STYLING GUIDE

30代ならオーダースーツでワンランク上の装いがお勧め!

投稿日時:2021.11.25 00:50:56

30代は気力体力が充実していて、20代に積み重ねた経験からくる自信が深まり、仕事に邁進する時期ですね。


30代になると、20代とは会社から求められる内容が変わってきます。


「上司から信頼を得る」「部下からは慕われる」為には、単に目の前の仕事をこなすだけでなく、未来を切り開いていく力強さが必要になります。


年齢に応じたスーツ選びをすることは、社内外の印象に大きく作用し、何より自分の自信に繋がります。


世代で変わるスーツ選び。今回は30代について、掘り下げてみます。

30代にお勧めのスーツの価格帯

20代よりも一回り大きな仕事をリードする役回りが増えてきたら、ヨレヨレのスーツで仕事をこなすよりも、パリッとしたスーツで仕事に臨む、自信のある姿がチームを牽引します。


価格帯の目安としては、4万円から5万円程度です。各社とも力を入れている価格帯で、コストパフォーマンスの高い上質なスーツが入手出来ます。


今まで購入したスーツの中で、何となく着用回数が増えなかったスーツはありませんか?


それは、「サイズが合っていない」せいかもしれません。


スーツの基本はサイズ感です。


サイズが合っていないスーツはストレスが溜まるだけでなく、「だらしない」印象を与えてしまいます。残念な印象を引きずって、良い仕事をするのは難しいですよね。


オーダースーツなら、ご自身の身体に合わせたジャストサイズのスーツが仕上がります。


通常の予算内で作成出来る上に、仕様や生地に自分の好みも反映出来ます。


忙しいこの世代に、色・柄・サイズが自分に合うスーツを求めて、何軒もショップをハシゴするよりも遙かに合理的です。

スーツの値段の違い

素材の違い

着心地は、生地の善し悪しが大きく関係してきます。


生地自体に「柔らかさ」や「しなやかさ」があれば、多くの場合ソフトな着やすさに繋がります。


レディースの場合は柔らかいドレープ感が女性らしさを表現出来る事から、スーツにレーヨン素材が用いられることがあります。


しかしメンズスーツに求められるのは、凜とした力強さです。


ただ柔らかいだけの素材を使用してしまえば、どれだけ芯地などで補強しても、チグハグなイメージにしかなりません。


ビシッとした表情を持ち合わせながら、さわり心地を求めると高品質なウールにたどり着きます。


高品質なウールは、スーツの値段に直接反映されます。


付属パーツの違い

ウール素材はピンキリですが、ボタンもピンキリです。


プラスチック製のボタンと比較すると、高級感のある貝製のボタン・真鍮ボタンは、大きな価格差があります。スーツの印象にも大きな影響を与えます。


裏地には、ポリエステルを使った物とキュプラを使った物では価格が異なります。


キュプラ裏地のスーツは、袖の通りが良く快適に着用出来ます。


縫製グレードの違い


美しい立体感があるスーツは、ほぼ例外なく高い縫製技術のある工場で縫われています。


技術力の高い工場は工賃も高くなり、スーツの価格に反映されます。


当然縫製技術も着心地に関わってきます。


最上級はハンドメイドですが、スーツの値段は30万円クラスになります。


販売形態の違い


スーツは、量販店・通販・専門店・百貨店で販売されることが主です。


リアル店舗を持つ会社が通販を行う事もあり、店舗の運営費用が掛からないため、安く販売することが可能です。


しかし、実際に手に取って品質を確かめることや、試着、プロのアドバイスを受けることは出来ません。


集客力のある量販店は、大量の商品を並べて自由に顧客がレジに持ち込むため、コストを掛けずに安く販売できるメリットがありますが、プロに相談してアドバイスを受ける事は難しい場合が多数です。


専門店・百貨店は、時流トレンドを加味した上質な品揃えを、プロのスタッフがフォローするため、量販店よりもコストが掛かって販売価格は高くなります。

30代にお勧めのスーツ

基本になるのは、紺系とグレー系です。


これは世代を問わずスーツカラーの王道で、押さえたいカラーです。


定番カラーに加えて、30代だからこそ別のカラーにも挑戦しましょう。


春夏は、明るめのブルーです。


爽やかで若々しい印象を与えることが出来ます。


逆に秋冬はブラウン系の落ち着いた色味で季節感を出しながら、大人の上品さを演出するのも良いでしょう。クラシック調にベストを合わせるのも良いです。貫禄をベストに求めるのでは無く、洗練さを求めるのにブラウン系は最適です。


スーツ柄の王道は、年齢を問わず無地かストライプです。


定番のスーツも着は押さえておきたいですが、モダンな印象のガンクラブチェックや、ちょっと大きめの格子に挑戦してください。


同じデザインであっても、大きく印象を変えることが出来ます。


お気に入りのデザインや仕様が既に決まっているオーダースーツユーザーなら、新しい色柄に積極的に挑戦できて、失敗する可能性も少ないですね。

30代にオススメの生地

基本は上質なウールです。


SUPER110'S・SUPER120'S等の表記がある生地は、繊細な原料が使用されている事を表しています。上質な原料が使用されているウールは一般的に着心地も良くソフトな手触りで、選択する時の一つの大きな目安になります。


