現在の最短発送日 ----
STYLING GUIDE

正しいオーダースーツの選び方は?5つのポイントを紹介!

img

監修:堀省次(KITTE丸の内店 エリアマネージャー) / 投稿日時:2018.08.15 12:16:31

スーツを着用する人の中には、その着心地やデザインにこだわりたいと考える人も多くいるのではないでしょうか。そんな人のニーズに応えるのがオーダースーツです。しかし、オーダーによってスーツを作った場合でも、着心地が微妙だったりデザインに満足がいかなかったりするケースもあります。オーダースーツを選ぶ際には、いくつかのポイントを押さえておくことが必要です。今回は、正しいオーダースーツ選びのポイントについてご紹介します。

【選び方のポイント1】目的を決める

自分のニーズに合ったスーツを作るためには、テーラーに行く前にも準備が必要です。まず、「何のために着用するスーツなのかを具体的に決めておくこと」がポイントといえるでしょう。


一口にスーツといっても、その種類にはさまざまなものがあります。ビジネス用に着用する場合は、派手な色柄を避けたスーツが良いでしょう。冠婚葬祭用にスーツを作る場合はブラックの無地で、裾口はシングルカフスを選ぶ必要があります。


このとき、TPOに合わせた着こなしをするためにも、スーツのマナーについて知っておくことは大切です。ビジネスシーンに相応しいスーツの着こなしや、冠婚葬祭時のスーツのマナーなどについて情報を集めておきましょう。


「TPOに合わせた着こなしなんて分からない」という人は、一度テーラーに相談してみるのもおすすめです。どのようなシーンで着用するものなのか、あらかじめ伝えておくと型紙を選んだり細部をカスタマイズしたりするときなどにアドバイスを貰えます。

【選び方のポイント2】予算を決める

着用するシーンについて具体的にイメージをした後は、予算を決めます。オーダースーツは、お金をかければかけるほど良いものができるというわけではありません。


ビジネススーツの場合は、着用する頻度も多いため早く傷んでしまう傾向があります。ビジネス用のスーツを長く着用したいと考える場合は、繊細な生地を選ぶのではなく化学繊維を混紡し、ある程度の強度を維持した生地を選ぶと良いでしょう。一般的に、糸が細い繊細な生地を選ぶほどスーツにかかる費用は高くなります。化学繊維が混紡された生地をスーツに選んだ場合は、比較的にリーズナブルにスーツを作りやすいのです。


一方、冠婚葬祭用のスーツなどは着用する頻度が少ないといえます。冠婚葬祭用のブラックスーツは、黒が濃い生地を選ぶことが大切です。黒の発色が良くないスーツを選んでしまうと、フォーマル用のスーツと並んだときにはダークグレーのスーツに見えてしまうこともあります。1本1本の繊維が細い程、染料が深く入りやすいため、繊細で高級感のある生地を選ぶのが望ましいでしょう。

【選び方のポイント3】フィットしたサイズにする

オーダースーツを作る際には、体を細かく採寸するケースが多いです。スーツのシルエットや、着心地は着用する人によって好みが分かれます。しかし、「ゆとりのあるシルエットと着用感が好き」という場合でも大きすぎるシルエットを選ぶことは禁物です。大きすぎるシルエットは、野暮ったい印象を人に与えてしまいます。


一方、「スリムなシルエットがすきだから」といって、自分の体のサイズより小さすぎるサイズのスーツを選ぶのもNGです。肩や胸、足回りが張ってしまったり、スーツにしわやヨレなどができやすくなったりします。摩擦による生地の傷みも早まってしまうため注意が必要です。せっかくのオーダースーツだからこそ長く着用したいという人は、適正なサイズを見極める必要があります。

【選び方のポイント4】生地にこだわる

スーツの着心地を左右する大きな要素になってくるのが「生地」です。オーダースーツを作る際には、生地にこだわることも重要なポイントといえるでしょう。


まず、生地の厚みや質感によってスーツの着心地は変わってきます。生地に厚みが合ったり、伸縮性に乏しい生地を選んだりする場合は、サイズにゆとりを持ってスーツを作っておくと安心です。


また、着用する季節によっても選ぶ生地を変えるようにしましょう。夏に着用するスーツの生地を選ぶ場合、通気性や吸湿性が高い素材を選ぶと良いでしょう。夏場のスーツに適した素材として、リネンやコットンなどが挙げられます。夏用の生地として、吸湿性や通気性に優れた化学繊維も多く出回っているため、選んでみるのも良いでしょう。


冬用のスーツの場合、暖かみのあるウールなどの素材を選ぶのがおすすめです。ウールは保温性が高いため、防寒効果も高い素材といえます。ただし、水に濡れた状態での摩擦に弱いという特性があるため、着用後はハンガーにかけ通気性の良い場所で保管しましょう。


生地の種類だけではなく、織り方によってもスーツの印象は変わります。自分の好みや、どのような印象に見られたいのかなどを考慮し、スーツの織り方を選ぶと良いです。

【選び方のポイント5】試着をする

オーダースーツを作る場合は細かく採寸を行ったり、生地や型紙についてテーラーにゆっくり相談できたりなど、時間と手間をかけることが一般的です。それでも、イメージと現物が違ってしまう場合もあります。


こうしたトラブルを防ぐためにも、仕上がったスーツを1度試着することは大切です。スーツのサイズや着心地に納得がいかなかった場合、サイズ調整などの「お直し」をしてくれる場合が多いため依頼するのも良いでしょう。テーラーや依頼する内容によっては、別途費用が必要になるケースもあるため注意が必要です。


なお、フルオーダーでスーツを作る場合は仕上げる前に「仮縫い」を行うことも多いです。仮縫いとは、実際にオーダーされたサイズでスーツの型紙を作っていくステップを指します。仮縫いされたスーツは試着ができる場合が多いです。仕上げに入る前に、仮縫いされたスーツを着用しておくと完成品とイメージとのギャップを埋めることもできます。

こだわりのあるオーダースーツ選びを!

「せっかくスーツをオーダーするなら、自分の体にぴったり合ったものが欲しい!」と考える人は多いでしょう。自分の好みを盛り込みつつ、TPOに合わせた着こなしができる1着を意識することは大切です。自分が望むスーツを手に入れるためには、スーツができるまでのステップや選び方のポイントを押さえておく必要があります。スーツをオーダーする前にポイントを確認し、失敗しないテーラー選びに活かしましょう。


◆◆「お客様の声はこちら」 ◆◆
◆◆「よくある質問はこちら」 ◆◆
◆◆「ショップ一覧はこちら」 ◆◆

あなたもDIFFERENCEの
カスタムオーダーを
体験してみませんか?

DIFFERENCEをはじめる

STYLING GUIDE

スタイリングガイド
VIEW MORE
アプリをダウンロード: appstore googleplay
アプリを
ダウンロード
1 2 3 4 5 6 7 8 9 0