現在の最短発送日 ----
STYLING GUIDE

長く使えるコートに出会いたい!それならオーダーメイドがおすすめ

img

監修:堀省次(KITTE丸の内店 エリアマネージャー) / 投稿日時:2018.08.15 10:54:32

冬の室内は暖房が効いて暖かいものの、北風の強い屋外やビル風の強いオフィス街では、厳しい寒さに見舞われます。特に気温が低くなる真冬は、暖かいコートが欠かせません。年間を通して考えれば着用シーズンの短いコートですが、だからこそ何年も着られるコートと出会いたいものです。高品質で持ちの良いコートなら、オーダーメイドがおすすめです。ビジネスシーンで使えるコートの種類やオーダー時のポイントなどを、わかりやすく解説していきましょう。

ビジネスにも使える!コートの種類とは

ビジネスシーンで使えるコートは、主に3種類あります。1つは、ステンカラーコートです。後ろ襟に高さがあり、前襟は折り返すようなデザインになっています。全体的にストンとしたシルエットで体型を選ばずに着用できることから、ビジネス用としては定番のコートです。ボタンを全開にする、第一ボタン以外を締める、第一ボタンまで締めるなど、どのような着こなしでもファッショナブルなのがメリットです。2つ目に紹介するのは、チェスターコートです。ノッチドラペルカラー、いわゆるテーラードジャケットと同じ形の襟がついています。フォーマル感のあるコートで、スーツに合わせるにはピッタリです。正式なデザインでは、布を二重にする比翼仕立ての隠しボタンになっています。


年齢、性別問わずに人気なのはトレンチコートではないでしょうか。イギリス陸軍のために開発されたミリタリーコートで、防水性と防寒性に優れています。肩のエポーレットや前身頃上部のガンフラップなど、ミリタリーコートの名残がそのまま残っているのが特徴です。かっちりした見た目からビジネスシーンで着用する人は多いですが、実はフォーマルシーンには不向きなコートです。ビジネスシーンだけで利用するのか、フォーマル時にも対応できるようにするのかで、コートの種類を選びましょう。

実は難しい!ずっと使えるコートの選び方

既成品のビジネス用コートはどのような人でも着られるように、定番から外れているデザインを見かけることはあまりありません。しかし、コートをオーダーメイドするときは素材やサイズ感、柄の有無など比較的自由に選べるため、下手をすると日常使いしにくいコートになってしまう可能性があります。ビジネス用に作るなら、スーツと合わせやすく耐久性や防寒性に優れたコートをオーダーしましょう。最初に作るなら、生地は無地がベターです。ストライプやチェックなど柄物の生地にすると、柄物のスーツと合わせにくくなります。コートの柄が地味な色であっても、コーディネートの幅が狭くなるので注意しましょう。


コートの生地は厚手で丈夫な素材がおすすめです。カシミア100%はできあがりはエレガントですが、雨風や満員電車での摩擦などで生地が傷んでしまう可能性があります。ビジネスのみで使用するなら、デリケートな生地は避けたほうが無難です。コートの色は、薄い色より濃い色を選びましょう。毎日着用していると、袖口や裾などがどうしても汚れてきます。明度の高い色は薄汚れて見えてしまうので、明度の低い色が良いでしょう。ただし、黒いコートは汚れが白っぽく見えたり、ホコリが目立ったりなど、やはり汚れが目立ちやすい傾向にあります。グレーや紺、ブラウンなどがおすすめです。

オーダーメイドでコートを作る!準備すべきこと

スーツをオーダーメイドする人はいても、コートも一緒にオーダーする人は少ないかもしれません。しかし、スーツよりコートのほうが比較的自由にサイジングできるので、実はコートのほうがオーダーメイドしやすいというメリットがあります。基本的に、ビジネス用のコートはスーツの上に着用します。コートの下でジャケットがシワシワにならないように、ある程度サイズには余裕を持たせるのがセオリーです。もちろん、コートも着用したときのシルエットは美しいほうが良いですが、ジャケットほど体型に添わせる必要はありません。


コートをオーダーメイドするときのポイントは、必ずスーツを着用したうえで採寸してもらうことです。コートの用途に合わせて採寸すれば、肩や腕周りが窮屈になったりデザインが似合わなかったりするリスクを避けられます。ビジネス用のコートは、スーツの上から羽織っても動きやすく、かつジャストサイズにするのがおすすめです。オーバーサイズやタイトなデザインが流行るケースもありますが、ビジネス用コートで重要なのはマナーから逸脱しないことです。ビジネスシーンで長く使えるコートを作るなら、流行に左右されないオーソドックスなデザインを選びましょう。

オーダーメイドでコートを作るときの注意点

スーツのジャケットにはないコートの注意点は、着丈の長さです。着丈の長さはざっくり分けて3種類です。腰回りが隠れるくらいの長さをショートレングス、膝丈くらいの長さをミディレングス、足首の上辺りまでの長さをマキシレングスと呼びます。ショートレングスは活動的な印象になりやすく、身長が低い人でもバランスの良い着こなしが可能です。ミディレングスはコートの定番ともいえる長さで、1着目のコートとして作るのに向いています。腰回りから太もものラインをすっぽり覆ってくれるので、防寒性が高いのもメリットです。マキシレングスは流行に左右される部分が大きく、長く使えるビジネス用で作るには向きません。特に、身長の低い人は合わせにくく、難易度の高いコート丈といえます。


コートを暖かく着こなすには裏地選びも重要です。厚手のコートに合わせるなら強度の高い裏地を選びましょう。おすすめは、キュプラやポリエステルです。キュプラ100%は耐久性と吸湿性に優れている反面、湿気があるとシワになりやすいのが難点です。一方、ポリエステル100%だと若干安っぽく見えるケースもあるので、キュプラとポリエステルの混紡を選ぶようにしましょう。気温が高くなる春先なら、裏地が前身頃や肩のみの背抜きタイプのスプリングコートがおすすめです。

冬のスーツスタイルはコートが主役!

ファッションに流行はつきもので、もちろんビジネス用コートにも流行り廃りがあります。コートを何着も持っていて、遊びとして流行りのデザインを選ぶのは良いですが、初めてのオーダーメイドならベーシックなデザインを選びましょう。DIFFERENCEは、その人の体型や身長に合わせたコートのデザインを提案します。日々のスーツスタイルをより魅力的にするために、ぜひ、オーダーメイドでコートを作りましょう。


◆◆「お客様の声はこちら」 ◆◆
◆◆「よくある質問はこちら」 ◆◆
◆◆「ショップ一覧はこちら」 ◆◆

あなたもDIFFERENCEの
カスタムオーダーを
体験してみませんか?

DIFFERENCEをはじめる

STYLING GUIDE

スタイリングガイド
VIEW MORE
アプリをダウンロード: appstore googleplay
アプリを
ダウンロード
1 2 3 4 5 6 7 8 9 0