現在の最短発送日 ----
STYLING GUIDE

レディーススーツを実際にオーダーして
オーダーの流れとポイントを解説!

投稿日時:2018.10.02 21:47:09

レディーススーツを購入する際、気に入ったデザインや、体型にぴったりなスーツが、既成品で見つからないという経験があるのではないでしょうか。そんな時は、レディーススーツをオーダーしてみませんか?オーダーは意外と簡単に、しかも気軽にできるんです。

今回は、レディーススーツを実際にオーダーし、オーダーの流れを解説致します。またプロのテイラーのアドバイスを元に、満足できるレディーススーツのオーダーのコツや、オーダー前日までに知っておきたポイントを解説致します。

オーダースーツの完成まで流れとは

レディースのオーダースーツといっても完成までの流れはメンズと同様です。主に以下の流れで、オーダーします。



予約


ヒアリング


生地選び


デザイン選び


採寸


オプションやディテール選び


注文内容の確認


納品


今回は以下の注文者が、実際にレディーススーツのオーダーをしました。


注文者プロフィール



20代後半女性 


東京都/IT企業 会社員


身長160cm


体重47Kg


体型の悩み ウエストとヒップのバランス


ウエストの割にヒップにボリュームがあるため、ウエストとヒップ双方にフィットしたパンツが見つかりにくい


その他 仕事は私服スニーカー/Tシャツなどカジュアルなスタイル可だが場に応じて、打ち合わせなどに着ていけるようなカジュアルなレディーススーツが欲しい



注文者の実際のオーダーの様子を元に、レディーススーツのオーダーの流れを解説致します。



予約(予約~来店までに決めておきたいこと)

予約


 


オーダースーツは、採寸や生地を選ぶ時間が必要ですので、予約が必要です。まずはオーダーしたい店舗に予約をし、オーダー日を決定します。お近くの店舗を予約しましょう。


DIFFERENCEではアプリから簡単に予約が可能です。(お電話も対応しています。)


今回はアプリで、近くの店舗DIFFERENCE青山店を選択しました。

またアプリで予約をすると簡単なカウンセリングシートがあるので、当日、作りたいイメージを選択形式で回答できます。選択するだけなので簡単です。作りたいスーツのイメージが湧きやすいです。


またはイメージと近い写真をアップロードすることもできます。


来店日までに考えておきたいこと


 


予約後~来店日までには、作りたいスーツのイメージをふくらまします。


レディーススーツをオーダーする場合、以下の2点を考えておくとスームズにオーダーができます。


 



・使用目的を決めておく


・作りたいスーツをイメージしておく



 


レディーススーツはメンズスーツのように明確なルールや規定がありません。そのため、使用目的や作りたいスーツの雰囲気・デザインを簡単に、イメージしておきましょう。


 


今回のイメージ



カジュアルかつスポーティーな印象にしたい


スポーツ庁が推奨している「ファンアンドウォーク」を意識したスニーカースタイル


既存のライトベージュのスニーカーに合うよう、色はライトグレーのスーツにしたい



 


今回は上記のようなイメージを持っていきました。これくらい抽象的なイメージでもOKです。

ヒアリング 来店当日テイラーと相談しておくべきこと

今回の担当テイラー オーダースーツ歴10年の三原 明沙子(みはら あさこ)さん


女性のテイラーさんなので、体型についても相談がしやすい


 


予約日当日、担当テイラーさんと作りたいイメージを話し合います。予約日までに考えてきた、使用目的と作りたいデザインのイメージを伝えます。


 


「イメージを具体的に持っていない」もしくは「伝えるのが苦手」という方も、ご安心下さい。テイラーさんが様々な質問をしてくださります。今回ヒアリングしてくださった内容と回答をご紹介します。


 


ヒアリングの主な内容/今回の回答






























使用目的



仕事は私服でOKだがたまに打ち合わせなどで着たい



スタイル



スニーカースタイル



イメージ



明るい色味とデザインでできるだけカジュアルな印象にしたい



パンツまたはスカート



パンツ



色や生地のイメージ



ライトグレー



ジャケットの下は何で合わせるか



Tシャツ



 


