現在の最短発送日 ----
STYLING GUIDE

オーダースーツを仕立てる!失敗しないためのポイントとは

img

監修:堀省次(KITTE丸の内店 エリアマネージャー) / 投稿日時:2018.08.15 10:49:11

体型にフィットした美しいスーツを求めるなら、オーダースーツがおすすめです。しかし、オーダーメイドだからといって必ず満足できるとは限りません。納得のいくオーダースーツに仕立てるためには、何点かポイントを押さえる必要があります。オーダースーツのメリットやデメリットを押さえつつ、オーダーする際のポイントを紹介します。オーダースーツの知識があれば、きっとお気に入りの一着を仕立てられるでしょう。

オーダースーツを仕立てるメリットとデメリット

オーダースーツのメリットは、自分の体型に合ったスーツを作れる点です。日本人の標準体型にそったサイズは目安でしかありません。人の体型は生まれつきや生活スタイル、食生活などで大きく変わります。顕著に特殊体型がわかるのはスポーツ選手でしょう。水泳選手なら肩幅が広く、サッカー選手なら太ももが太い、体操選手なら胸筋が発達しているなど、競技によって体の発達している部分が違います。オーダースーツなら、特殊体型でも体型補正によって悩みを解決できるでしょう。また、ボタンの色や素材、スーツのデザインなどディテールを細かく指定して、好みにあった自分らしいスーツに仕立てることも可能です。自分を表現する手段として、オーダースーツは非常に優れているといえます。


一方、オーダースーツのデメリットは、1着目は大きめに採寸するケースがある点です。完成品のサイズが実際の体型より小さくなってしまった場合、お直しができません。この状況を避けるために、1回目は大きめに作っておいて、完成したあとに微調整します。また、ディテールにこだわりすぎるあまり、素材の価格が上がって予算オーバーしてしまうケースもあるので注意が必要です。

好きなスタイルのスーツを見つけよう

スーツにはスタイルが存在します。それぞれの特徴を把握したうえで、自分の好きな型紙を見つけましょう。もっとも伝統的なのはブリティッシュスタイルです。芯地の入った硬めの生地を使っており、厚めの肩パッドにハリのあるライン、ウエストを絞ったイングリッシュドレープが特徴です。立体的でカッチリしたスタイルで、伝統的な着こなしが好みな人に向いています。イタリアンスタイルは、柔らかくドレープの効いた生地を使っているのが特徴です。肩パッドは薄く、立体感を持たせつつ全体的にナチュラルでエレガントなシルエットになっています。モード感の強いスタイリッシュな着こなしが好きな人には、イタリアンスタイルがおすすめです。


ブリティッシュスタイルがもとになっているアメリカンスタイルは、自由の国アメリカで独自の発展を遂げています。肩パットがなくウエストを絞らない寸胴型が特徴で、大柄なアメリカ人が楽に着こなせるスタイルといえます。小柄で細身の日本人には少々難易度が高めですが、体格がガッチリしている人なら十分着こなせるでしょう。

目的に合わせて生地や形を変える

オーダースーツは、用途によって生地や形を変えるのがポイントです。スーツを作る目的の多くはビジネスシーンでの着用です。週5日、毎日スーツを着る場合は、生地の摩擦強度を重視しましょう。ウールは防シワ性やストレッチ性に優れており、型崩れしにくいことからスーツには定番の生地です。一方、虫に食われやすく汗に弱い性質があるので、耐久性に優れた化学繊維との混紡生地を使う場合もあります。ポリエステルやナイロン系の素材は、丈夫で熱に強くおすすめです。


ただ、混紡生地は配合によっては安っぽく見える欠点があります。上質さをそのまま残したい場合は、糸のねじりが固い強撚糸を使ったウール100%の生地を選ぶと良いでしょう。夏用スーツには、サマーウールが人気です。細い糸で織ってあるので生地は薄いですが、見た目はスリーシーズン用のスーツと同じようなカッチリ感が表現できます。背中の裏地がない背抜きが一般的です。カジュアルシーンで着用するなら、リネンのスーツもステキです。吸水性に優れ、夏の大人カジュアルには外せない一着になるでしょう。


一方、冠婚葬祭で着用するフォーマルスーツは、光沢感のあるウールがおすすめです。シルクとの混紡生地は上品でエレガントな装いをさらに華やかにしてくれます。ちなみに、ビジネス用のブラックスーツと冠婚葬祭用のスーツを兼用にするのはおすすめしません。仮通夜の場合は、喪服を着ると不幸を予想していたとされ失礼に当たりますので、ビジネス用スーツで大丈夫です。しかし、冠婚葬祭用のブラックスーツとビジネス用スーツでは、同じ黒でも色の濃さや深さが違います。フォーマルシーンをビジネス用スーツでやり過ごすのは、大人としてマナーに欠けますので注意しましょう。

納品までの期間はどれくらいかかる?

オーダースーツの製作にかかる期間は、オーダー方法によって大きく異なります。サンプル服を着用してサイズ調整をしていくパターンオーダーは、最短2週間程度で納品可能です。スーツを作る工程が一番少ないので、納期も短いのがメリットです。ただし、これ以上短くなるケースはほとんどありません。既存の型紙をもとに型紙を起こして縫製するイージーオーダーは、3~4週間程度かかります。仮縫いの工程がない製造方法では、この納期が一般的です。


一方、フルオーダーは生地を裁断してから仮縫いをします。サイズの微調整が完了してから本格的な製作に入るため、納期は1~1カ月半ともっとも長いです。フルオーダーの場合、1人のテーラーがカウンセリング、採寸、型紙作成、縫製、仕立てをすべて手作業で行うケースもあります。もともとのフルオーダーはこの方法を指し、2カ月ほどかかります。


いつからスーツを着るのか決まっていない場合は、納期が長くても気にならないかもしれません。結婚式やパーティーなど着用する日にちが決まっている場合は、その日に間に合うように注文しましょう。オーダースーツはその人のためだけに作ったスーツです。たとえ仕上がりに満足できなくても返品はできませんので、日数には余裕を持つようにしましょう。

満足のいく一着をオーダースーツで仕立てる

せっかく手間とお金をかけるなら、自分に合ったスーツに仕立てたいものです。オーダースーツで失敗しないためには、前述したポイントのほかに腕の良いテーラー選びが重要です。DIFFERENCEは、その人の要望をていねいに吸い上げ、確かな技術で満足のいくオーダースーツに仕立て上げます。自分らしい高品質なスーツを作るなら、ぜひDIFFERENCEに相談してみましょう。

◆◆「お客様の声はこちら」 ◆◆
◆◆「よくある質問はこちら」 ◆◆
◆◆「ショップ一覧はこちら」 ◆◆

あなたもDIFFERENCEの
カスタムオーダーを
体験してみませんか?

DIFFERENCEをはじめる

STYLING GUIDE

スタイリングガイド
VIEW MORE
アプリをダウンロード: appstore googleplay
アプリを
ダウンロード
1 2 3 4 5 6 7 8 9 0