既製品は袖口に、その旨を示したネームが付けられている事が多く、販売側もアピールしているポイントです。


オーダースーツの場合は、ネームが生地見本に付いている事や、耳ネームと呼ばれる生地の端に連続して表記されているケースもあります。


インポートブランド生地や、国内有名ブランド生地もオススメです。


看板を背負って商売をしている企業は、ブランド価値をとても大切にします。


老舗の企業も多く、プライドを持った「ものづくり」をしています。

柔らかさを求めるなら、イタリアブランド生地をオススメします。


しなやかさと柔らかさを追求するメーカーが多く、世界中のファッション好きから、ずっと愛され続けています。


特徴として、柔らかい以外にも艶があり、全体的に滑らかです。


しっかり感のある上質さは、日本ブランド生地と英国ブランド生地に共通した良さです。


英国にはイタリアより更に歴史を持つ企業もあり、長年世界のファッション界をリードしてきました。日本の織物産業創生期は、イギリスをお手本にしたため、その教えが現在も根底にあります。


特徴として、張り腰があり、ガッチリしています。シワになりにくく回復力に優れます。

30代におススメのコーディネート

大きなプレゼンテーションに臨む-大柄格子系スーツ

ブリティッシュテイストを取り入れたスリーピースです。


重量感よりも、シックな中にあるジェントルを引き立てるコーデです。


大きな柄を取り入れる場合は、他の組み合わせを極力シンプルにして、ネクタイはスーツと同系色で纏めて、チーフとシャツはシンプルな白にしています。


遠くから見ても解る存在感がありながら、嫌みが無く誠実さを感じて頼りになる雰囲気が出ています。


パーティーやイベントに臨む-茶系スーツ

初めての茶系に抵抗がある方は、ダークトーンから入るのがオススメです。


ヴィンテージ感がある生地は、それだけで「イイ物」感があります。


写真ではマスタード系カラーのネクタイをコーデしていますが、同系色でメリハリが付くカラーを選べば、格好良く決まります。


スーツの素材感と色にパンチがあるので、シャツはシンプルな白にします。


普段のビジネスに着用している茶系のスーツでも、マスタードのタイとベストでドレスアップし、チーフを挿す事で華やかさを演出できます。


大切な商談-チョークストライプ系

チョークストライプの生地を、6ボタンのダブルブレストで仕上げています。


ちょっと細めシルエットのダブルは、「出来る30代」を演出します。


これも素材感と柄に存在感があるので、シャツやタイはシンプルに纏めると格好いいコーデになります。


大切な商談に臨む席では、身だしなみから与える印象も大切。


信頼できる感を出しながら、誠実なビジネスマンを演出するコーデです。

オーダースーツで失敗しない為のポイント

仕上がってきたスーツがイメージと違う原因の一つはシルエットです。


いくつかあるゲージモデルの中から、好みのシルエットを選び、実際に着ることから始めますので、大きなイメージ差が出ることは少ないですが、採寸を疎かにすると如実に結果に表れます。


採寸の時に、積極的にテイラーに希望を伝えることが大切です。


「この部分が気になる」「もうちょっとゆったり目が良い」など、思いつくまま会話をしてください。ニーズを汲み取った上で、スーツとしてのバランスを考えてテイラーが組み立てる材料になります。


オーダースーツは、コミュニケーションがとても大切です。面倒くさがらずに、是非会話を楽しんでください。


普段着ているスーツを着て行く


好みがテイラーに伝わりやすいのでお気に入りのスーツを着てご来店いただくのもポイントです。


気になる部分があれば、具体的に示すことでオーダースーツに反映させる事が可能です。


オプションを楽しむ


表からはわからない裏地のカラーを変えるだけも自分だけ一着に仕上がるので愛着が沸きます。


また、30代にはボタンホールのカラー変更もオススメです。さりげない主張がお洒落に出来ます。


オプション選びも積極的に楽しんでみてください。

オーダースーツのよくある質問

Q:オーダースーツを長持ちさせるには?


A:繊細な生地を使っているものほど、扱いも慎重になさってください。


脱いだら放置せず、ハンガーに吊してください。型崩れを防ぐためには、クリーニングに付いてきた針金ハンガーを使う事は避けて、大切な肩周りに沿ったシルエットのハンガーを用いてください。同様に型崩れを避ける為、ポケットの中身は出してください。


本来、スーツのポケットは物入れで無く飾りです。


連続して着用する事も避けて、一日着用したら2~3日ほど休息期間を与えるとスーツは長持ちします。


Q:スーツは何着持っておくべき?


A:長持ちさせる事にも繋がりますが、1シーズンで3着あれば、2~3日の休息期間をスーツに与える事が出来ます。


夏場はツーパンツスーツが1着あると、ローテーションに余裕が出来ます。


スリーピースが1着あると、ベストを着用したり2ピースで使ったりと、コーデの幅が広がります。

まとめ

以前のオーダースーツは、40代から50代の顧客が大半でした。


購入しやすい価格と、入りやすい店舗が増えたことで、20代・30代の方が購入するケースが増えています。


特に30代は重要なポジションにつく方が増えて、「年齢に合う上質なスーツ」を求める方が多いと思います。


オーダースーツなら、自分の体にしっかりフィットし、美しいシルエットを実現するだけでなく、仕様や生地に自分の好みを反映させる事が可能です。


こだわり抜いたオーダースーツは、着るだけでワンランク上の装いになります。


「20代とは少し違った自分を見せたい」方は、ぜひDIFFERENCEにお越しください。

あなたもDIFFERENCEの
カスタムオーダーを
体験してみませんか?

DIFFERENCEをはじめる

STYLING GUIDE

スタイリングガイド
VIEW MORE