現在の最短発送日 ----
STYLING GUIDE

スーツ生地をプロが解説!生地選びのコツと種類・おすすめブランドをご紹介!

img

監修:石川佳宏(青山店エリアマネージャー) / 投稿日時:2018.12.13 18:21:14

オーダースーツをつくる際に悩んでしまうのがスーツの生地選び。たくさんの素材や生地ブランドのなかからどう生地を選べばよいか、悩む方も多いのではないでしょうか?

 

今回はプロのテイラーが、スーツ生地を選ぶコツからおすすめのスーツ生地まで紹介致します。生地選びのポイントを理解して、自分にピッタリのオーダースーツをつくりましょう。

スーツ生地は大きく3つの産地に分けられる

毛織物つくりは、きれいで豊富な水が不可欠です。なぜなら、原毛を糸にして生地を織るためには大量の水で洗う必要があるからです。そのため産地は、水が綺麗な場所に集まります。


スーツ生地は産地によっても特徴が異なります。産地ごとの特徴を理解すると、自分にあった生地を選べます。

イタリア・イギリス・日本 3か国のスーツ生地のちがい

毛織物産地としてよく比較されるのがイタリア・イギリス・日本の3か国です。各国の代表的な産地と生地の特徴をご紹介します。


 


・イタリア


代表的な産地はビエラです。横糸に単糸(糸が1本のみ)を使った生地が多く、柔らかく


滑らかな生地感です。また見た目と発色が良い特長があります。しかし、他の産地と比べる生地の強度はやや弱い傾向です。


 


 


 


・イギリス


代表的な産地はハダースフィールド。生地を双糸(糸を2本よったもの)同士で織り上げます。ハリコシがあり、厚く硬めの生地が特徴です。イギリスは寒い地域の国なので、防寒効果のある生地が好まれている傾向です。


 


・日本


代表的な産地は尾州。尾州とは現在の愛知県西部にあたり、尾張の国の通称名です。コシが強く、厚手の生地が特徴。耐久性もあるので長持ちします。日本のスーツのルーツはイギリスのため、生地の特徴はイギリスに近いです。

【基本情報】生地タグ(織りネーム)は、どの様に見ればよいか

生地タグとは


生地タグとは、生地の産地・ブランドが記されたタグのことです。生地を選ぶとき、生地の基本情報は生地タグにまとめられているので、生地に関する情報はこのタグを見て判断します。

生地タグの見方


生地タグには、一般的に上記写真の順番で上記の4つのことが書かれています。生地の産地やブランド名を把握するために必要な情報なので、確認しておきましょう。

生地タグに記載されているブランドロゴの「ミル」と「マーチャント」の違い


「ミル」と「マーチャント」はどちらも生地ブランドを指しますが、生地ブランドの形態にちがいがあります。


 



「ミル」… 織元、自社で生地を織っている


「マーチャント」… 毛織商社のこと。生地は作らず、織元から生地を購入する



 


生地タグに記載されているブランドロゴはこの「ミル(織元)」「マーチャント(毛織商社)」を指しています。「マーチャント」の場合、毛織商社の名前のみの記載となり、生地を織った織元は載りません。

【詳しく知りたい方へ】生地タグでの素材・糸・織り方の見方

お店によっては生地タグだけでなく、素材や使われている糸に関する情報を別で載せていることがあります。そのなかから、Super表示・目付・番手についてみていきましょう。

Super(スーパー)表示

Super表示とは、ウールのみに使われる、原毛の総合的な品質ランクです。ウールの原毛は、細く・長く・ちぢれが多いと品質が高いとされています。ここで注意したいのは、Super表示は糸の太さではなく、糸に使われている「原毛の細さ」を表しているということ。


 


Super90‘sが19ミクロン、Super100‘sが18.5ミクロンというように、Super表示の単位が10上がるごと、原毛が0.5ミクロン細かくなります。原毛が細かくなるほど、1本の糸をつむぐとき、必要な原毛が多くなるので、Super表示の数字が大きいと生地が高価になる傾向が高いです。

目付・番手

目付・番手は生地の重さと、どんな糸で織ったのかを示しています。


 




260g/m…1mあたりの重さ


2/66 (たて糸)×1/60(よこ糸)…たて糸・よこ糸をどんな太さの単糸(糸が1本のみ)・双糸(糸を2本よったもの)で織っているか



 


糸の太さと種類は「2/66」「1/60」という表示でわかります。分母の66・60という数字は番手と言い、使われている糸の太さです。分子の1は単糸・2は双糸を表し、例の織り方は66の太さの双糸と60の太さの単糸で織られた生地となります。糸は双糸同士で織ると丈夫さが増し、単糸で織ると生地の色が鮮やかです。


 


どのような糸や織り方がされているかがわかれば、生地の丈夫さ・光沢感なども知ることができます。これらの知識は少し専門的ですのでテイラーへ要望を伝え、適宜選んでもらうのが良いでしょう。

