現在の最短発送日 ----
STYLING GUIDE

メンズの喪服について基本的なマナーを押さえよう!

img

監修:佐々木信也(淀屋橋店 エリアマネージャー) / 投稿日時:2019.03.11 13:54:16

訃報は突然の知らせであるケースが多く、喪服は急に必要になります。特に、年齢を重ねるごとに、葬式に参列する機会は増えていきます。突然の訃報でも慌てないように、メンズの喪服に関する基本マナーはしっかり身に付けておきたいところ。喪服のマナーは、自分が遺族側なのか親族や一般弔問客側なのかでも変わってきます。故人との関係性がどのようなものでも、恥ずかしくない装いで参列できるようにしましょう。

男性はお通夜に何を着ればいい?

葬式には通夜と告別式があります。通夜は遺族や近親者のみで執り行うのが基本です。一方、告別式は遺族や親族、一般弔問客などさまざまな人が参列する儀式です。ただ、告別式に参列できない一般弔問客が通夜に参列するのは問題ありません。通夜の場合、ブラックフォーマルではなく、黒や紺のスーツで参列しても良いとされています。もともと、喪服は遺族や親族が「喪に服していること」を表すために着用する装いです。一昔前は平服で参列しても構わないとされていました。現代でも、平服で通夜に参列しても失礼にはあたりません。ただし、通夜でも喪服を着用する人は多くなっています。もちろん、自分が遺族や近親者になる場合は喪服着用が正式です。


人との付き合いがある以上、訃報はいつ入るかわかりません。普段から、急な葬儀に備えて喪服を準備しておきましょう。もし、平服で駆けつけるなら、カラフルな服装は避けるのがマナーです。なるべく地味な服装で、故人に哀悼の意を表しましょう。

メンズの礼服と喪服の違いは?

冠婚葬祭の装いは、礼服が基本です。礼服とは、冠婚葬祭で着用するフォーマルウェアのことで、喪服は葬儀や法事で着用する礼服のことです。多くの人にとって、葬式や結婚式は身近な冠婚葬祭のひとつではないでしょうか。結婚式では、ブラックフォーマルかカラーフォーマル、葬式ではブラックフォーマルの着用が基本です。同じブラックフォーマルでも、結婚式の場合は白やシルバーのネクタイを着用します。葬儀は黒いネクタイで臨むのが通常です。


礼服は喪服も含めて、昼と夜で形が変わります。昼はモーニングコート、夜は燕尾服がメンズの正礼装です。和装であれば、紋付きの羽織袴が正礼装になります。結婚式でも葬儀でも両用できますが、葬儀で正礼装を着用するのは遺族側です。一般弔問客として参列する際は、ブラックスーツで臨むのが一般的です。ただ、遺族側でもブラックスーツの着用が浸透しています。ひとまず、質の良いブラックスーツを一着用意しておけば、急な訃報が入っても対応できるでしょう。

メンズの喪服にも格式がある!どこを見て選ぶ?

喪服のなかで最も格式が高いのは正喪服で、次が準喪服、略喪服の順になります。メンズの準礼装は、昼はディレクターズスーツ、夜はタキシードですが、葬儀で着用している人は、あまりいません。遺族、親族、一般弔問客、どの立場の人でも準喪服のブラックスーツを着ているケースが多いです。一般弔問客はもちろん、遺族側でもブラックスーツを着用していればマナー違反にはなりません。喪服は着用しているだけで、喪に服している気持ちを表すことができます。布地の黒が深い漆黒ほど格式が高く、高級な喪服とされています。


ビジネス用でも黒いスーツはありますが、喪服のブラックスーツとは黒の深みが異なります。仮通夜や通夜に駆けつける場合は、黒のビジネス用スーツでも構いません。ただ、ひとつのスーツで正式な喪服とビジネススーツを両用するのは、大人の男性として常識に欠けます。いざというときに困らないよう、ブラックスーツを一着購入しておきましょう。光沢がなく、漆黒に近い喪服がおすすめです。

メンズの喪服にはシングルとダブルがある!どちらを選べばいい?

スーツにはシングルとダブルがあり、喪服にも両方のデザインがあります。シングルは前身頃のボタンが一列に並んでいるタイプ、ダブルはボタンが二列に並んでいるタイプです。どちらを選んでも喪服の格式に変わりはありませんので、自分の体型に合うデザインを選びましょう。シングルスーツはビジネスでも定番のデザインのため、喪服でもシングルを選ぶ人が多くなっています。ボタンの数は2つか3つですが、定番は2つボタンです。流行や年齢に左右されにくいため、特にこだわりがないなら2つボタンがおすすめです。


ダブルスーツは、余裕のあるシルエットでも、美しく見えるのがメリットです。体型をカバーしてくれるほか、重厚感や貫禄のある雰囲気を演出でき、年齢の高い人に選ばれる傾向にあります。シングルでもダブルでも、一番下のボタンは開けておくのが基本の着こなし方です。シングルの2つボタンやダブルの4つボタンなら一番上のみ、シングルの3つボタンやダブルの6つボタンなら上2つのボタンのみを締めるようにしましょう。

メンズの喪服で注意したいポイント

メンズの喪服を着こなすには、サイズ感やシルエットが大切です。サイズが小さめで袖が短い、オーバーサイズで着用したときにダボっとして見えるなどの状態では、だらしなく見えてしまいます。ブラックスーツは喪服の定番ですから、ほとんどの参列者が着用しています。大勢で並んだときにシルエットや布地の品質などを比較しやすく、注意が必要です。着る機会はそこまで多くないため、なるべく安く済ませたいと思う人がいるかもしれません。しかし、価格のみを重視して選んでしまうと、着用時にシワができてしまったり、不自然なシルエットで目立ってしまったりする可能性があります。


葬儀における喪服のマナーとして、適度な緩みがあり、なおかつジャストフィットかどうかを確認しましょう。サイズを確認する目安は、肩のサイズがちょうど良いかどうかです。袖はワイシャツの袖が1~2cm程度見える長さ、裾は靴のかかとから3cmほど上あたりまでの長さが目安です。フォーマル感を出すにはサイズとシルエットが重要ですので、喪服の値段に関わらず、購入時は必ず試着をするようにしましょう。

メンズの喪服を準備しておこう!いざという時に慌てないために

葬儀では多くの人が悲しんでおり、精神的にも感情的になりやすい場です。故人に対して哀悼の意を表するためにも、服装のマナーはとても大切です。喪服の格式やデザイン、着こなしに関する基本知識を覚えておくだけで、急な弔事でも慌てずに済みます。喪服のマナーは大人として持っておきたい常識のひとつ。家族や親族、ビジネス関係の訃報でもしっかり対応できるように、普段からしっかり準備をしておきましょう。

あなたもDIFFERENCEの
カスタムオーダーを
体験してみませんか?

DIFFERENCEをはじめる

STYLING GUIDE

スタイリングガイド
VIEW MORE
アプリをダウンロード: appstore googleplay
アプリを
ダウンロード
1 2 3 4 5 6 7 8 9 0