現在の最短発送日 ----
STYLING GUIDE

オーダーメイドでジャケットを作る!ポイントをご紹介

img

監修:米山英児(神田駿河台店 エリアマネージャー) / 投稿日時:2018.08.15 12:51:59

スーツ用でも単品でも、オーダーメイドのジャケットには様々なメリットがあります。プロのテーラーに頼めばオーダーメイドについての知識がなくても、体型や個性に合わせたアドバイスがもらえるでしょう。ただ、オーダーメイドのポイントを知っておいた方が、より自分に合ったジャケットに仕上がります。今回は、オーダーメイドでジャケットを作る際のポイントを解説しますので、ぜひ覚えておきましょう。

オーダーメイドでジャケットを作るメリット

オーダーメイドのジャケットには3つのメリットがあります。1つ目は、自分の体型に合った一着に仕上がる点です。既製服でも仕立ての良いジャケットはたくさんありますが、完全にフィットしないこともよくあります。オーダーメイドならしっかり採寸したうえで作っていくので、サイズ感もピッタリです。体型に合ったジャケットは、自分をより良く見せてくれるでしょう。2つ目のメリットは、動きやすい点です。ジャストサイズのジャケットは、生地がダブついたり突っ張ったりしないので、様々な動作がしやすくなります。3つ目のメリットは、長持ちしやすい点です。着用中の動作がスムーズなので、生地に余計な負担がかかりません。また生地が傷まないので長く着用できるでしょう。

フルオーダーとパターンオーダーの違いとは

オーダーメイドには、フルオーダーとパターンオーダーがあります。フルオーダーはその人の体型に合わせて型紙から作っていく方法で、ビスポークとも呼びます。英語の「be spoke」が語源になっており、お客様と話をしながら服を作り上げていくのが特徴です。採寸をするのは生地を裁断するカッターか、スタイリストのフィッターです。採寸をもとに型紙を作ったら、テーラーが縫製して仕立て上げます。現代では採寸、型紙作り、縫製、仕立てを分業で行うケースが多いですが、なかには採寸から仕立てまでの全行程を一人の職人が行うケースもあります。一般的にフルオーダーは価格が高くなりがちですが、一人の職人によるフルオーダーは手間暇がかかっているので、さらに高価格です。


パターンオーダーは、試着用のサンプルジャケット(ゲージ)を着用してサイズ調整をしていく方法です。まずは、テーラーが用意している複数の体型パターンから好みのスタイルを選びます。ゲージを実際に着用して、自分に似合っているか、着心地が良さそうかを確認したら、細かくサイズ調整していきます。パターンオーダーは全体的なジャケットのシルエットは限定されるものの、生地やパーツデザインなどのディテールを好みで選べるのがメリットです。ビスポークよりも安い価格帯でオーダーできるので、オーダーメイドが初めての人でも比較的簡単に作れます。


経済的に余裕があり仕立ての良いジャケットを着たい人はフルオーダー、そこまで購入費用は出せないものの自分の体に合ったジャケットを着たい人はパターンオーダーを選ぶと良いでしょう。

ポイント1.まずは秋冬ものをオーダーする

なるべくジャケットを長持ちさせるなら、夏用より秋冬物を選ぶ方がベターです。クールビズが浸透した影響で、夏場にジャケットを着ないケースは多くなりました。ただ、仕事の重要な場面や冠婚葬祭などではジャケットを着用する必要があります。裏地が肩部分しかない背抜き仕様にしたり、リネンやサマーウールを使ったりなど、涼しく過ごせるように作られているのが夏用ジャケットの特徴です。とはいえ、夏は高温多湿で汗をかきやすく、注意していてもジャケットに染み込んでしまいます。丁寧にケアをしても生地が傷みやすいのがデメリットといえるでしょう。


一方、秋冬は気温が低いので汗をかきにくいものです。空気が乾燥しているので、着用後ジャケットに溜まった湿気もすぐに乾くでしょう。一般的に、秋冬物のジャケットには厚手のウールが使われます。ビスポークの場合、美しく仕立てるために行うアイロンワークの技術を生かしやすいのも、厚手ウールのメリットです。秋冬物はビスポーク、春夏物はパターンオーダーといった具合に、オーダーメイドの方法を分けると良いでしょう。

ポイント2.イメージを具体的に伝えておく

オーダーメイドでは、どのようなジャケットを作りたいのかイメージを具体的に伝えるようにしましょう。とはいえ、オーダーメイドが初めての人はイメージが固まっていない場合も多くあります。まずは、ジャケットを着用するシーンをある程度想定しておくのがおすすめです。休日の外出着なのか、オフィスカジュアル用なのか着用するシーンを決めておけば、デザインやパーツのディテールなどはテーラーがアドバイスしてくれます。


また、スーツを作る場合はパンツの長さを調整する必要があるため、革靴を履いていくのがおすすめです。スニーカーやスリッポン、ローファー、革靴などでは、デザインやソールの厚みが異なります。アンバランスなスーツにならないように、採寸時はスーツに合わせる予定の革靴を履いていくのがベストです。

ポイント3.腕の良いテーラーを選ぶ

自分に合うジャケットを作るには、腕の良いテーラー選びが重要です。まず、接客が丁寧でお客様を立ててくれるテーラーを選びましょう。テーラーは服飾のプロですから、お客様が迷っているときは様々なアドバイスをしてくれます。しかし、腕の良いテーラーほど自分の意見をお客様に押しつけることはありません。パターンオーダーの場合は、ゲージの種類が多いテーラーを選ぶのもポイントです。ゲージの数が多いほど、体型に合ったデザインを見つけやすくなります。複数のゲージを着用してシルエットを確認し、もし納得できるゲージがなければテーラーを変えるのも一つの方法です。


オーダーを受けたジャケットの縫製は、契約している縫製工場に依頼するのが一般的です。腕の良いテーラーは複数の縫製工場と取引をしており、ジャケットやスーツの特徴によって依頼をする工場を変えています。テーラーの腕を見極めるために、どのような工場で縫製するのか、オーダーをする前に聞いてみると良いでしょう。

自分だけの一着を手に入れよう

採寸の手間がかかったり価格が高くなったりなど、一見オーダーメイドは購入のハードルが高いように感じやすいものです。しかし、体型にフィットしたオーダーメイドのジャケットは、長く着用できるメリットがあり、見た目の印象も格段に良くなります。DIFFERENCEなら、プロによる採寸を最初に済ませておくだけで、2回目からはスマートフォンアプリで簡単にオーダーできます。オーダーメイドのジャケットが欲しい人は、DIFFERENCEがおすすめです。


◆◆「お客様の声はこちら」 ◆◆
◆◆「よくある質問はこちら」 ◆◆
◆◆「ショップ一覧はこちら」 ◆◆

あなたもDIFFERENCEの
カスタムオーダーを
体験してみませんか?

DIFFERENCEをはじめる

STYLING GUIDE

スタイリングガイド
VIEW MORE
アプリをダウンロード: appstore googleplay
アプリを
ダウンロード
1 2 3 4 5 6 7 8 9 0