スーツ生地の代表的な織り方

スーツ生地は産地・原毛・糸の種類はもちろん、その生地の織り方でも風合いが変わります。ここでは代表的な3つの織り方とその特徴を紹介します。


平織


たて糸とよこ糸が1本ずつ交差する、基本的な織り方。丈夫でシワになりにくく、実用的な織物に使われることが多いです。ツヤが出にくいですが、また通気性がよく夏物に使われます。


 


綾織


たて糸・よこ糸を2~3本交差させることで、糸の織り目が斜めになる織り方。この斜めに並ぶ織り目を「斜文線」と呼びます。平織に比べると滑りと光沢があり、柔らかい感触で、伸縮性もあります。


 


繻子(朱子)織り


たて糸・よこ糸のどちらかが5本以上で、糸の交差する点が上下左右で隣り合わないよう織られている生地のことです。滑らかで光沢がでる織り方で、サテン生地などに使われます。糸の交差が少ないため、シワや型崩れしやすい一面もあり、日常使いの服よりはフォーマルな場などに使われることが多いです。

スーツ生地の選び方とは、チェックの仕方・基準について

生地を確認するうえで大切なことは「光沢」「柔らかさ」「ストレッチ性」の3つです。1つずつ見ていきましょう。

光沢

生地を手に持ち、どのような光沢がでるか見てみましょう。テーブルに置いたままだと、実際に着てみたらかなりテカテカしていた、ということもあります。普段スーツを着るときと同じくらいの明るさの場所でチェックできるとなおよいでしょう。

柔らかさ

スーツ生地をつまみ、柔らかさを確認しましょう。感触が柔らかいものはいい生地の証拠です。

ストレッチ性

伸縮性がないために着心地が窮屈ということがないよう、ストレッチ性も確認しましょう。仕立てるスーツの用途に合わせて、伸び具合を考えておきます。


 


この3つのポイントは、スーツに仕立てた際の見た目・着心地につながります。自分で手に取って生地感を確認しましょう。ちなみに高価な生地はこの3つのポイントに加え、「手触りが良い」「発色がよい」といった特徴があります。お店に行った際に実際に手に取ってみて、生地の特徴を比べてみましょう。

体に生地を当てて確認する

仕上がりをイメージするために、体に生地を当てるなど立体的な見え方の確認も欠かせません。テイラーに生地を当ててもらってチェックをします。肌と色味の相性を確認しておきましょう。

高級スーツ生地の特長とは

Supers表示の数字が高いものや、良い素材を使用し手間暇かけた生地は、価格としては高くなりやすいです。また人工素材(ポリエステルなど)よりも天然素材(シルク、モヘアなど)を使った生地の方が高い傾向があります。

季節でも変わる!おすすめスーツ生地6選

スーツ生地の素材にも様々なものがあります。春夏・秋冬、季節ごとにおすすめしたいスーツ生地を紹介します。

【春夏】におすすめの生地3選

平織の春夏を代表する生地。薄くて軽く、*しゃり味のある生地が特徴です。


さらに平織をすることで通気性がよく、丈夫な生地となります。春夏のシーズンに登場する生地です。


 *しゃり味…見た目がさらっとしており、肌にベタつかない肌触りで、涼し気に見える生地の様子を指して言うときのファッション用語。

強撚糸を2本より合わせた糸を使い、平織で織られた生地。


ザックリとした肌触りで、ハリコシが強く、丈夫です。また平織で織るのに加えて太い糸で織るため、糸同士の間にすき間が生まれ、通気性に優れています。

サラッと清涼感のある着心地。リネンの繊維はストロー状のため、中に空気を含み断熱効果を生み出します。


 またリネン独特の節が見た目にも涼しい生地。日本では明治・大正時代のころから愛用されている夏の素材です

【秋冬】におすすめの生地3選

暖かみのある生地感が人気のフランネル。厚手でしっかりした生地と、フェルトのような風合いの生地感が特徴。保温性が高いうえに軽いため、秋冬にぴったりの生地です。

平織または綾織でメルトン仕上げを施した生地。ドイツのザクセン地方のメリノウールを使用した織物を指します。


 しかし、近年は他のメリノ種のウールも使用します。フランネルより薄手な柔らかい手触りの秋冬の生地。一般的によく使われる素材のため、無地の生地が多く仕上がりもオーソドックス。

「シャークスキン」という名前は、サメの皮のように斜めに細かいジグザグの柄を指しています。たてよこ別々の糸を使い、綾織で織られています。生地の織り目や柄をはっきり見せた織り柄が特徴的な生地です



季節ごとでサイズ感を変えるとより快適に


スーツ生地は、春夏は平織、秋冬は綾織の生地が多いです。スーツ生地はその織り方や混紡される素材でストレッチ性が若干変わります。


 


一般的には綾織の方が、ストレッチ性があり、リネンやシルクを混紡(種類の違う繊維を混ぜて糸にすること)した素材はストレッチ性が少なくなります。


 


