノット・ダブルノットなどノットが小さいものにするとスマートな印象となります。


 


職場にもよりますがビジネスシーンには不向きなため、パーティーやプライベートな場での着用がおすすめです。

ニットタイ

ニットで織られたネクタイ。ざっくり編まれた生地感が特徴的です。


 


季節を問わず使えるシルクも便利ですが、春夏はコットン、秋冬はウールと素材を使い分けると、ファッションのアクセントとなります。


こちらも職場によりますがビジネスシーンには不向きなため、プライベートな場での着用に向いています。


 


ジャガードタイなどとは違い、スクエアエンドという、水平にカットされたデザインが多いです。

フレスコタイ

軽く、爽やかな印象があるため夏のネクタイとしておすすめのネクタイです。


 


フレスコ織という隙間のある網目状の生地が使い、その隙間から黒く染めた芯地(生地の内側で衣類の形状を保つために使われる生地)が透けて見えるデザインとなっております。


 


イタリア語で「フレスコ」とは、「涼しい」「新鮮な」という意味があります。

リネン混

同じく夏におすすめのリネンタイ。


日本で代表的な麻、「リネン」が使われています。清涼感のある素材で、通気性・吸水性が高い、夏らしいネクタイです。


 


リネンタイを締める際、結び目にシワがつくととれなくなってしまうので、結び直しをするときには注意が必要です。


 

ウールタイ

秋冬におすすめのネクタイです。


ウール100%の物もあればシルクと混紡している場合も多いです。ウールタイを着用する際は、スーツをフランネル生地やツイード生地のものにすると、季節感のある装いとなります。


 


ノットが大きくなりやすいので、締め方はプレーンノットやダブルノットが向いています。

セッテピエゲ

1枚の生地を7つに折って作るという伝統的なネクタイの製法を使用した、高級なネクタイです。セッテピエゲは、イタリア語で7つ折りという意味があります。


 


生地を折って作る分、厚みが出て重厚感があります。洋服好きな方、高級なものを身につけたい方におすすめです。

ボウタイ(蝶ネクタイ)

ボウタイは蝶結びに結んだネクタイのことです。


パーティーシーンなどの着用に向いています。


 


タキシードの場合は、ブラックタイ、イブニングコートの場合はホワイトタイと表記されます。

アスコットタイ

アスコットタイは、競馬の観戦の時に貴族たちが着用していたタイで、ネクタイの原型に1番近いものです。


 


主にフォーマルなシーンで使われますが、普段のファッションから首元をエレガントに彩ることもできます。また秋冬に首元に巻くと、暖かくおしゃれです。

この記事は、


ネクタイの結び方やネクタイの種類スーツの合わせ方について(1/2)の続きです。

あなたもDIFFERENCEの
カスタムオーダーを
体験してみませんか?

DIFFERENCEをはじめる

STYLING GUIDE

スタイリングガイド
VIEW MORE
アプリをダウンロード: appstore googleplay
アプリを
ダウンロード
1 2 3 4 5 6 7 8 9 0