現在の最短発送日 ----
STYLING GUIDE

オーダースーツは高い?気になる相場とは

img

監修:米山英児(神田駿河台店 エリアマネージャー) / 投稿日時:2018.08.15 12:56:03

自分の好みや体型に合わせて作れるオーダースーツは、既製品のフィット感やデザインに満足できない人にとってはメリットが多いものです。しかし「高そう」というイメージから、なかなか手を出せない人もいるのではないでしょうか。実はオーダースーツの値段はさまざま。なかには、既製品とあまり変わらない値段で作れるものもあります。ここでは、オーダースーツの価格相場を紹介します。

オーダースーツの価格の違いはどこに出る?

同じオーダースーツでも、お店によって全く値段が違います。スーツの値段は、主に生地代と仕立て代という2つの要素で決まります。


まず、スーツの値段の大きな割合を占めているのが生地代です。スーツを作るためには大量の生地が必要になるので、生地の値段はスーツの価格に直結します。品質の良い高級な生地を使えばその分だけ値段も高くなります。そのほか、生地以外のスーツの芯材、裏地といった素材の価格もスーツの価格に反映されてきます。


加えて、仕立て代もスーツの値段を考えるうえでは重要な要素です。仕立ての良さとスーツの値段は比例します。見えない部分にも手間やコストをかけ、きちんと仕立てたスーツは、その分だけ仕立て代も高くなるのです。さらに、仕立て方法による値段の差も見逃せません。オーダースーツにはパターンオーダー、イージーオーダー、フルオーダーという3つの仕立て方法がありますが、どの方法を選ぶかによって必要な工程数が変わります。工程数が多いということは手間がかかると同様ですから、工程数が多くなるほど値段も高くなっていきます。既製品に手を加えるパターンオーダーと、型紙から作成するフルオーダーでは価格に10倍近い差がついてしまうことも珍しくありません。


そのほか、仕立てるお店のブランド力が価格に反映されることもあります。著名な生地ブランドの直営店のように、その店で作ることがステータスと考えられる場合、チェーン店や個人経営のテーラーで作るよりも値段が高くなる傾向があります。

オーダー別価格相場の違い

オーダースーツの値段は仕立て方法によって大きく変わります。オーダースーツのなかでも値段的に最も手頃なのがパターンオーダーです。必要な予算は2万円~5万円前後と既製品とあまり変わらない値段でオーダーできます。


パターンオーダーは、ゲージ服と呼ばれるサンプルを試着して、自分に合うサイズを選び、着丈や袖丈などを調整して自分の体に合わせていく仕立て方法です。既製のサイズやシルエットをもとに作るため、オーダースーツのなかでは最も既製品に近い形となっています。工場での大量生産も可能な分だけ、ほかの仕立て方法と比べてコストが抑えられています。標準サイズに近い人におすすめです。


イージーオーダーは、標準サイズだと体型が合わない人、もっとデザインや生地を自分好みにしたいという人におすすめの仕立て方法です。イージーオーダーは縫製工場の持っている型紙に体型的・デザイン的な補正を加え、仕立てていきます。自分の好きな生地やデザインを選べますが、一人ひとり型紙を作らないこと、マシンメイドで仕上げることからハンドメイドのスーツよりコストは抑えられています。価格の相場は5万円~20万円前後です。


こだわりの一着を作りたい人であれば、フルオーダーという仕立て方法もあります。フルオーダーは一人一人の体型に合わせたオリジナルの型紙を作り、それに合わせてスーツを仕立てていく仕立て方法です。フルオーダーの特徴は、裁断した生地をしつけ糸でスーツの形に縫い上げ、フィッティングを行う仮縫いです。これにより本格的な仕立てに入る前にサイズ感やデザインなどに細かい修正が効き、より理想に近い一着を作ることが可能になります。職人による手作業が多く、さらに手間もかかるので値段はどうしても高くなります。価格の相場は20万円~100万円以上となっています。

生地別にみる価格相場の違い

スーツ一着を作るためには、大量の生地が必要です。それだけに、生地の値段とスーツの値段は比例します。


3万円前後のスーツでは、生地にウールとポリエステルの混紡が使われることが多いです。ウールとポリエステルの混紡を使ったスーツには、吸湿性がなく着心地が天然繊維に劣る、人工的な光沢があるというデメリットがある一方、シワになりづらい、水濡れに強いなどのメリットもあります。


予算を5万円前後取ると、国産のウール100%やストレッチ素材、シルクの入った光沢素材といった機能性に優れた素材、高級感の感じられる素材に手が届くようになってきます。


スーツの生地のなかでも最も高価なのは、イタリア製、イギリス製の高級インポート生地です。高級インポート生地を使ってスーツを作る場合、値段は最低でも7万円からとなっています。何十万円もするスーツも珍しくありません。

デザインやディテールで差がつく!

スーツのデザインやディテールによっても価格は変わってきます。手間がかかる工程が加わったり、高級な素材を使ったりすれば、そのコストが値段に反映されるからです。


自分の好みを細やかに反映できるオーダースーツには、さまざまなオプションが用意されています。通常の仕立て代のみでできる無料のオプションもありますが、有料のオプションも多いです。


たとえば、ボタンの種類や数、ベントの位置・デザイン、名入れをするかどうかなどはスーツをオーダーする人にとってはこだわりたいポイントです。また、裏地の色や素材をどうするかでも値段に差がつきます。


また、ベストを作ったり、スペアパンツを作って2パンツスーツにしたりすれば、その費用も必要になります。


お店や仕立て方法によってもオプションの内容や値段は変わってきますので、どんなオプションがあるのかあらかじめよく調べておくようにしましょう。

こだわりたい場所を決めよう!

オーダースーツの値段は使う生地・素材の品質、仕立ての良さなどによって左右されます。そして、価格さえ気にしなければ、高級生地ブランドの高価な生地を使う、フルオーダーにするなどどこまでもこだわることも可能です。しかし、実際オーダースーツにかけられる予算については個人差があります。贅沢を言ってしまうとキリがなくなってしまうので、まずは予算をいくらくらいにするのか、どこに優先的にお金をかけるのかをあらかじめ明確に決めておきましょう。はじめに大まかな方針さえ決まっていれば予算オーバーに悩まされることもなく、自分の納得のいく形でオーダーを進められるはずです。


 


◆◆「お客様の声はこちら」 ◆◆
◆◆「よくある質問はこちら」 ◆◆
◆◆「ショップ一覧はこちら」 ◆◆

あなたもDIFFERENCEの
カスタムオーダーを
体験してみませんか?

DIFFERENCEをはじめる

STYLING GUIDE

スタイリングガイド
VIEW MORE
アプリをダウンロード: appstore googleplay
アプリを
ダウンロード
1 2 3 4 5 6 7 8 9 0