現在の最短発送日 ----
STYLING GUIDE

結婚式の装いはどうしよう!オーダースーツなら失敗しない

img

監修:石川佳宏(青山店 エリアマネージャー) / 投稿日時:2018.08.16 15:05:29

結婚式の装いといえばウェディングドレスという印象が強くあります。しかし、結婚式の主役は新郎新婦ですから、装いのバランスを取るために新郎の服装にも気を使いたいところです。一方、招待客も服装マナーを守って出席する必要があります。主役も招待客も、結婚式にはどのような装いがふさわしいのでしょうか。男性のおすすめの装いは、オーダースーツです。結婚式の服装マナーを押さえつつ、オーダースーツのメリットや注意点などを紹介します。

新郎はタキシードをオーダーするのもおすすめ

本来は夜の準礼装であるタキシードですが、日本では結婚式における新郎の装いとして定番になっています。タキシードを着用する機会はそうそうないので、式場や貸衣装屋などからレンタルする人は多いのではないでしょうか。近年は多種多様な礼服を用意している貸衣装屋も存在し、いろいろとコーディネートできるようになっています。ただ、型やデザインが古臭く見える、なんとなく安っぽい感じがするなどのデメリットも多いものです。礼服で一番意識したいサイズ感も、しっくり来ないケースが多々あります。人生の晴れ舞台で、デザインやサイズがイマイチな礼服を着るのは、なんとも悲しいものです。


その点、オーダーメイドならレンタルのデメリットは完全に解消できます。まず、プロのテーラーが採寸をするので、サイズ感がピッタリと決まります。そのときのトレンドを程よく取り入れつつ、センスの良い一着に仕上げられるでしょう。結婚式や披露宴の様子は、写真や動画で記憶と記録に残ります。あとから写真を見て「オーダースーツにして良かった」と思えるようなタキシードを作りましょう。結婚式で着用したあとのタキシードを、略礼装やビジネス用のスーツに仕立て直してくれるテーラーも存在します。一度着用してあとはタンスの肥やしになる、ということはありません。着心地や見栄えの観点からも、結婚式のタキシードはオーダーメイドにするのがおすすめです。

タキシードをオーダーする時の注意点

オーダーメイドといっても、デザインのセンスや格好良さ、価格などはテーラーやサロンによって異なります。レンタルよりオーダースーツのほうがメリットはあるとはいえ、実際に仕立ててくれるお店選びは重要です。まずは、複数のサロンやテーラーでカウンセリングを受けてみましょう。スーツの基本はもちろん、礼服に関する知識は豊富か、礼服の縫製に慣れているか、親身に対応してくれているかなどをしっかりチェックします。可能であれば、サロンやテーラーで仕立てたタキシードのサンプルを見せてもらいましょう。価格と出来栄えを確認して納得できたお店に依頼するのがおすすめです。


タキシードのレンタル料金は10万円前後が一般的です。オーダーメイドになると、レンタルより費用は高くなります。新郎の装いはタキシード上下以外にも、ベストやシャツ、カフスなども必要になります。オーダーメイドで依頼する場合は、結婚式にかかるトータルコストと合わせて費用を捻出するようにしましょう。

結婚式に招待されたけど!どんなスーツで行くのが正解?

新郎新婦との関係性や立場によって、招待客のスーツは変わります。結婚式で着用できるスーツは3種類です。もっとも格式の高い装いは正礼装です。昼はモーニングコート、夜は燕尾服(テールコート)で、両家の父親や媒酌人が着用します。モーニングコートは、皇室主催の園遊会や内閣の認証式で見たことのある人も多いでしょう。テールコートはクラシックの演奏会でよく指揮者が着用しています。


準礼装は、正礼装の次に格式の高い装いです。昼はディレクターズスーツ、夜はタキシードで、招待客の主賓や職場の上司など、親族以外で立場が上の人が着用します。モーニングコートのジャケットは膝裏辺りまで裾が伸びているのに対し、ディレクターズスーツはモーニングコートの裾を短くしたようなデザインです。タキシードは、ハリウッド映画のパーティーシーンで有名俳優が着用している姿がよく見られます。


昼と夜の装いが変わる正礼装、準礼装に対して、略礼装は昼と夜の違いはありません。招待状に「平服でお越しください」と記述してあれば、ブラックスーツかダークスーツで出席できます。主に、新郎新婦の友人や会社の同僚などが着用する装いです。ブラックスーツは葬式用と兼用にしているケースも多く、ネクタイの色に注意しないと結婚式にはふさわしくない装いになりがちです。ダークスーツはレストランウェディングのようなカジュアルな結婚式と相性が良く、濃紺やチャコールグレーのスーツに華やかなネクタイを合わせるとエレガントになります。

靴やネクタイなどの小物にも注意

結婚式では、スーツ以外の小物にもマナーがあります。靴は黒いストレートチップの紐靴が基本です。ストレートチップとは、つま先の切り替えが横に1本入っているデザインのことです。カジュアルな結婚式では紐靴以外でも大丈夫ですが、黒いストレートチップの紐靴を1足持っていればさまざまなフォーマルシーンで活用できます。ネクタイは白やシルバー、淡いシャンパンゴールドがおすすめです。白いネクタイとブラックスーツの組み合わせは少々古臭い印象になる恐れがあるので、なるべく光沢のあるタイプを選ぶと良いでしょう。


シャツは白や淡いピンクで、無地か同色の織り柄がおすすめです。ネクタイでもシャツでも避けたほうがいいのは、派手な柄物です。カジュアルな印象になりやすく、フォーマルシーンには合いません。身内だけのリラックスしたパーティーならまだしも、結婚式では必ず避けるようにしましょう。


また、結婚式の会場が自宅から離れている場合は、荷物が多くなりがちです。結婚式や披露宴の会場に大きな荷物を持っていくのはよくありません。受付で荷物を預けるか、コインロッカーを利用するかして、スマートに出席しましょう。

大切な日だからこそ!主役も招待客も格好良く

結婚式は新郎新婦にとっても招待客にとっても、想い出に残りやすい日です。大切な日だからこそ、それぞれがきちんとしたスーツで参加しましょう。オーダースーツは、よりよい結婚式を演出するための重要な小道具です。DIFFERENCEでは、ディテールにこだわったオーダースーツを作っています。プロがしっかりアドバイスしますので、その人の魅力を最大限に引き出す装いが実現できます。ステキな結婚式のために、ぜひDIFFERENCEでオーダースーツを作りましょう。


◆◆「お客様の声はこちら」 ◆◆
◆◆「よくある質問はこちら」 ◆◆
◆◆「ショップ一覧はこちら」 ◆◆


 

あなたもDIFFERENCEの
カスタムオーダーを
体験してみませんか?

DIFFERENCEをはじめる

STYLING GUIDE

スタイリングガイド
VIEW MORE
アプリをダウンロード: appstore googleplay
アプリを
ダウンロード
1 2 3 4 5 6 7 8 9 0