ストレッチ性を考慮せずに仕立ててしまうと、ベストなサイズ感にならないこともあるので仕立てる際には注意が必要です。

春夏・秋冬別!ディファレンス人気ブランド ベスト3

最後にディファレンスで人気のスーツ生地ブランドを、春夏・秋冬ごと紹介します。プロのテイラーもおすすめの生地なので、スーツ生地選びの参考にしてみてください。

【春夏編】ディファレンスで人気の生地ブランドベスト3

1、NEWZEALANDWOOL(ニュージーランドウール)

全世界のメリノ生産量の内、約2%しかない希少なニュージーランド産ウールを使用した生地です。


 


通常の生地に比べ、ニュージ-ランドメリノの特徴はソフトさを保ちつつ、ハリ、コシ、発色性の良さが優れた生地です。


 〈テイラーのおすすめポイント〉


美しい発色でシワになりにくく、ビジネスマンにも扱いやすい生地です。初めてのオーダースーツにおすすめ。

2、Tollegno(トレーニョ)

エキストラファインウールを使用した2/1サージ組織のスーツ素材です。ライトウェイトで通年着用可能なスーツに仕上がります。


 


Tollegno社独自のフィニッシュ技術により、光沢加工を施した、高級感のある仕上がりになっています。


 


〈テイラーのおすすめポイント〉


ネイビーのなかにブラックを取り入れた、大人っぽくエレガントな生地です。ビジネスからセレモニーまで、様々なシーンで使えます。

3、Marzotto(マルゾット)

マルゾット社は数あるイタリア生地ブランドの中でもトレンドをコレクションに組み込むのが最も早いブランドとして有名です。


 


見た目でのトレンド性だけではなく、素材についても細番手によるナチュラルな光沢とストレッチ性も兼ね備えた欲張りなテキスタイルです。


 


〈テイラーのおすすめポイント〉


手持ちに加えると、一気にカラーバリエーションが広がる生地です。ベーシックなスーツをすでに何着かもっている方へ、おしゃれスーツとしておすすめ。

【秋冬編】ディファレンスで人気の生地ブランドベスト3

1、PTT STRETCH(ピーティーティーストレッチ)

ポリエステルにPTT繊維を使用したストレッチ素材になります。


 


PTT繊維は通常のポリエステルより柔らかく、風合いやしなやかさも良くなっています。


 


〈テイラーのおすすめポイント〉


オーダーらしいチョークストライプを、リーズナブルな価格で仕立てられます。混紡生地ですがストレッチ性があり、使いやすいです

2、Tollegno(トレーニョ)

イタリア、Tollegno社のエクストラファインウールを使用し適度なハリとコシがある素材です。


 


比較的しっかりした生地でありながら、クリアーな艶感が特徴です。


 


〈テイラーのおすすめポイント〉


個性的ではありませんが、一着あると安心な色柄の生地です。スーツに仕立てれば、必然的に着用回数も多くなるでしょう。

3、CANONICO SUPE120’S(カノニコ スーパー120)

トレンド感があるスリーピースやダブルブレストで仕立てると雰囲気が出る生地です。


高品質の2/74双糸を使用し、風合いと素材の良さ、肌触りに関しても大変優れています。


 


〈テイラーおすすめのポイント〉


オーダー上級者向けではありますが、仕立て映えする生地のため、いくつかお手持ちのスーツが増えた際には挑戦したい生地です。

価格ではなくあなたの「目的」応じたピッタリの生地を見つけましょう!

スーツ生地は多くの素材やブランドがあり、組み合わせることで高級なスーツを仕立てることも可能です。しかし、本当によいスーツは高い生地を選ぶだけではいけません。最も大切なことは「あなたのスーツを着る目的にあっているかどうか」です。


 


スーツを着る目的はビジネス・パーティー・プライベート用など、多岐にわたります。また細かく見ると、着用頻度や移動の有無が変わります。


上質な素材・柄・ブランドも、スーツ生地選びの楽しみの1つです。しかし1番は、自分がスーツを着たいシーンに合わせて、心地よく着られるかということ。値段やブランドロゴに惑わされず、自分の目的にあった生地を選びましょう。


 


生地を選ぶ過程からはじめるとスーツを選ぶ幅がぐっと広がります。今よりもスーツをもっと楽しみたいという方は、ぜひオーダーをして、生地選びから楽しんでみてください。


◆◆「お客様の声はこちら」 ◆◆
◆◆「よくある質問はこちら」 ◆◆
◆◆「ショップ一覧はこちら」 ◆◆

あなたもDIFFERENCEの
カスタムオーダーを
体験してみませんか?

DIFFERENCEをはじめる

STYLING GUIDE

スタイリングガイド
VIEW MORE
アプリをダウンロード: appstore googleplay
アプリを
ダウンロード
1 2 3 4 5 6 7 8 9 0