通勤手段はこちらから話していなくても「自転車通勤手段ですか?」と聞かれました。「そのとおりです」と回答すると、では「ストレッチ性がある生地の方が良いかもしれませんね」とアドバイスいただきました。


 


このような会話の流れから、イメージを実現できるスタイルや生地を提案してくれます。オーダーが初めて、そもそもスーツ初心者という若年層の社会人でも安心です。

生地選び

ヒアリングが終わったら生地選びです。生地選びは、オーダースーツならではの体験といっても過言ではないですよね。

DIFFERENCEでは、スーツ生地は常時約160種類揃えています。これほど多くのスーツ生地を見て、実際に触れられて選べるというのは、貴重な体験ですよね。


 


しかし、生地の状態を見ただけでは、出来上がりがイメージできないという方も多いと思います。そんな方はご安心下さい。選んだ生地の出来上がりイメージをiPadで確認できます。

また実際に体にまとわせていただいて、肉眼でも確認できます。


実際に羽織ってみると、また印象が変わります。自分の肌のトーンに合った色かどうか、イメージに近いかどうかが確認できるので、安心して選べます。

今回はこちらの生地を選択しました。



SUPER110'S


 【春夏生地】原毛にSuper110'Sの非常に細いものを使い、光沢、柔らかさや、しなやかさに優れた生地です。撚糸、織り、整理の各工程でイタリアの技術を使い、さらにドレープ感のある風合い、素材の光沢感、ストレッチ性が増しています。(スーパー110'S=18マイクロン)


シルエット選び オーダーする際参考にしたいレディーススーツの基本形

ジャケット編


 


レディーススーツのジャケットには、「Iライン」「Xライン」「ボックスシルエット」と呼ばれる、基本となる3種類のシルエットがあります。

シルエットによって、与える印象が異なっています。

Iライン


Iラインは、アルファベットの「I」のように、直線的なラインをしている全体的に細めのシルエットです。


脇のラインを出さないため縦のラインが強調され、スタイリッシュな印象を与えます。タイトなパンツやスカートと合わせて洗練された印象を演出できます。

Xライン


Xラインは、くびれを強調するシルエットです。ウエストを絞って、メリハリをつけて、くびれたラインを見せます。


女性らしい印象が与えられるシルエットです。ボリュームを持った裾広がりのスカートなどに合わせやすいという特徴があります。

ボックスシルエット


ボックスシルエットは、脇から裾にかけてストンと落ちた寸胴型のシルエットです。全体的に四角(ボックス)のように、ウエストにくびれがありません。


 


ボックスシルエットは、ルーズ/カジュアルな印象を与えます。スニーカースタイルなど、カジュアルな印象を与えたい時に合わせやすいジャケットのシルエットです。

今回は、スニーカースタイルでカジュアルな印象にしたいことを踏まえて、ボックスシルエットを選択しました。ノーカラーでスーツっぽくないところが特徴です。


このように実際に着てみて選べるので、ファッションに詳しくない方でも安心です。

ボトムス編


次にパンツのシルエットを決めていきます。スニーカーは私物のものを履いて行きました。私は普段、パンプスを履きませんが、念の為パンプスの場合も確認させていただきました。


 


どれくらい裾丈を短くしたいか、どれくらい裾幅を絞りたいか、相談しながら調整していきます。

次にパンツのシルエットを決めていきます。スニーカーは私物のものを履いて行きました。私は普段、パンプスを履きませんが、念の為パンプスの場合も確認させていただきました。


 


どれくらい裾丈を短くしたいか、どれくらい裾幅を絞りたいか、相談しながら調整していきます。

今回は合わせたいスニーカーを履いて行ったので、スニーカーの大きさと、足首の太さのバランスを見ながら調整していただきました。念願の、スポーティーな印象が実現できました。

採寸

あなたもDIFFERENCEの
カスタムオーダーを
体験してみませんか?

DIFFERENCEをはじめる

STYLING GUIDE

スタイリングガイド
VIEW MORE
アプリをダウンロード: appstore googleplay
アプリを
ダウンロード
1 2 3 4 5 6 7 8 9 0