STYLING GUIDE

かっこいいスーツの選び方と着こなし方!

投稿日時:2021.11.24 15:42:31

ビジネスマンにとって、スーツは印象を左右する重要なアイテム。毎日着るものだからこそ、かっこよく着こなしたいものですよね。


では、どのようなスーツを選べばかっこよく着こなせるのでしょうか?


以下では、かっこいいスーツの選び方と着こなし方をご紹介します。

かっこいいサイズの選び方

「ジャケットは肩で着る」と言われるほど、肩幅のサイズ感は重要です。


肩幅のサイズ感は、ジャケットの肩の角と自分の肩がピッタリ合っているのが理想です。ジャケットを着た時に、肩を指で1㎝ほどつまめるものを選びましょう。


自分の体型よりも肩幅のサイズが大きいとジャケットが自分の肩から落ちる状態になり、だらしなく見えますし、シルエットも崩れてしまいます。反対に、肩幅のサイズが小さいと窮屈に見えます。


着丈

着丈の長さは、ヒップが裾でちょうど隠れるくらいが理想です。


着丈が長いと足が短く見えてしまい、短いとカジュアルな印象が出てしまいます。敢えて着丈を短めにしてカジュアルに着こなすのも良いですが、ビジネスシーンには向いていないので注意してください。


胸回り

胸回りのサイズは、ジャケットの前ボタンを留めた状態でシワができないことがポイントとなります。ボタンを留めた状態で握りこぶしが1つ入るほどの余裕があるものが理想のサイズです。


胸回りのサイズが大きいと縦シワができてだらしなく見えるほか、横から見た時に膨らんで見えるため、シルエットが悪くなります。


反対に、胸回りのサイズが小さいと襟が浮いてVゾーンがU字のようになってしまい、印象が悪くなります。また、スーツに横シワができて窮屈に見えてしまいます。


袖丈

スーツの袖丈は、シャツが1~1.5cmほど出ているくらいが理想です。


カジュアルに着る場合は袖丈が長くても短くても問題ありませんが、ビジネスシーンで着る場合にはジャストサイズを選ぶ必要があります。


袖丈が合っていないと全体がアンバランスになってしまいますので、実際にスーツを着て丁度良い袖丈かどうか確認してくださいね。


裾丈


裾丈は靴に軽く触れるくらいの長さで、ソックスが見えないものにしましょう。


裾丈が長すぎると見た目が悪くなり、生地も傷んでしまいます。裾丈が短いものはカジュアルなシーンには向いていますが、ビジネスシーンには向いていません。ソックスが見えるとカジュアルな印象が強くなります。

細身のスーツはダサい?

メリット


細身のスーツはお腹まわりや胸まわりなどが絞られて作られているため、スタイリッシュな印象を与えることができます。また、細身のスーツは若くみせる効果もありますので、若々しい印象を与えたい時にも選びたい一着です。


体型にお悩みの方のなかには、ダボっとしたスーツで体系を隠そうとする方もいらっしゃいますが、かえって逆効果になってしまうので注意してください。


スッキリとした印象を与えたい場合には、自分の体型にフィットするスーツを選びましょう。


デメリット


細身のスーツには着る人を若く見せる効果がありますが、時にはそれがデメリットになります。スーツが若々しい印象を与えるがゆえに、着る人がある程度歳を重ねて落ち着きがある場合は、「無理をしている」「年齢に似つかわしくないスーツを着ている」などと思われてしまうのです。


スーツが与える印象と自分の見た目にギャップがありすぎると、周りは「ダサい」と感じることもあるため注意しましょう。

かっこいい色の選び方

ネイビー

ネイビーは多くのビジネスマンが選ぶ定番のカラー。ネイビーは「信頼」「知的」「真面目」「清潔」といった印象を与え、スッキリと着こなすことができます。


ただ、一口にネイビーといっても濃色系のダークネイビーや淡色系のライトネイビーなど、様々な濃淡の色があります。


淡色になるほど若々しくフレッシュな印象を与えるため、淡色系のネイビーは新入社員や就職活動生に着られることが多いです。反対に、濃色系のネイビーは大人っぽい落ち着いた印象を与えますので、キャリアを積んだ年代におすすめです。


濃淡によって与える印象を理解し、かっこよくネイビースーツを着こなしましょう。


グレー

グレーもビジネスでは定番のカラーで、ネイビーに次いで人気があります。


グレーは「品格」「落ち着き」「誠実」といった印象を与え、幅広いシーンで活躍します。


大きく分けると「ライトグレー」「ミディアムグレー」「チャコールグレー」があり、それぞれ与える印象が異なります。ライトグレーは垢抜けた印象、ミディアムグレーは柔らかい印象、チャコールグレーはフォーマルな印象を与えます。


一般的に、ミディアムグレーは誰にでも似合うカラー、チャコールグレーは髪色や肌が濃い人に似合うカラーと言われています。ライトグレーについては、ある程度年齢を重ねた人に似合うカラーとなっています。


ブラック

ブラックは最もフォーマルなカラーで、冠婚葬祭や就職活動、ビジネスなど、幅広いシーンにマッチします。


ただ、ビジネスでブラックを取り入れる際には注意が必要です。光沢のあるブラックや濃いブラックはリクルートスーツのように見えてしまうので、色合いや質感には気を付けましょう。着こなし方によってはフォーマルな印象が強くなってしまいますので、ブラックと 相性の良いシャツやネクタイを組み合わせ、かっこよく着こなすのがポイントです。

