現在の最短発送日 ----
STYLING GUIDE

喪服のネクタイにも決まりがある?結び方にも注意を

img

監修:米山英児(日比谷店 エリアマネージャー) / 投稿日時:2019.03.11 14:01:14

喪服のネクタイは黒が定番です。喪服用に黒いネクタイを一本用意しておけば安心ですが、色以外にも結び方や小物使いなど、注意すべきルールが複数存在します。故人が家族や親しい人の場合は、葬儀のスケジュールについて、ある程度予測が立てられます。しかし、遠い親戚や知人など、故人との関係性が遠い場合は、突然訃報を耳にするケースも珍しくありません。急な知らせがあっても慌てないように、喪服のネクタイについてのマナーをおさえておきましょう。

お通夜のネクタイにもマナーがある?

通夜とは、告別式の前夜に行われる儀式のことです。親族や友人などが集まり、夜通し灯を絶やさず遺体を見守ります。本来、通夜が持つ儀式の意味から、従来は通夜の服装に決まり事はありませんでした。通夜は亡くなった翌日に行われる儀式です。ひと昔前は、訃報を聞いてから服装を整える暇もなく駆けつけるという風習もあり、平服でも失礼にはあたらないと考えられてきました。ただ、時代の移り変わりとともに斎場の予約状況の都合で、亡くなってから葬儀までの日にちが空いてしまうケースもよくあります。生活全体が忙しいことから通夜の形も変化しており、通夜の意味合いは残しつつ、夕方から2~3時間程度かけて行われるのが一般的です。親族や親しい友人だけではなく、告別式に参列できない一般弔問客も参列することから、通夜でも喪服と黒いネクタイを締める人が多くなっています。


もちろん、通夜なら平服でも構いませんが、地味な服装で参列するのがマナーです。仕事終わりに駆けつける場合も、できれば地味な色味のネクタイに変えていくのが無難でしょう。ブラックスーツで参列できるのであれば、ネクタイも黒にするのが基本です。ブラックスーツを着用できるのに、ネクタイの色が黒以外だと、かえって悪目立ちしてしまう可能性があります。

告別式に着けるネクタイのマナー

告別式とは、故人に別れを告げるための儀式です。遺族や親族はもちろん、友人、ビジネスシーンやプライベートで関係のあった人など、さまざまな人が弔問客として訪れます。従来の通夜と違い、告別式はれっきとした式典です。フォーマルな装いが求められますので、告別式では光沢がなく深い色合いの黒ネクタイを着用しましょう。一般的に、ビジネスシーンでは葬式を連想させるため、黒いネクタイは避ける傾向にあります。また、カジュアルシーンで着用する黒ネクタイは、細身でファッショナブルなデザインが多いです。喪服用とそれ以外のネクタイでは色やデザインが異なるため、喪服用の黒ネクタイ選びで失敗するケースは少ないかもしれません。喪服を購入するときに、一緒に黒ネクタイも揃えておけば間違いないでしょう。

告別式に着けるネクタイのマナー

告別式とは、故人に別れを告げるための儀式です。遺族や親族はもちろん、友人、ビジネスシーンやプライベートで関係のあった人など、さまざまな人が弔問客として訪れます。従来の通夜と違い、告別式はれっきとした式典です。フォーマルな装いが求められますので、告別式では光沢がなく深い色合いの黒ネクタイを着用しましょう。一般的に、ビジネスシーンでは葬式を連想させるため、黒いネクタイは避ける傾向にあります。また、カジュアルシーンで着用する黒ネクタイは、細身でファッショナブルなデザインが多いです。喪服用とそれ以外のネクタイでは色やデザインが異なるため、喪服用の黒ネクタイ選びで失敗するケースは少ないかもしれません。喪服を購入するときに、一緒に黒ネクタイも揃えておけば間違いないでしょう。


ビジネスシーンや結婚式などでは、ネクタイピンを付ける人もいます。ネクタイピンとは、ワイシャツにネクタイを止めるための装身具のことです。華やかさやおしゃれを演出するには向いていますが、故人に対して哀悼の意を表する告別式には向いてません。告別式ではなく、ビジネススーツで通夜に参列する場合でも、ネクタイピンは外してから式場に入りましょう。

喪服に合うネクタイの結び方は?

ネクタイの結び方には、種類があります。普段からスーツを着用する人は、いくつかの結び方をマスターしている人もいるのではないでしょうか。ネクタイの結び目を決めるときは、ワイシャツの襟の形も考慮する必要があります。喪服に合わせるワイシャツは、レギュラーカラーが定番です。レギュラーカラーとは、襟の開きが70~90度になっているワイシャツのことで、弔事はもちろん、慶事やビジネスなど多くのシーンで着用できます。レギュラーカラーなら、ネクタイの結び目はプレーンノットがおすすめです。プレーンノットは、結び目がシンプルで初心者でも覚えやすい結び方です。弔事における結び方のマナーは特にありませんが、レギュラーカラーとプレーンノットの組み合わせなら間違いないでしょう。


このほか、ウィンザーノットやセミウィンザーノットなどの結び方もあります。ウィンザーノットは、結び目が正三角形に近く、プレーンノットよりも結び目が大きくなります。ワイシャツとのバランスを取るなら、襟の開きが100度程度のワイドカラーを選ぶのがおすすめです。レギュラーカラーよりも若干襟は長めですが、喪服に合わせても差し支えありません。セミウィンザーノットは、結び目がプレーンノットよりも大きく、ウィンザーノットよりも小さくなります。やはり、ワイドカラーとの相性が良く、喪服と合わせても問題はありません。

ネクタイを結ぶ時の注意点

ネクタイを結ぶ際は、ディンプルの有無に注意しましょう。弔事では、ディンプルを作らずにネクタイを締めます。ディンプルとは、結び目の下に作るくぼみのことです。ネクタイが立体的に美しく見えるため、ビジネスシーンはもちろん、結婚式や披露宴などではディンプルが推奨されます。しかし、喪服の黒ネクタイでは、ディンプルを作らないのが鉄則です。普段からディンプルを作ってネクタイを締めている人は、喪服でも無意識のうちにディンプルを作ってしまう可能性があります。なるべく、シンプルに見える結び目を心がけるようにしましょう。


スーツを着用するビジネスマンのあいだでは、ネクタイの結び方や選び方などに気を使い、好印象を持たれるように工夫している人が多くいます。業種や職種によっては、定番の装いよりもおしゃれな着こなしを重視している人もいるでしょう。ただ、どのようなシーンでもTPOを意識した装いは意識しなければなりません。弔事では、深い悲しみに包まれているケースが大半です。自分が遺族側でも弔問客側でも、故人を悼み冥福を祈るのが弔事の目的です。ネクタイの結び目やディンプルは些細な点かもしれませんが、ナーバスな場だからこそ、細かいポイントにも注意を払うようにしましょう。

あなたもDIFFERENCEの
カスタムオーダーを
体験してみませんか?

DIFFERENCEをはじめる

STYLING GUIDE

スタイリングガイド
VIEW MORE
アプリをダウンロード: appstore googleplay
アプリを
ダウンロード
1 2 3 4 5 6 7 8 9 0