現在の最短発送日 ----
STYLING GUIDE

就活を始める人へ!オーダースーツを作っておくと便利な理由をご紹介

img

監修:石川佳宏(青山店 エリアマネージャー) / 投稿日時:2018.08.16 15:09:36

大学3年生になると、そろそろ就活のことが頭をよぎる時期です。早い場合は夏頃からインターンシップに参加する人もいるでしょう。就職説明会や面接などでリクルートスーツを着用する機会も増えてきます。リクルートスーツは価格の安い既成品を購入する人が多いようですが、質の良いオーダースーツを1着持っておくと何かと便利です。リクルートスーツをオーダーメイドするメリットやオーダー時のポイント、注意点などをまとめました。

そもそもリクルートスーツの定義とは

リクルートスーツは、主に就活時に学生が着用するスーツのことです。大手のスーツ量販店が大々的にリクルートスーツを売り出しており、一般的にはブラックやダークネイビーのスーツを指します。社会人が着用するビジネス用スーツに比べて生地は薄く、耐久性は低めです。そのかわり、大量生産による価格の安さや、自宅で水洗いできる生地の使用など、学生でも気軽に購入できる作りになっています。厳密にいえば、リクルートスーツのハッキリとした定義はありません。ブラックやダークネイビー以外のスーツを着てはいけないという決まりもありません。


ただ、周囲の就活生とあまりにも違うスーツは、悪目立ちしてしまう可能性があります。就活におけるリクルートスーツのポイントは清潔感と若々しさです。量販店で売っているリクルートスーツは、若い年代の学生に合うようなシルエットやデザインになっています。安い価格設定になっているのも、複数のリクルートスーツをローテーションで着用できるようにするためです。面接官に良い印象を残すのは重要ですが、悪い印象を与えないように一般的な定義から外れたスーツは選ばないようにしたほうが良いでしょう。合わせるネクタイも、エンジやブルーなど、誠実さや若々しさを表現できる色を選ぶのがおすすめです。

1着持っておくと便利!ブラックスーツ

学生にとって使いやすいリクルートスーツですが、できれば1着はオーダーメイドでブラックスーツを作っておきましょう。せっかく購入したスーツですから、できれば長く着続けたいものです。ブラックスーツはリクルートスーツの定番で、ビジネスシーンでも大いに活用できます。しかし、安いブラックスーツは見栄えの点で劣ります。就職して1年目はまだしも、2年目、3年目と経験を積んだら、社会人のたしなみとしてそれなりに質の良いスーツを着用したいところです。


就活時にオーダースーツを作っておけば、就職する前に慌てて複数のスーツをそろえる必要はありません。就活時に1着、就職前に1着、衣替え前に夏用スーツを1着というように、お金を貯めながら少しずつそろえていけます。質の良い生地を使ったブラックスーツなら、冠婚葬祭の略礼装としても着用可能です。安いスーツの生地はポリエステルが多く配合されており、着ているうちに生地にテカりが出たり白っぽく見えたりしてしまいます。ウール100%のブラックスーツなら、日頃のケアさえしっかりしていれば長持ちします。


ただし、繊細な生地は破れやすい傾向にあるので、動き回る就活には不向きな面もあります。就活では思った以上にスーツを着る機会が多くなるので、リクルートスーツは複数用意しておくほうが良いです。1着ブラックスーツをオーダーしたら、もう1着はポリエステル混紡の生地を用意すると良いでしょう。

ダークネイビーのスーツは入社後も着回せる

ダークネイビーのスーツは程よい爽やかさが表現できるので、年齢の若い就活生におすすめです。ビジネス用スーツとしても定番の色なので、ぜひ質の良いダークネイビーのオーダースーツを作りましょう。ダークネイビーのメリットはさまざまです。就活時に作っておけば、社会人になったときに着回しができて便利です。オーダースーツなら採寸のうえジャストサイズで仕立て上げるので、見た目もバッチリ決まります。高品質なダークネイビーのスーツなら、新入社員として特に重要な清潔感や若々しさもしっかり表現してくれるでしょう。


ダークネイビーは合わせるネクタイの色選びが豊富にできるのもメリットです。同系色の水色を選べば爽やかな印象に、反対色のエンジなら落ちついた印象になります。ストライプやドットなどの柄も、スタイリッシュに決まります。革靴も黒やダークブラウン、キャメルなど選択範囲が豊富です。新入社員のうちは黒い革靴でオーソドックスに決める、社会人として年数を経たらダークブラウンの革靴で変化をつけるなどオシャレも楽しめるでしょう。リクルートスーツは社会人になってからのことも考えて購入すると、安物買いの銭失いにならずにすむのでおすすめです。

リクルートスーツをオーダーするときの注意点

オーダースーツで覚えておきたいのは、注文してからスーツが仕上がるまで日数を要する点です。一般的には、2週間から1カ月程度かかります。生地からディテールまですべて自分で選び、型紙をいちから起こすフルオーダーだと、1カ月半かかるケースもあります。ただし、フルオーダーは20万~100万円以上とかなり高額になるため、学生が購入するスーツとしては現実ではありません。


一方、既成の型紙を使うイージーオーダーやサンプル服を着用してサイズ調整をしていくパターンオーダーは、最短2週間程度で納品可能です。価格も数万円からオーダーできるので、オーダースーツはイージーオーダーかパターンオーダーがおすすめです。大学3年生の3月頃から企業エントリーが始まりますが、その前から合同説明会やインターンシップに参加したりOB、OG訪問をしたりする場合もあります。いつ頃から就活を始めるのか大体の検討をつけてから、その日に間に合うようにオーダーするようにしましょう。また、リクルートスーツは細身のシルエットを選んだほうがフレッシュでスマートに見えます。ワイドシルエットのスーツはクラシカルな雰囲気になるので、就活生には向きません。

オーダースーツで長く着回せる1着をゲット

長い人生のなかで見れば、就活の時期はそう長くはありません。就活が終わったあとの社会人生活のほうが、長く続きます。せっかくリクルートスーツを購入するなら、できるだけ長く着用できるスーツを持っておいたほうが、後々便利に活用できます。オーダースーツブランドのDIFFERENCEは、高品質でありながらフレッシュな学生にピッタリなリクルートスーツを作ります。ビジネス用スーツとしても兼用できますので、ぜひオーダーを検討してみましょう。


◆◆「お客様の声はこちら」 ◆◆
◆◆「よくある質問はこちら」 ◆◆
◆◆「ショップ一覧はこちら」 ◆◆


 

あなたもDIFFERENCEの
カスタムオーダーを
体験してみませんか?

DIFFERENCEをはじめる

STYLING GUIDE

スタイリングガイド
VIEW MORE
アプリをダウンロード: appstore googleplay
アプリを
ダウンロード
1 2 3 4 5 6 7 8 9 0