かっこいい柄の選び方

スーツの主な柄は「ストライプ」と「チェック」の2つです。


かっこいいスーツが選べるよう、以下ではそれぞれの柄の特徴や印象をご紹介します。

ストライプ

ストライプは線の太さや間隔によって印象が変わります。


ストライプ柄は大きく分けると「ピンストライプ」「ペンシルストライプ」「チョークストライプ」「シャドーストライプ」「オルタネートストライプ」の5種類があり、それぞれ以下のような印象を与えます。


ピンストライプ

ビジネスシーンの定番柄。


小さな点が連なってできており、スマートな印象を与えます。


ペンシルストライプ

ペンシルで線を引いたような細さのストライプです。


ピンストライプよりも線が太く、スタイリッシュながらもカジュアルな印象を与えます。


チョークストライプ

チョークで線を引いたような太さのストライプです。


線が太くて輪郭が少しかすれている柄で、力強い印象を与えます。英国では銀行家や成功した金融関係者が好んで着ることから「バンカーストライプ」とも呼ばれます。


シャドーストライプ

光の当たり具合によってストライプが浮き出て見えるため、遠目からは無地のように見えます。ストライプのなかで、最も落ち着いた印象を与える柄です。


オルタネートストライプ

2種類のストライプが交互に配列されているため、華やかでお洒落な印象を与えます。


関連記事:ストライプ柄のオーダースーツ選び!かっこよく着こなすには?

チェック

カジュアルで柔らかい印象を与えるチェックは、ビジネスシーンでは取り入れにくいと感じられることも多いです。しかし、チェックは格子の大きさで印象が変わりますので、フォーマルな印象を与えるチェックを選べば、ビジネスシーンでもかっこよく着こなせます。


基本的には格子が大きくなるほどカジュアルに、格子が小さくなるほどフォーマルな印象になります。


グレンチェック

19世紀はじめに英国で考案された柄で、スコットランドの渓谷で織られていたことが名前の由来となっています。


千鳥格子とヘアラインによる、小さなチェックの組み合わせからできている柄となっています。


タータンチェック

スコットランド発祥の、最も有名なチェック柄。


2色以上のウール糸を綾織にしており、華やかでカジュアルな印象を与えます。


千鳥格子

千鳥が連なったように見えることから、千鳥格子と呼ばれるイギリス発祥の柄です。


一般的には白、黒、茶色が配色され、上品な印象を与えます。


日本では「千鳥格子」と呼ばれていますが、英国では犬の牙の形に見えることから、「ハウンドトゥース」とも呼ばれます。


ウィンドウペンチェック

窓枠のようなチェック柄で、単色のラインで四角形をつくっています。


チェック柄のなかでも、シンプルでスッキリとした印象を与えます。

スーツの着こなしNGポイント

スーツのサイズが合っていない


スーツは自分の体型にジャストフィットしたものを選ぶのが基本です。スーツをかっこよく着こなすにはシルエットが重要ですので、既製品で自分の体型に合ったものが見つからない場合はオーダースーツを検討しましょう。


ポケットに物を入れる


ジャケットやパンツに物を入れるとシルエットが崩れるほか、生地もダメージを負います。


ハンカチなど小さな物を入れるのは許容範囲内ですが、基本的にスーツのポケットには物を入れないようにしましょう。


TPOをわきまえていない


どんなにかっこよくスーツを着こなしても、TPOをわきまえていないのはNGです。


例えば、カチッとした雰囲気の職場には、派手な色柄のスーツは相応しくありません。特にファッション性の高いスーツを着る場合には、TPOに合っているかどうか注意する必要があるでしょう。

かっこいいスーツのコーディネート

セットアップコーデ

グレーのセットアップに、グリーンタイを合わせたコーディネート。


格子の小さいチェックにクレバーな印象のグリーンを合わせれば、カジュアルさが払拭され、エレガントなスーツスタイルに仕上がります。


スリーピーススタイル

上品なネイビーのスリーピースにペイズリー柄のネクタイを合わせた、お洒落なコーディネート。


濃色系のネイビー、そしてスリーピーススタイルが大人の落ち着いた雰囲気を演出します。

まとめ

スーツを選ぶ際には、自分に合ったサイズか確認することが大切です。


既製品ですと自分の体型にジャストフィットするものを見つけるのは難しいため、かっこよくスーツを着こなしたい場合はオーダースーツを仕立てるのがオススメです。


オーダースーツは自分に合った型紙を選んだり、一から作ったりすることができるため、キレイなシルエットをつくることができます。


もちろん、スーツの色柄や生地、ボタンといったオプションにまでこだわれる、オーダーならではの魅力もあります。


DIFFERENCEでは、プロのテーラーがお客様のご要望をうかがい、満足のいくオーダースーツを仕立てます。「自分だけの特別なスーツを仕立てたい」「せっかくなら、オーダーでかっこいいスーツを作りたい」といった方は、ぜひDIFFERENCEにご相談ください。

あなたもDIFFERENCEの
カスタムオーダーを
体験してみませんか?

DIFFERENCEをはじめる

STYLING GUIDE

スタイリングガイド
VIEW MORE