現在の最短発送日 ----
STYLING GUIDE

喪服を着る時に合わせるシャツのマナー

img

監修:米山英児(日比谷店 エリアマネージャー) / 投稿日時:2019.03.11 14:46:39

喪服を購入するとき、スーツには気を使っても、中に着るワイシャツにまで意識を巡らせている人はどのくらいいるのでしょうか。一口にワイシャツと言っても、さまざまな種類があります。ビジネスシーンで毎日着用しているワイシャツでも、喪服として着用するにはふさわしくないかもしれません。今回は、喪服に合わせるワイシャツの色や形に関するマナーを紹介します。ワイシャツを購入する際のポイントになりますので、しっかり覚えていきましょう。

喪服に合わせるメンズシャツはどのようなもの?色や織り方にも注意

スーツに合わせるワイシャツは、白無地が基本です。ビジネス用でも冠婚葬祭用でも、白無地が基本なのは変わりません。ただ、ビジネス用なら淡い色合いのカラーシャツや細身のストライプシャツ、服装にうるさくない業種ならチェックや襟だけが白いクレリックシャツなども着用します。冠婚葬祭でも、結婚式なら淡いピンクやイエローなどのカラーシャツで、華やかさを演出する人もいます。喪服の場合は、白無地のワイシャツがマナーです。それ以外の色は、グレーやベージュのような地味な色でも、喪服にはふさわしくありません。また、白地のワイシャツでも、模様のある織り地や襟に模様が入っているデザインもマナー違反です。


一般弔問客の多くは、喪服には白無地のワイシャツを合わせているケースがほとんどでしょう。自分だけカラーシャツや模様の入ったワイシャツを着用してしまうと、悪目立ちしてしまいます。葬儀は故人に哀悼の意を評する場であって、個性を出す場所ではありません。喪服として着るワイシャツに関しては、色や柄について難しいことは考えず、白一択と覚えておきましょう。

喪服のシャツはボタンにも注意が必要

ワイシャツを選ぶ際は、ボタンの色やデザインにも注意を払いましょう。ワイシャツが白無地でも、ボタンに色が付いているケースがあります。喪服に合わせるなら、ボタンの色も白無地が望ましいです。白地に茶色の水牛柄は、茶色の部分が僅かであっても避けるようにします。ボタンを縫い付けている糸も、白にしましょう。白以外の場合、糸がアクセントになってかえって目立ちます。カジュアルな印象にもなりますので、ボタンも糸も白が基本です。


ワイシャツは前身頃と袖にボタンが付いているのが一般的ですが、前身頃の襟のあたりにボタンが付いているデザインもあります。前身頃と襟をボタンで止めて襟の先を固定できるシャツを、ボタンダウンシャツといいます。ボタンダウンシャツはもともと、ポロ競技の際に襟がはためいて邪魔にならないように作られました。シャツとしては、カジュアルな位置付けです。ビジネスシーンでも、業種や職種によっては、ボタンダウンシャツとネクタイの組み合わせを敬遠する場合があります。遊び心でネクタイを着用するおしゃれ上級者もいますが、基本的に、ボタンダウンシャツにネクタイは締めません。弔事でも、ボタンダウンシャツは着用しないように気を付けましょう。

夏の弔事には半袖シャツを着用してもいいの?

夏の弔事で気になるのは暑さ対策です。初夏から秋口にかけて猛暑になるケースが多く、熱中症も心配です。弔事では肌の露出を抑えるのが基本ですが、半袖シャツは着用しても問題はありません。ただし、通夜や告別式など、式が執り行われている最中は、ジャケットを着用しましょう。斎場はもちろん、寺院でも冷房を完備している施設が多いです。真夏なら、かえって冷房が強く効いているケースもあるでしょう。


シャツの起源は、古代ローマ人が着用していたチュニックだといわれています。チュニックはファッションの一部として着用されていますし、シャツ1枚で外出するのも当たり前です。しかし、チュニックは元々下着として使用されていました。今も昔も、下着で出歩く人はいません。このような歴史的な名残から、フォーマルシーンでは、ワイシャツの上にジャケットを羽織るのが正式だとされています。


冷房の効いた室内ならジャケットを着用していても快適に過ごせますが、ジャケットの着脱を頻繁に行うのは面倒かもしれません。できれば、喪服は夏用とスリーシーズン用の2種類を用意しておくと良いでしょう。夏用の喪服は、通気性を良くするために薄めの布地を使っています。裏地もなしか、肩部分のみに裏地を使った背抜きが一般的です。

喪服を着る時に避けるべきシャツを紹介

白無地といっても、シワ加工や光沢のあるシャツはカジュアルな印象になります。弔事の礼服は、おしゃれが目的ではありませんので、避けるようにしましょう。喪服に合わせるシャツは、白無地のブロード素材が基本です。ブロードとは、同じ太さの糸で平織りした布地のことです。白無地ブロード素材のワイシャツは、喪服にもビジネスシーンにも使えます。いざというときにパッと着用できるように、日頃から何着か用意しておくといいでしょう。


喪服のワイシャツは、襟の形にも注意が必要です。カジュアルシーンや、比較的服装が自由な職場では、カッタウェイを着用している人もいます。カッタウェイ、またはホリゾンタルカラーとは、襟が180度近く開いているデザインのことです。ノーネクタイでも襟の形が崩れずに決まるため、おしゃれな着こなしができるシャツとして人気があります。ただ、カッタウェイはデザイン性が高く、たとえ白無地でも弔事には向きません。カジュアルな結婚式や二次会など、華やかさを演出する場なら良いですが、弔事では避けるようにしましょう。


喪服に合わせるなら、レギュラーカラーが向いています。レギュラーカラーは、襟の開きが70~90度になっており、オーソドックスなデザインです。喪服売り場に置いてあるワイシャツも、レギュラーカラーが一般的です。

喪服にはオーソドックスな白のフォーマルシャツを!

一口に白いワイシャツと言っても、布地の織り方や加工のされ方によって、さまざまな種類が存在します。襟やボタンのデザイン、使用している糸のカラーにも気を使う必要があります。喪服というとスーツに意識が行きがちですが、ワイシャツ選びも重要です。もし、ワイシャツ選びで迷うことがあれば、専門家に相談してみましょう。弔事におけるマナーを念頭において、適切なアドバイスがもらえます。大人の一般常識として、恥ずかしくないワイシャツを選ぶようにしましょう。

あなたもDIFFERENCEの
カスタムオーダーを
体験してみませんか?

DIFFERENCEをはじめる

STYLING GUIDE

スタイリングガイド
VIEW MORE
アプリをダウンロード: appstore googleplay
アプリを
ダウンロード
1 2 3 4 5 6 7 8 9 0