現在の最短発送日 ----
STYLING GUIDE

喪服をスーツにする場合のポイントは?

img

監修:佐々木信也(淀屋橋店 エリアマネージャー) / 投稿日時:2019.03.11 14:46:39

冠婚葬祭のなかでも、悲しみが強く感傷的になりやすいのが葬儀の場です。男性も女性も、葬儀ではマナーをおさえて節度ある姿勢で臨みたいもの。喪服を選ぶ際も、マナーが重要です。男女ともに、喪服をスーツにする場合は、どのような点に意識を置けばいいのでしょうか。喪服は、葬儀だけではなく四十九日や一周忌などの法要でも着用します。今回は、喪服をスーツにする際の選び方や、意識すべきポイントなどを紹介していきましょう。

ブラックスーツの選び方は?品質が目立つ喪服

喪服を含めた礼服には、正礼装、準礼装、略礼装などがあります。男性の場合、葬式は準喪服のブラックスーツで臨むのが一般的です。ブラックスーツとは、弔事用の黒いスーツのことです。高級なブラックスーツほど漆黒に近く、光沢がありません。一概には言えませんが、価格差によってシルエットにも差が出てきます。ビジネスシーンでは、体のラインにフィットした細身のスーツが定番です。喪服の場合は、細身のシルエットよりも、適度なゆとりがあるデザインのほうが、よりフォーマル感が出やすくなります。絞りすぎないシルエットで、体型に合ったサイズを選ぶようにしましょう。


喪服は、必ずしも高級である必要はありません。しかし、葬式はブラックスーツを着て参列する人が多いため、参列者が増えるほど喪服の品質が目立ちやすくなります。年齢が若いうちは、安いブラックスーツでも不自然に映らないかもしれません。しかし、年齢を重ねるごとに、若い頃に着ていた喪服は似合わなくなります。40代以降の人は社会的立場も上になっていますので、ある程度高価な喪服がおすすめです。若い頃は高級すぎて似合わなかった喪服も、年齢を重ねると似合うようになっていきます。喪服を選ぶ際は、自分の年齢を考慮して選ぶようにしましょう。

女性の喪服でスーツを選ぶ時のポイント

女性用の喪服では、ワンピースにジャケット付きのスーツが定番です。最も格式が高いのは、黒い無地素材のスーツです。ボレロ風ジャケット、テーラードジャケットなど、ジャケットの種類も複数あります。年齢が若い女性ならかわいらしいボレロ風ジャケット、40代以降の女性なら落ち着いた雰囲気のテーラードジャケットがおすすめです。派手な装いはふさわしくありませんが、喪服に元々付いているリボンやサテン素材なら問題ありません。基本的に、喪服売り場で売っている喪服なら、どのスーツを選んでも大丈夫です。


日本は四季がはっきりしており、季節によって明確に服装が変わります。だからといって、すべてのシーズンに合わせて喪服を用意しようとすれば、出費が多くなってしまうでしょう。ポリエステル素材の喪服なら、オールシーズン着用できて便利です。なかには、自宅で洗濯できる喪服もあります。特に、夏場はたくさんの汗をかきますので、最初に買う喪服としてもおすすめです。


スーツの色合いは、黒が深く漆黒に近い色味だと高級感が出ます。男性と同様、女性の場合も喪服のスーツはサイズ感が重要です。体のラインが出すぎないサイズで、なおかつ体型がスッキリと見えるシルエットのスーツを選ぶようにしましょう。

一般的なブラックスーツと喪服は違うの?

平たく言えば、喪服のブラックスーツは葬儀用、黒いビジネススーツはビジネス用です。同じ黒でも、喪服とビジネススーツの黒は異なります。喪服のブラックスーツは、ビジネススーツや結婚式で着用する礼服よりも黒が深く、高級なほど漆黒で光沢もありません。結婚式も葬儀も冠婚葬祭の一種です。両方ともフォーマルな装いとしてブラックフォーマルを着用しますが、式典や慶事で喪服を着用するのはマナー違反になります。弔事で黒いビジネススーツを着用した場合も、黒の深さやデザイン、シルエットでビジネス用だとわかってしまうでしょう。


ひとまず仮通夜や通夜に駆けつける場合は平服でも構いませんので、黒いビジネススーツで問題ありません。しかし、告別式に参列するのであれば、葬儀用に喪服を用意しておいたほうが良いでしょう。喪服用のスーツは一般的に値段が高く、特に年齢が若い人は給料の面で購入するのが大変かもしれません。ただ、高級な喪服は仕立てが良く、ある程度の年齢になっても着続けることができます。安い喪服を何回も買うよりは、思い切って初期費用を奮発したほうが、後々楽になります。着心地や見た目もだいぶ変わりますので、大人の常識として、ブラックスーツは用意しておきましょう。

法要では何を着るべき?注意すべきことも知っておこう

法要とは、故人が極楽浄土へ旅立てるように、冥福を祈るための行事です。故人になってから7日おきに閻魔さまの裁きがあり、四十九日目に忌明けを迎えます。葬儀が終わってからの法要には、7日目の初七日、14日目の二七日、21日目の三七日などがあり、四十九日目が七七日になります。多くの家庭では、初七日を終えてから四十九日法要を行うのが一般的です。忌明け以降は、百か日法要を迎え、亡くなってから1年目の一周忌、亡くなってから2年目の三回忌などを行います。法要での服装は、喪服のブラックスーツを着用するケースが多いです。ただ、ブラックスーツを着用するのは三回忌までが通例です。


家族や親しい人が亡くなってしばらくのあいだは、遺族や関係者の悲しみも色濃く残ります。しかし、その期間があまりにも長く続いてしまうと、悲しむあまり生活に支障をきたしてしまうケースもあるでしょう。法要は故人の冥福を祈るためですが、同時に遺族や関係者の心を癒すためでもあります。時間の経過とともに立ち直るには、寂しさやつらさを隠さずにしっかりと悲しむことが大切です。故人が極楽浄土へ旅立てるように、また、残された遺族や関係者が前を向いて生活をしていけるように、少しずつ喪の表現を抑えていきましょう。

喪服のスーツはポイントを押さえて選ぼう

男性用も女性用も、喪服用のスーツにはそれぞれ気を付けるべきポイントがあります。おさえておきたい男女共通のポイントもあります。どちらにしても、大切なのは葬儀や法要におけるマナーを意識した喪服選びです。デザインは絞りすぎず、適度なゆとりのあるサイズ感のスーツを選びましょう。慶事のブラックフォーマルやビジネススーツとの兼用はよくありません。喪服は故人の冥福を祈るための装いである点を忘れず、自分に合ったスーツを購入しましょう。

あなたもDIFFERENCEの
カスタムオーダーを
体験してみませんか?

DIFFERENCEをはじめる

STYLING GUIDE

スタイリングガイド
VIEW MORE
アプリをダウンロード: appstore googleplay
アプリを
ダウンロード
1 2 3 4 5 6 7 8 9 0