現在の最短発送日 ----
STYLING GUIDE

形態安定オーダーシャツって何?

投稿日時:2018.06.28 17:02:15

オーダーシャツを選ぶなら、見た目やサイズ感だけでなく、機能面についてもしっかりこだわることが大事です。
こだわりを形にすることで、満足のいくシャツに仕上がります。
普段着ているシャツに不満や悩みがあるなら、それらを解消できるような機能を追加するようにしましょう。もしも機能面に強いこだわりがあるなら、形態安定シャツにするのがおすすめです。
この記事では、形態安定とはどのようなオーダーシャツなのかについて解説していきます。

形態安定シャツとはどういうもの?

形態安定シャツとは、シワをできにくくする特殊加工が施されたシャツのことです。
形態安定シャツに施す特殊加工は、繊維の1本1本に元の状態に戻ろうとする働きを覚えさせるものです。
繊維ごとにシワができる前の状態を覚えさせ、形が変化したらすぐに元の状態に戻るようにさせることで、繊維はシワのない状態に戻ろうとします。
つまり、綿や麻などシワになりやすい生地でも形状記憶の加工をすることで、シワが目立たなくなるということです。
洗濯をしてもシワができにくく、干すときに軽く繊維の向きを整えるようにすると、アイロンなしでも着られる状態になります。繊維自体がシワのできる前の状態に戻ろうとするため、アイロンがけの手間もなくなり一石二鳥です。
形態安定は、シワをできにくくする以外にも型崩れを防止する作用もあります。
シャツが自ら最初のベストな状態に戻ろうとするためです。
シワになりにくく型崩れも防げるので、出張や旅行などでシャツをたたんでスーツケースにしまわなければならないときにも便利です。旅先でスーツケースを開けたときに、もしもシワができてしまっていても、軽く水に濡らしてからシワを伸ばして干せばシワが目立たなくなります。
旅先にアイロン持っていく必要はありません。気軽に手洗いして干すだけで、シワのない状態で着られるのが魅力です。家庭で洗濯する場合でも、アイロンかけが楽になるので、家事の負担を減らせます。

形態安定のオーダーシャツは頼める?

オーダーシャツでも形態安定シャツの依頼はできます。
形態安定加工は生地の時点で施されているので、生地選びの際に、形態安定加工をした生地を選ぶようにするだけです。
JISが定めているW&W性(ウォッシャブル&ウェア性)の数値を確認すれば、どのくらいシワになりにくく型崩れしにくいかがわかります。W&W性は洗濯後のシワの残り具合を表す数値で、3.2級以上あるものが形態安定シャツです。
3.2級は選択後のシワが50%抑えられているレベル、
最高級の5.0級は100%シワが残らないレベルになります。形態安定をうたっている生地ならW&W性の表示があるかどうかを確認するようにしましょう。

形態安定加工を施すなら、綿の割合が多い生地を選ぶことも大事です。
綿は通気性も吸湿性も申し分なく、肌触りも良いうえに丈夫で長持ちします。
洗濯でシワになりやすい点が唯一の欠点ですから、その欠点を形態安定加工で補うことができれば、シャツに最適な生地です。
オーダーシャツは、デザインのラインナップも豊富です。デザインや色にもこだわれば、こだわりの1着に仕上げられます。せっかくオーダーシャツにするのですから、機能だけ、デザインだけというピンポイントなこだわり方はやめておいた方がよいでしょう。
こだわりたい部分はしっかり盛り込んだ1着に仕上げた方が、満足のいくものになります。

オーダーシャツを長持ちさせるのに大切なこと

形態安定で型崩れを防げるといっても、誤った洗濯方法で繰り返し洗っていたのでは、形を保つことはできません。
いくら形態安定シャツでも、指定された洗濯方法は守らなければなりません。
自宅で洗えるのか、それともクリーニングに出さなければならないのかを洗濯表示タグで確認しましょう。形態安定加工が施されているものはほとんど自宅で洗える素材が使われていますが、中には自宅では洗えないような素材が含まれているかもしれません。
自宅で洗えない素材を含む生地の場合はクリーニングに出すことが大事です。ただし、オーダーの段階で、生地が洗濯可能なのかを確認できます。
自宅で洗えるシャツにしたいのであれば、最初から自宅で洗える生地を選ぶようにしましょう。
形態安定シャツを長持ちさせるためには洗い方にもコツがあります。形態安定シャツは、洗濯ネットに入れれば洗濯機で洗えます。
ただし、汚れがよく落ちるように裏返してからネットの大きさに合わせてたたんで入れるのがポイントです。いくら白い生地のシャツでも漂白剤の使用は避けましょう。脱水は軽めにして、できるだけ濡れた状態で干し始めるのが基本です。
ネットから取り出したら表に返し、太めのハンガーにかけて干します。ハンガーにかけた後、軽くシワを伸ばすようにしておくと、乾いたときにはシワがなくなり、そのまま着られるので便利です。

形態安定のオーダーシャツをつくってみよう

オーダーシャツでも形態安定加工を施したシャツを作れます。
形態安定加工によってシャツのベストな形状を記憶させれば、シワになりにくく型崩れも防げるので便利です。
洗濯後のアイロンがけが楽になるので、洗濯ジワを気にせず気軽に着られます。
オーダーの際に形態安定の生地を選んでおくと良いでしょう。満足度の高い仕上がりになります。オーダーシャツは、着るシーンに合わせてデザインを選ぶことも可能です。もちろん、体のサイズに合わせることもできます。気に入ったデザインを選べることと、体にフィットしたシャツに仕上げられることの2つが、オーダーシャツを作る意味といっても過言ではありません。
だからこそ、オーダーシャツを作る際に形状記憶を選ぶ理由があるといえます。
せっかくのオーダーシャツが洗濯を繰り返すことで、よれたりシワがよったりするようになるとだらしなく見えてしまいます。
しかし、ベストな形状を記憶したシャツであれば、こだわりのデザインを長く維持し続けることが可能です。オーダーシャツは生地が丈夫なので、既製品よりも長く着られます。デザインの美しさを長く持続させるためにも、形態安定加工を施した生地を選んで作るのがおすすめです。

あなたもDIFFERENCEの
カスタムオーダーを
体験してみませんか?

DIFFERENCEをはじめる

STYLING GUIDE

スタイリングガイド
VIEW MORE
アプリをダウンロード: appstore googleplay
アプリを
ダウンロード
1 2 3 4 5 6 7 8 9 0